「滑川海彦」おすすめ作品一覧

「滑川海彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:滑川海彦(ナメカワウミヒコ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 千葉県

東京大学法学部卒。著書に『データベース電子図書館の検索・利用法』、『現代ハイテク事典』、『ソーシャル・ウェブ入門 - Google、mixi、ブログ・・・新しいWeb世界の歩き方』などがある。その他『フェイスブック 若き天才の野望』(デビッド・カークパトリック)などの翻訳なども手がける。

作品一覧

2017/07/14更新

ユーザーレビュー

  • フェイスブック 不屈の未来戦略
    ‪フェイスブックのグロースの歴史を内側から記した一冊。経営や買収だけじゃなくプロダクト視点からも書かれているのでエンジニアの現場にも通じる内容だと思う。個人的には第6章の広告や第7章のインフラの話が特に面白かった。もはや単なるSNSの枠を超え始めた同社の未来が楽しみ。‬
  • フェイスブック 不屈の未来戦略
    現在、最も大きな違いを生んでいるのはコンテンツを見るレンズだ。デジタルによって大量の情報が手に入るようになったが、各ユーザーにとって意味があるように整理するのがレンズの役目。「検索」は探しているものが明確な時に必要なレンズ。「何を探しているか明確でない時に使えるレンズ」の役割をFacebookはニュ...続きを読む
  • HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
    単に企業の成功物語/CEOの自慢話、というでわけでなく、企業家/CEOにむけた真の指南書と思えた本。(いや、おれ企業家じゃないけど。)きっとすべての企業家は読むべきだと思ったけど、逆に自分はやっぱり企業家にはなれないのかなーとも思わされた本。(こんな大変な状況は乗り切れん気も。)とはいえ、普通のビジ...続きを読む
  • HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
     会社員も辛いけど、起業家も辛い。っていうか、困難、困難、また困難。正面切って艱難辛苦を超えて、ギリギリで、いろんなことを押し込み、走りきった記録!しかも、困難はほぼ全て外部要因。万策尽きても、どうにかしなきゃいけないし、責任もとんないといけない。
     ちょうど、大学時代にモザイクで初めてブラウザに触...続きを読む
  • HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
    あれ、レビュー書いてなかった。。

    これ読む度に、血が沸き立つ感覚を覚える。やっぱり根はスタートアップマインドなんだろうなあ

特集