天童荒太の一覧

「天童荒太」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年11月号

作品一覧

2020/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 巡礼の家
    来たー!天童荒太さんらしくて、本当に優しくて。また道後温泉に行きたい。お遍路さんへのお接待の気持ち。私も忘れないようにしなきゃなあ。
    「縁もゆかりも無うても、困っとる人のために、汗をかける自分でおられるかどうかよ」
    お祭りの様子をぜひ動画で見てください。すごい迫力です!
  • 孤独の歌声
    登場人物それぞれの孤独がきちんと描かれている。その描写が秀逸。ミステリーとしてももちろん面白いけれど、心理描写がすごい。
  • 巡礼の家
    災害で祖父母を失い、両親も行方不明になった少女雛歩(ひなほ)が『さぎのや』という旅館の女将に助けられ、多くの人の優しさに包まれて前に進む力を得る話。
    舞台が愛媛県の道後温泉ということもあり、四国八十八か所のお遍路さんもよく登場する。
    「縁もゆかりもなくても困ってる人のために、汗をかける自分でいられる...続きを読む
  • だから人間は滅びない
    だいぶだいぶ以前に『永遠の仔』は読んだことあるけど、そのときも何だかあざといというかこれみよがしなストーリーのような感じがして、それは「“荒”太」なんて名前のイメージに影響されていたのかもこのたび思ったりもしたんだけど、とにかくこの本で知った天童さんとは違う人物像を描いていたのでした。
    ふと手に取っ...続きを読む
  • ムーンナイト・ダイバー
    震災ものは重くて自分自身が押し潰されてしまいそうになるため敬遠していたけれど
    内容を知らずに偶然手に取った本とはいえ最後まで丁寧に読み遂げることができたのは僥倖だった。危険と隣り合わせの使命みたいなものに尽き動かれながらも、答えのでない疑問を胸に抱き、自問自答を繰り返しているのは主人公だけだはないだ...続きを読む