グラント船長の子供たち(上)

グラント船長の子供たち(上)

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

SFの始祖として知られ、冒険小説の第一人者として知られるジュール・ヴェルヌの「驚異の旅」シリーズ第5作。スコットランドの貴族グレナヴァンはふとしたきっかけから冒険家グラント船長の船が遭難して船長が消息を断ったことを知り、残された姉妹メァリとロバートを連れて捜索にのりだす。だが、さしあたりの手がかりは南米のパタゴニアしかない。老練な航海士オースティン、料理長オルビネット、グレナヴァンの従兄弟で沈着なマクナブズ少佐、まちがって乗船し冒険旅行に出ることになったが、該博な知識で協力する天衣無縫の地理学者ジャック・パガネル…果たしてグラント船長はどこかに生きているのか?

ジャンル
出版社
グーテンベルク21
電子版発売日
2011年09月30日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • グラント船長の子供たち(上)
    SFの始祖として知られ、冒険小説の第一人者として知られるジュール・ヴェルヌの「驚異の旅」シリーズ第5作。スコットランドの貴族グレナヴァンはふとしたきっかけから冒険家グラント船長の船が遭難して船長が消息を断ったことを知り、残された姉妹メァリとロバートを連れて捜索にのりだす。だが、さしあたりの手がかりは南米のパタゴニアしかない。老練な航海士オースティン、料理長オルビネット、グレ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グラント船長の子供たち(中)
    捜索はつづく。大西洋上の孤島トリスタン・ダ・クーニャへ、アフリカ南端のケープタウンを越えてインド洋上のアムステルダム島へ。そして一路オーストラリアへ。だがそれは新たな苦難の始まりだった。ヴェルヌの「驚異の旅」シリーズ第5作。 表紙絵同様の挿絵入り。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • グラント船長の子供たち(下)
    刀折れ矢尽きてオーストラリアの一隅に取り残された一行に、選択の余地は限られていた。イギリスに帰る方法の一つとして彼らが選んだのはニュージーランドのオークランドに渡ってそこで船に乗ることだった。だが一行を乗せた小船は再び嵐に遭遇し、一行は恐ろしいニュージーランド原地民の捕虜となる…グラント船長の捜索など、すでにとうの昔に忘れられていた。 表紙絵同様の挿絵入り。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています