「天童荒太」おすすめ作品一覧

「天童荒太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/08更新

ユーザーレビュー

  • 悼む人 下
    誰かに愛され、誰かを愛し、誰かに感謝される。
    普段気づけない、生きる意味をまた別の視点で考えることができた気がする。
  • 孤独の歌声
    とてもとても面白かった。
    人間の闇や弱い部分の見事な描写にぐいぐい引き込まれる。感情移入しすぎて、カフェで読みながら涙を押し殺すのが辛かった。
  • 包帯クラブ
    傷ついた心に寄り添ってまかれる包帯。
    てっきり探偵ものかと思っていたのに
    心が知らず知らずに温かくなるそんな優しいお話でした。
    2時間かかららずに一気読み。
    みんなのその後のアウトラインが微妙にぼかされていたり妙に現実味を帯びていたりと
    加減がよかったりも。
    読後感も爽やかでした。

    永遠の仔
    の作...続きを読む
  • 孤独の歌声
    すごく面白かったと同時に、すごく恐ろしい物語だった。

    天童荒太さんの小説を読むのは初めてだけど、映像化されているものはいくつか観ていて、そのほとんどすべてに共通しているのが“人の生い立ちとその後のこと”だと思うのだけど、人の暗い生い立ちが凶悪な犯罪につながることもあるという物語の中の出来事は、現実...続きを読む
  • 孤独の歌声
    見るからに怪しそうな描かれ方の少年、見るからに普通の人好きしそうな青年。
    どっちが歪んだ精神の持ち主か。
    モデルみたいな外見の、品が良さそうな美女、清楚で地味で目立たないが意志の強そうな爽やかな女性。
    どっちが真の美しさを持っているか。
    そういう対比もこめながらの登場人物描写かな、と。
    自分の願望の...続きを読む