柳美里の作品一覧

「柳美里」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:柳美里(ユウミリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1968年6月22日
  • 職業:劇作家、小説家

1994年、「石に泳ぐ魚」を文芸誌『新潮』に発表。1996年、『フルハウス』で第24回泉鏡花文学賞、第18回野間文芸新人賞を受賞。1997年、『家族シネマ』で第116回芥川龍之介賞を受賞。2020年には、『JR上野駅公園口』で全米図書賞翻訳部門を受賞した。

公式X

作品一覧

2024/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 自殺
    自殺をしたいと思うことって別に異常じゃなくてむしろ普通ですよって言われたらちょっと嬉しいんですよね。
    人間って自殺したら「なんで自殺したの?」「自殺の原因は?」「誰が悪いの?」って思いますよね、でもじゃあこれがもし「なんで生きるの?」とかだったらどう思いどう答えますか?
    実は人間って死ぬことに関して...続きを読む
  • JR上野駅公園口
    「諦念」という言葉が先ず浮かんだ。読んでいて愉しい類いの作品ではないが、貴重な読書体験になった。感謝。
  • ねこのおうち
    短編集のようで全て繋がっているお話は結構大好き。
    嫁ぎ先に猫がいて、可愛くない…と思ってるけど
    やっぱり野良猫を捨てたり、殺したりするのは人間の勝手。可哀想な猫が減りますように。
    ニーコが最後生まれ変わったのかな。おばあさんのところに戻れてよかった。
  • 南相馬メドレー
     1968年生まれの柳美里さん、2015年、鎌倉から息子と4匹の猫とともに原発から25㎞の南相馬に居住。2015年から2019年までの暮らしを綴ったエッセイです。そのバイタリティと素直な文章に感銘を覚えました。「南相馬メドレー」、2020.3発行。柳美里さんの小説を読むと閉塞感に陥ることが多いし、途...続きを読む
  • JR上野駅公園口
    「全世界が感動した」と記された帯で書店に並んでいるのを見かけたけど、感動ではないやろと思った
    なんとも言えないやるせなさに苛まれた

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!