スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※2014年4月25日より原書のペーパーバック版に新たに収録された「終章」をⅡの巻末に追加致しました。すでにこちらの作品をご購入いただいたお客様は、再ダウンロードすることによって、無料で、お手持ちのデータを『スティーブ・ジョブズII』終章追加版に差し替えることが出来ます。

※「終章」は、下記サイトからもPDFファイルにてダウンロードできます。
【講談社BOOK倶楽部 特設ページ】
http://bookclub.kodansha.co.jp/books/topics/jobs/

約三年にわたり、のべ数十時間にもおよぶ徹底した本人や家族へのインタビュー、未公開の家族写真なども世界初公開。ライバルだったビル・ゲイツをはじめ、アル・ゴア、ルパート・マードック、スティーブ・ウォズニアック、そして後継者のティム・クック……世界的に有名なジョブズ関係者百数十名へのインタビュー、コメントも豊富。

ジャンル
出版社
講談社
ページ数
434ページ
電子版発売日
2011年11月01日
紙の本の発売
2011年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

    Posted by ブクログ 2019年06月29日

    後半は残された時間が少ない中での、アップル再生の物語。製品へのエネルギーは衰えず、時代を変える製品を生み出していく。顧客目線を持ちながら、顧客が考えられない製品を生み出せるのはなぜだろう?

    一つの事柄を本人からと周囲からと両面から見ているので、よりストーリーが浮かび上がってくる。
    一緒に仕事をして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    ただただ、読み進めてしまう。決して何もかもうまくやり遂げたわけではない。ただ、どれだけもがき苦しんでも何をすべきかを自分の中で持っていたことが、伝わります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    ジョブズほどではないが、へそ曲がりに?から読んでみた。初めてMacと出会った頃の80年代後半から物語が始まるので、Macに憧れた頃、今は亡きAMIGAにMacintoshPlusのROMを差したエミュレータでもってHyperCARDで遊んだ頃、入社後即ローンでQuadra840を買った頃、ジョブズが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月16日

    時間をかけて上下巻を読破。下巻のiPhone以降の話はもとより、ピクサーとの関わりが興味深い。「アナと雪の女王」もジョブズが存在したからこそ誕生したのか、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    荳雁キサ縺ォ蠅励@縺ヲ髱「逋ス縺九▲縺溘?ゅワ繝シ繝峨→繧ス繝輔ヨ縺ョ繧、繝ウ繝?げ繝ャ繝シ繧キ繝ァ繝ウ縺悟庄閭ス縺ェ蜚ッ荳?縺ョ莨夂、セ縺ァ縺ゅk繧「繝??繝ォ縲ゆクュ縺ァ繧ゅ?∵園縲?↓蠑慕畑縺輔l縺ヲ縺?k繧ク繝ァ繝悶ぜ譛ャ莠コ縺ョ繧ウ繝。繝ウ繝医′闊亥袖豺ア縺??ゅ◎縺ョ荳ュ縺ァ繧ゅ?√′繧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    ・長続きする会社は自らを再発明するものだ
    ・「なにをしないかを決めるのは、なにをするのかを決めるのと同じくらい大事だ。会社についても、製品についても。」
    ・自分のの仕事をちゃんとわかっている人はパワーポイントなんかいらない。ちゃんと問題に向きあって、課題を徹底的に吟味していれば。
    ・デザイナー、製品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    アップル復帰後のストーリー.圧巻の一言.

    最後のメッセージは心揺さぶられる

    「〜僕がいろいろできるのは、同じ人類のメンバーがいろいろしてくれているからであり、すべて、先人の肩に乗せてもらっているからなんだ。そして、僕らの大半は、人類全体になにかをお返ししたい、人類全体の流れに何かを加えたいと思っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月06日

    41章にも渡るスティーブ・ジョブズのお話でした。スティーブ・ジョブズ本人、その家族、アップル社の重役、ビル•ゲイツ等が語り、話に厚みがあってとても面白かった。2巻目は、アップル社への復帰からiPod、iTunes、iPhone、iPadと自分もよく知る製品の開発秘話等も興味深かった。スティーブ・ジョ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月06日

    ジョブズがAppleを追われた後、再び「復活」して勇退するまでの歴史。自分がMacを知ったのは1988年頃だった。GUIで扱えるPCという考え方に惹かれたが、安月給の身では手が届かず、ずっとMac専門誌を読む日々が続いていた。転機はソフトもバンドルされたPerformaの登場だった。これなら無理をし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月30日

    スティーブの狂人的な熱意、アップルへの愛、完璧主義、多くのことを垣間見れて非常に面白かった。
    普通なら否定されてしまいそうな性格だが、奇跡とも言えるほどの伝説の人となった。
    そんな彼も最後は癌に苦しむ。
    誰もが死ぬんだと感じた。
    スティーブ、アップルをより好きになった一冊だった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「スティーブ・ジョブズ II」に関連する特集・キャンペーン