「朝倉かすみ」おすすめ作品一覧

「朝倉かすみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/02/16更新

ユーザーレビュー

  • ともしびマーケット
    立て続けに朝倉かすみさんの小説を読んだ。
    初めては「田村はまだか」
    これは結構前。他のも読んでみたいなと思い。

    で「好かれようとしない」が2冊目。
    今回この本。
    どの本もそうですが、表紙が、絵が綺麗。
    今回のは特に、内容の文体と、表紙のデザインにある
    女性の無表情さがとてもしっくりくる気がする。
    ...続きを読む
  • 乙女の家(新潮文庫)
    他人に見せたい自分と、本当の自分。
    他人から見た私は、どんなふうに映っているのか。
    他とは違う家族の形を持つ女子高生の他人の中の自分探し。
  • たそがれどきに見つけたもの
    40-50代男女の、悲哀に満ちた短編6編。

    各ストーリー、年代は一緒でも、立場の違う人たちばかりで、興味深く読みました。

    過去に振った多田くんと結婚した朱実、
    トイレで死ぬのは嫌だなと思っていた作家のきむ子、
    華やかに男を渡り歩いていると噂のゼンコ姐さん、
    夜のコンビニでのバイトで、遥かに年下の...続きを読む
  • 肝、焼ける
    自己中心的・自惚れ・自意識過剰・コンプレックス・頭でかち
    愛情不足・恋愛下手・言葉遊びな感じ。

    「田村はまだか」にもハマったが、こっちに鞍替え。
    言葉のチョイスがとても面白い作者さんだと思う。

    伊坂とか村上とかの「センスに自信ありです皆も感じ取って!」のと違って、
    スッと自然にコトバが頭に響く。
  • 幸福な日々があります
    爽快感とか高揚感とか、そういう感覚とは無縁の物語だとはおもうけれども、不思議と引きずられるように読み進めてしまった感じ。

    大きな不満があるわけでもなく、夫として好きではなくなったゆえに離婚を思い立つ、それも嫌いになったというわけではなく、好きではなくなったということをもって。

    ネットのレビューを...続きを読む

特集