スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アップル創設の経緯から、iPhone、iPad誕生秘話、そして引退まで、スティーブ・ジョブズ自身がすべてを明らかに。本人が取材に全面協力したからこそ書けた、唯一無二の記録。伝説のプレゼンテーションから、経営の極意まで。経営者としてのジョブズの思考がたっぷり詰まった内容。ビジネス書、経営書としても他の類似書を圧倒。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
450ページ
電子版発売日
2011年10月24日
紙の本の発売
2011年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

スティーブ・ジョブズ I のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    Audibleで再読。あらためて、独自性を極限まで追い求めるところ、スピード感、フォーカスすること、妥協しないことの大切さを感じた。全部が成功するわけでは無いが、次から次へと新たなものに取り組むエネルギーはすごい。

    70~80年代の日本のエレクトロニクス産業がまだ強かった頃を感じつつ、それを突き破...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月16日

    時間をかけて上下巻を読破。下巻のiPhone以降の話はもとより、ピクサーとの関わりが興味深い。「アナと雪の女王」もジョブズが存在したからこそ誕生したのか、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    驕?l縺ー縺帙↑縺後i隱ュ莠??る擇逋ス縺??ょシキ辜医↑蛟区?ァ縺ァ縲√♀霑代▼縺阪↓縺ェ繧翫◆縺?→縺ッ諤昴o縺ェ縺?シ医◎繧ゅ◎繧ゅ?√↑繧後↑縺?シ峨′縲√%繧後□縺代?繝槭う繝翫せ繧定」懊▲縺ヲ縺ゅj縺ゅ∪繧九?∽サ悶?隱ー縺ォ繧ら悄莨シ縺吶k縺薙→縺ョ縺ァ縺阪↑縺?シキ辜医↑繝励Λ繧ケ?...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月29日

    スティーブ・ジョブズの伝記と言える本。アップルを設立して大きくしたが、そのアップルを追放されてしまう。そのつぎになってNext設立とピクサー買収と続き、トイストーリーヒットと続く。その間に妻との出会いや様々な人間模様が描かれており、スティーブ・ジョブズを良くも悪くも知ることができた。トイストーリーヒ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月06日

    ジョブズの歴史だ。現代に生きたジョブズがAppleを中心に、コンピュータ界に巻き起こした革命的な動きは、現代の史実となるものだ。しかし、偉人に祭上げられたことに個人的には反対だ。本書でも言及されている自己愛性人格障害は、誰もが憧れるものでも、真似できるものでもない。たまたまコンピュータ技術発展の導火...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月29日

    ちょうどアップルがマックを売り出していたころ、社内SEをしていたので、当時の状況を懐かしく思い出した。
    DOS/Vパソコンとか、DOSプロンプトとか、ベーシックとか、ユニックスのWSとか、GUIとか、WISWIGとか、ロータスとか。

    アップル社自体に興味も関心もなかったけれど、どうしてあの会社が製...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月16日

    林檎好きな人にはタマラン一冊。
    教祖様って、とんでもない奴だということが
    前にもましてわかり、ウォズってやっぱ天才だったのね
    と実感した。

    下巻が楽しみでタマラン。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月07日

    本書は純粋に「読み物」として楽しむこともできる。あるいはビジネス書としてリーダーシップ論や戦略論の題材として使うこともできる。でもそれ以上に、本書に真剣に対峙すればするほど、読み手の価値観が根底から揺さぶられるような疑似体験が得られるように思う。
    今やスティーヴ・ジョブズという人物は伝説となり、その...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年05月24日

    とにかく、すごりの一言。優れたビジョン、リーダシップといった言葉が陳腐で手垢にまみれたものであると思える程である。これほど微に入り細に入り、製品開発、店舗開発に関っていた(干渉していた?)とは思わなかった。スティーブ・ウォズニアック、ジョナサン・アイブ、ジョン・ラセター達との関係はまさに奇跡であり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月02日

    私にとって、伝記を読む時間はその対象人物と、ひと時のお付き合いをさせてもらっている感覚でいる。
    良い伝記を読むと、その人の世界にどっぷりとはまって、いつも傍らに置いてしまう。だから、いっきに読み進めた。
    STEVE JOBSは、コンピュータ関連者やエンジニアが崇拝する【神】とばかり思っていたが、それ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています