PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

作者名 :
通常価格 2,035円 (1,850円+税)
獲得ポイント

10pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ジョブズが自腹で支えていた赤字時代、『トイ・ストーリー』のメガヒット、株式公開、ディズニーによる買収……。
小さなクリエイティブ集団をディズニーに並ぶ一大アニメーションスタジオに育てあげたファイナンス戦略!

アマゾンベストブック of 2016 (ビジネス&リーダーシップ部門)
フォーチュンが選ぶフェイバリットブックof 2016
ニューヨークタイムズも絶賛!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
文響社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年03月15日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月08日

    この本を読むまで、ピクサーの最初の映画が「トイ・ストーリー」で、それにスティーブ・ジョブズが関わっているなんで全く知りませんでした。

    50億円もの赤字を抱えるベンチャー企業の「ピクサー」がハーバート大卒の敏腕弁護士兼CFOを迎えることで、わずか数年で上場するお話です。

    そんな短期間で上場できるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    ピクサーの波瀾万丈物語。

    ジョブズに誘われてピクサーにやってきた著者が、その小さな建物の中で広がる魔法の世界に魅せられてピクサーに入り、ディズニーとや映画業界での数々の困難を乗り越えていく様がフィクションのようでとても引き込まれる。

    ところどころ株式についての解説もあり、勉強にもなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月30日

    本当に夢と愛の溢れる会社だと感じた。
    この本を読むとこれまでよりずっとピクサー作品が楽しめると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月21日

    この1冊で多くのことが学べた。
    株式のIPOとはどういうものか。ハリウッドの裏側。アニメーションの作成過程。交渉のノウハウ。
    難しい話もあるけれど、そうした知識を持っていなくても読んでいれば自然と頭に入ってくる。
    それだけで誰にでもお勧めできる本。

    個人的には終盤の展開がとても好き。
    それは読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月12日

    今年一番読んで良かったと思った作品。作者目線で話が進み、自分の知ってるジョブズとは違う感じのジョブズがそこにはいて興味深かった。自分もこういう仲間に出会って何かを成し遂げたいと思わせてもらいました。最後の展開も今の自分には響きました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    スティーブ・ジョブズを読んでからのこの本だったからこそ、違う側面からジョブズの姿が見られて大変面白かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月08日

    ピクサーといえば、トイストーリー。

    トイストーリーはとても好きな映画なので、その映画を作ったピクサーの裏話は、とても興味深かった。

    著者のローレンスロビーは、1994年にスティーブジョブスからのオファーでピクサーの最高財務責任者となった人。
    ピクサーがトイストーリーでヒットし、その後も数々のヒッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月09日

    Pixarが現在の地位まで到達するまでの軌跡を、リアル感を持って体感出来るような一冊だった。ストーリーを感じる話の展開と登場人物の感情が垣間見える綴は小説のような読み心地だった。故に財務的な話もストレスなく入ってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    事実は小説より奇なりって話。著者のローレンス・レビー氏は弁護士からCG系の会社経営に転身したのち、スティーブ・ジョブズから声をかけられて、ピクサーの最高財務責任者として、当時、収益を生み出せる程ではなかったビジネスを裏方として支え続け、株式公開、ディズニーによる買収までを見届けた人。この本を読む前に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    ピクサー成長の追体験。ジョブズがアップルに復帰し、ピクサーを離れることになったときの筆者の心理描写になんとも言えない寂しさを感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています