エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか
  • 値引き

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか

作者名 :
値引き価格 1,386円 (1,260円+税) 8月11日まで
通常価格 1,980円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ウーバーを見出して1000万円を100億円にしたカリスマ投資家、その率直すぎる教え
「ジェイソン・カラカニスは、エンジェル投資ゲームをハックして勝ち残ったトップゲーマーのひとりであり、彼にはこれを書く資格が十分にある。真摯で身も蓋もないゲーム攻略法であるが、よくぞここまで書ききったと称賛したい」――孫泰蔵(日本語版序文より)
著者のジェイソン・カラカニスは、設立10年で会社評価額が7兆円を超えたデカコーン、ウーバーの最初期に投資した人物。ほかにも多くのスタートアップに投資して巨額のリターンを得ており、シリコンバレーで大きな成果を出しているトップクラスのエンジェル投資家である。
◆エンジェル投資家とは
誰も実現性を信じないプロジェクト、最初期の非公開企業に投資する人のこと。投資相手の起業家は実績が少ない、もしくはゼロだ。一般的な投資に比べてリスクが高く、それだけ期待するリターンも大きい。
スタートアップの創業者が絶体絶命になったとき、天使よろしく窮地から救い出す役割から名づけられた。
◆ジェイソン・カラカニスの教えの例
◎「どのプロダクトが成功しそうか」など私には絶対に予測できない。だから「どの人間が成功しそうか?」を判断する努力をしなければならない。
◎人生は短い。ひどいはめられ方をしても、そいつを人生から永久に厄介払いできた小さな代償だと思え。
◎ウソで始まった関係は必ず涙で終わる。妄想なら受け入れていいが、ウソには絶対に近づくな。など
◆スタートアップ投資の基礎知識とノウハウが満載
◎ピッチミーティングで何をすべきか
◎創業者に尋ねるべき4つの質問
◎10億ドルの創業者を見つけるには など

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
368ページ
電子版発売日
2018年07月13日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

エンジェル投資家 リスクを大胆に取り巨額のリターンを得る人は何を見抜くのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月22日

     シリコンバレーの一流投資家が書いただけあって、非常に具体的で説得力がすごい。財務諸表からはほとんど何も分からないスタートアップをどのように評価すればよいかについて非常に詳細かつ具体的なアドバイスが並んでいる。

     序文で孫泰蔵氏が、このような一般人向けのエンジェル投資の指南書が出てきたことが、スタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    ウーバーへの初期投資で巨万の富を手に入れたカラカニス氏が書いた、エンジェル投資家になるための方法が丁寧に解説された本。

    カラカニス氏によれば、株や不動産への投資は死金にしかならず、本当に生きた金の使い方は生まれたばかりの新しい会社へ直接投資するしかないとのこと。

    シリコンバレーに住んでいないとな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月16日

    エンジェル投資家(スタートアップ初期段階で出資をしてくれる投資家)になるための本。エンジェル投資家がなにを考えているか知るための本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月12日

    『エンジェル投資家』読んだ。日本とシリコンバレーでエコシステムの成熟度が桁違いということは措いても、無数の体験に裏打ちしたプレイングスタイルはめちゃリアリテイがある。「小さくスタートするのは構わないが、小さく考えてはダメだ」に痺れる。訳が読み易い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月26日

    エンジェル投資家は、シード~ブリッジラウンドにいて他VCからの投資を見込めないスタートアップに投資する。そして、シードラウンド前には、ただ働き・ブートストラップ・友人や親類縁者・自己資金・インキュベーターのラウンドがある。
    よって、プロダクトを走らせている会社だけに投資を受ける価値がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    教科書的なものではなく、ブログ風に実践、現場的に業界について著したもの。
    やや漠としたところがあるが、実践的なノウハウを知ることができるのは興味深い。
    結局は、「人が重要なのではない、人がすべてなのだ」
    創業者をどう評価できるか、ということなのだろう。

    創業者への4つの質問
    1.あなたは今どんな仕...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    シリコンバレーでのエンジェル投資は儲かるのでお勧めする。だが、初心者が始めるのは少々難しい。
    最近は、実績あるエンジェル投資家が投資組合(シンジケート)を組成している。
    まずはそこに加入し、先輩の投資を勉強しながら適度なリターンをもらう。

    成功する企業は結局は創業者。重要ではなく創業者が全て。を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    スケールと経営者を見る。とくに経営者は質問によって見極める。ビジネスの目的・理由、技術革新など今である必然性、ネットワークなど特別な優位性。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月06日

    ストーリーとしてとても面白かった。日本でもエンジェル投資家が今後増えて、投資のシンジゲートプラットフォームが出てきそうである。ちょっと誤字が多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月21日

    著者、ジェイソン・カラカニスは、ウーバーがまだ500万ドルぐらいの企業価値しかなかった頃に2万5000円を投資し、3億6000万ドルのリターンを得たエンジェル投資家。

    本書は、80〜90%が失敗するというスタートアップ企業への投資スタンスを自身の経験から余すところなく伝えている。

    一方で、起業家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています