ジュール・ヴェルヌの一覧

「ジュール・ヴェルヌ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/27更新

海底二万里
  • ブラウザ試し読み

海底二万リーグ
  • ブラウザ試し読み

気球旅行の五週間
  • ブラウザ試し読み

グラント船長の子供たち
  • ブラウザ試し読み

月世界へ行く
  • ブラウザ試し読み

月世界旅行
  • ブラウザ試し読み

皇帝の密使
  • ブラウザ試し読み

少年船長の冒険
  • ブラウザ試し読み

十五少年漂流記
  • ブラウザ試し読み

地底旅行
  • ブラウザ試し読み

地底旅行
  • ブラウザ試し読み

地底旅行
  • ブラウザ試し読み

地の果ての燈台
  • ブラウザ試し読み

二年間の休暇
  • ブラウザ試し読み

二年間の休暇
  • ブラウザ試し読み

八十日間世界一周
  • ブラウザ試し読み

80日間世界一周
  • ブラウザ試し読み

氷海越冬譚
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 海底二万里(下)
    この作品を通してネモ船長の存在感が凄まじい。

    海や海洋生物、また機械工学など幅広い知識を持つ「ノーチラス号」の船長。

    「人間」を嫌う人間社会とは切り離された世捨て人のような人物。

    ある時は冷静に、またある時は情熱的に。

    アロナクス先生が、最後に会いたい気持ちと会いたくない気持ちが葛藤していた...続きを読む
  • 八十日間世界一周
    おもしろかったー!
    ちゃんと読んだのは初めてだったけど、これが100年以上前の作品とは驚き。

    ドキドキ、ワクワク、ハラハラが全部つまっていたなぁ。

    そして最後の一行に、うん、うん。と頷くのであった。

    「そもそも人は、得られるものがもっと少なかったとしても、世界一周の旅に出かけるのではなかろうか...続きを読む
  • 地底旅行
    19世紀に「SFの父」とも呼ばれるジュール・ヴェルヌが書いた小説。鉱物学者の叔父とその甥が地底に広がるもう一つの世界を発見するという壮大な物語。大学生になった今、ファンタジー色の強いこの小説を読んで、幼いころによく自分の知らない異世界に突然旅するという空想に思いを巡らせていたことをふと思い出した。
  • 二年間の休暇(下)十五少年漂流記
    再読。
    やはり下の方が展開がスピーディーで、どうやったら悪漢どもをやっつけるのかが気になって一気読みしました(再読にもかかわらず)
    少年たちの永遠の憧れだよね~
  • 海底二万里 下
    上巻に勝る、驚きの旅路が続きます。
    前人未踏の海底世界へ、ネモ艦長がアロナックス教授らを導き続けます。
    ネモ艦長はあらゆる海を制覇しましたが、それは南極点を除いてのことでした。
    知的好奇心と冒険心を原動力に、彼らがそれに挑む姿が目に浮かびました。
    しかし終盤になり、ネモ艦長は復讐心をもって行動を開始...続きを読む