ジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか

ジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界的ベストセラー『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』著者、待望の続編発売!
止まらない発明、秘密のプロジェクト、大失敗、歴史に残る成功と急成長、
圧倒的な権力、うずまく不満と批判、不倫、離婚、再建、パンデミック、退任――。
アマゾン創業者にして、20兆円超の個人資産で世界一の富豪となったジェフ・ベゾスとアマゾンに、トップジャーナリストが鋭く切り込む!
◆なぜアマゾンは次々と発明を生み、育てられるのか?
ECサイトはもちろん、キンドル、アレクサ、アマゾンゴー、AWSなどアマゾンは次々と発明をくりかえしてきた。従業員130万人を超える巨大企業になっても、大企業病にかからずに発明をつづける組織の秘密について、それぞれの開発物語を通し、表から裏まで紹介する。
◆大失敗、歴史に残る成功と急成長
2010年末のアマゾンは売上342億ドル(約4兆円)円、従業員は3万3700人。そこから8年後には売上2328億ドル(約28兆円)と7倍に、従業員約65万人と20倍の規模で巨大化した。その後も、ぐんぐん規模を拡大し続けている。
◆冷酷な経営者として知られるが、起業家と不倫相手には甘い人間臭さも
ジェフ・ベゾスは、結果を出せない社員には厳しくあたると恐れられ、倉庫の作業員を搾取していると批判され、合理化の鬼のように言われる。その一方で本書には、若い起業家には時間を割き、評価が甘くなる側面も登場する。そして、離婚のきっかけとなった元キャスターのローレン・サンチェスとの不倫スキャンダルでは、ベゾスのそれまでとはまったく違う行動も数々見られた。人間臭いベゾスを著者が描きだす。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
508ページ
電子版発売日
2022年04月22日
紙の本の発売
2022年04月
サイズ(目安)
6MB

ジェフ・ベゾス 発明と急成長をくりかえすアマゾンをいかに生み育てたのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング