天童荒太の一覧

「天童荒太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年11月号

作品一覧

2019/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 悼む人 上
    人の生き様に善し悪しをつけることなく、全て尊いものとして捉えていくことは自分の持つ想いと重なるところがある。共感できる。
  • ムーンナイト・ダイバー
    天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』文春文庫。

    主人公自身が震災で生き残ったことへの贖罪への訣別と新たなる未来の光を感じた素晴らしい震災小説であった。

    震災から四年半が経った地で月夜に海に潜り、被災者たちの遺留品を回収するダイバー・瀬奈舟作。彼は或る人物の依頼で、金品目的ではなく、震災で大切な人を...続きを読む
  • 悼む人 下
    上巻が面白かったので読んだ本。坂築静人のキャラクターが今までに無いキャラクターで良かった。読んで人の生き方や人の価値についての考え方に影響を受けた小説。倖世の最後の決断が意外だった。天童荒太作品の中では重い描写が少なくて読みやすかった。
  • 悼む人 上
    天童荒太 先生の著作で直木賞受賞作で映像化もされている作品なので読んだ本。主人公の坂築静人のキャラクターが今までに無いキャラクターで良かった。物語の結末がどうなるのか気になる小説。静人は上巻の段階では立派な宗教家で聖人という印象のキャラクターだと思った。静人の「死者が誰に愛されていたか、誰を愛してい...続きを読む
  • 悼む人 上
    これを書こう。書きたいと思った天童さんがまず凄い。そして、家族を亡くした人。大病した人は余計わかる、理解できると思う。

特集