インスタグラム:野望の果ての真実

インスタグラム:野望の果ての真実

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

★発売即重版決定!
★世界のビジネス書の頂点
「フィナンシャルタイムズ&マッキンゼー
BUSINESS BOOK OF THE YEAR 2020」受賞
★名だたるメディアの「年間ベストブック賞」を総なめ!
(エコノミスト誌、フィナンシャルタイムズ紙、
フォーチュン誌、Inc誌、NPR、 etc……)
★21か国で続々刊行! 注目のビジネス・ノンフィクション、待望の日本語版

ビジネスと「美意識」は両立できるか?
世界に「善きもの」をもたらしながら、事業を圧倒的に成長(グロース)させる術はあるのか?
そして、「幸せな仕事人生」はどうすれば実現するのだろうか――?
親会社フェイスブックの傘下でもがいたインスタグラム創業者の、理想と裏切りと決断、そして希望――。
200%の共感に満ちた、教訓満載のビジネス・ノンフィクションの最高峰。

「写真の共有」というシンプルなコンセプトで生活・文化・ビジネスに革命を起こしたSNS、インスタグラム。社員数わずか13人だった同社は2012年、前代未聞の10億ドル(1100億円)でフェイスブックに買収される。その後、全世界ユーザー数は10億人(日本国内3300万人)を突破。
だがフェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグの野望、そして決定的なビジョンのズレにより、その内側は想像を超えたカオスに満ちている。
共同創業者ケビン・シストロムは何を追い求め、ケタ外れの重圧にどう対峙し……そして、どう「敗北」したのか? われわれにとっての最大の教訓とは?
苦難に立ち向かうすべてのビジネスパーソンに贈る、教訓満載のビジネス・ノンフィクション。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
ニューズピックス
掲載誌・レーベル
NewsPicksパブリッシング
ページ数
464ページ
電子版発売日
2021年07月07日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
2MB

インスタグラム:野望の果ての真実 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月19日

    インスタグラムの始まりから、Facebookによる買収、そしてCEOが退任するまでが鮮明に描かれている。我々が知らない内部のいざこざや、新機能追加の背景、成長など詳しく書いており、何気なく使っているインスタグラムのここまでの記録を見ることができる。かなり分厚い本ではあるが、インスタグラムを使っている...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月14日

    インスタグラムの創立からFacebookの買収を経て創業者の退陣までを描いたノンフィクション。特にFacebook絡みのところは映画の続きを観ているようだった。
    どんな物も初めはいいが組織が大きくなると難しい。
    とても面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月20日

    今や世界最大級のSNSとなったインスタグラムの舞台裏を取材した本。フェイスブックに買収された後に焦点を置いて書かれているが、確かにここの物語が実に興味深い。親会社CEOと創業者の思想がここまで相容れないとなると(ただし例によってマーク・ザッカーバーグは取材に応じていないので視点の公平性には少々注意)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月30日

    とても面白いです。読みやすく勉強になりました。インスタとFacebookのコンセプト・思想が全然違うことがわかりました。
    マークザッカーバーグが超えられない(理解できない)「エモい」ことへの評価軸をインスタ創業者2人(シストロム)は持っていて、その葛藤が描かれています。
    もしかしたら、ザッカーバーグ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月21日

    インスタグラムの共同創業者ケビン・シストロムを主人公として、インスタの立ち上げ~フェイスブックの買収~10億人ユーザー突破~シストロムのインスタCEO退任までを描いたテック企業の大河物語。インスタのストーリーを導入するまでの苦悩など、テクノロジー的な内容も多いが、インスタが巨大企業フェイスブックに買...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    とっても長かった笑

    いつか誰かに、「ザッカーバーグはいずれFacebookは下火になることを見越してInstagramを買収し、Facebook→Instagramという流れを作ることでずっと自分のグループ内での流れを作るから凄いんだ。」
    という話を聞いていたがそれは違ったみたいだ。

    読み終えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月11日

    インスタグラムの物語に感情移入して読むとフェイスブックめっちゃ嫌なやつじゃん!ってなったけどフェイスブックにはフェイスブックのめざすものがあるわけで、表紙にもあるようにビジネスと美意識の両立っていうのは難しいものだなぁと思った。どんなにすばらしい美意識を持っていたとしても、ビジネスとして成立しないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月26日

    かなりおもしろかった。前半でインスタグラムができるまでの話は、新しいアプリを企画する身としてとても興味深かった。途中からはFacebookによる買収での愚痴、文句のようなことばかりだったけど、こんな大きなそして優秀な人が集まる会社でも、こんなことが起こるんだから、どの会社でも買収による揉め事などはし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    今、最も旬な(と聞いています)SNS、Instagram。

    スタートアップからのあまりにも地道な作業と、無闇にユーザーを拡大するのでなく創業者のケビン・シストロムとマイク・クリーガーの美学を保ちながら成長する様を描く。

    ベンチャー、スタートアップ企業ってこういう感じなんだ、と興味深く読んだ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月25日

    Instagramが生まれて、Facebookに買収され、創業者が退くまでをドキュメンタリー風に書いてあります。InstagramとFacebookの根本的な違いについて理解が深まりました。 Instagramが約10億ドルで買収されたとき、社員がたったの13人しかいなかったというのに驚きました。し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

NewsPicksパブリッシング の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング