エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告

エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告

作者名 :
通常価格 4,840円 (4,400円+税)
獲得ポイント

24pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

〈彼は愚かではなかった。まったく思考していないこと――これは愚かさとは決して同じではない――、それが彼があの時代の最大の犯罪者の一人になる素因だったのだ。このことが「陳腐」であり、それのみか滑稽であるとしても、またいかに努力してみてもアイヒマンから悪魔的なまたは鬼神に憑かれたような底の知れなさを引き出すことは不可能だとしても、やはりこれは決してありふれたことではない。死に直面した人間が、しかも絞首台の下で、これまでいつも葬式のさいに聞いてきた言葉のほか何も考えられず、しかもその「高貴な言葉」に心を奪われて自分の死という現実をすっかり忘れてしまうなどというようなことは、何としてもそうざらにあることではない。このような現実離れや思考していないことは、人間のうちにおそらくは潜んでいる悪の本能のすべてを挙げてかかったよりも猛威を逞(たくま)しくすることがあるということ――これが事実エルサレムにおいて学び得た教訓であった。しかしこれは一つの教訓であって、この現象の解明でもそれに関する理論でもなかったのである〉組織と個人、ホロコーストと法、正義、人類への罪… アイヒマン裁判から著者が見、考え、判断したことは。最新の研究成果にしたがい、より正確かつ読みやすくし、新たな解説も付した新版を刊行する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
みすず書房
ページ数
488ページ
電子版発売日
2017年09月29日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

エルサレムのアイヒマン 新版――悪の陳腐さについての報告 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    思ったのは、それが官僚的組織の宿痾であれば、なにをどうすれば正しいことが行われるようになるんだろうということ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    カタチ的には一周したが、まだ読めていない。
    読んでよかったし、今読んでよかった(若いころだとたぶん、ほとんど、今よりもずっと、この本の意義がわからなかったと思う。いまは、意義があることだけは、すごくわかる)

    ヒトラー率いるドイツ帝国の、ユダヤ人問題の〈最終的解決=絶滅〉において、ユダヤ人を殺戮収容...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    ナチスの大量虐殺がどのように生まれたのか、その主犯格の裁判の様子を本にしたもの。
    悪の陳腐さの副題通り、ハイヒマンはただヒトラー、ナチスに認めて貰いたかっただけ。
    入党の理由として、就職難でたまたま入っただけ。
    それが、虐殺の理由。途中から人を殺す感覚が麻痺して来た。

    自分で考えなくなることがいか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    アルゼンチンから拉致したアイヒマンをエルサレムで法廷に引きずり出した、その裁判の話。前代未聞の犯罪と、一方で国際法を無視してのこの裁判という、法哲学的にも深い本。
    ヒトラー暗殺計画に携わった人たちは道徳的な問題についてではなく、無謀な戦争でドイツを敗北させてしまうことからヒトラー暗殺を企だてた。アイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月01日

    ちょうどこの本を読み終わった日の朝刊にポーランドで、ナチスによるユダヤ人のホロコーストに「ポーランド人が加担した」などと記載すること禁ずる(罰則付き)法案が可決されたという報道が。
    アーレントが読んだらどう思うだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月17日

    ナチス親衛隊の中佐として、アウシュビッツを始めとする各収容所へのユダヤ人移送責任者として、ホロコーストの最高責任者とされたアドルフ・アイヒマンは、1961年に潜伏先にアルゼンチンでイスラエルの秘密部隊モサドにより捕らえられ、イスラエルでの裁判の結果死刑となる。

    「ドイツ万歳。アルゼンチン万歳。オー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月22日

    誰もがアイヒマン状態になるのか?自分の出世を考え、自分はユダヤ人の専門家であることを誇りに思っていた。どこで間違った道に進んでいたのか?

    単なる歯車ではなかったとアーレントは言う。上からの命令を無視してまでして実行する。

    そして結果として六百万を越えるユダヤ人の死者が出る。色んな国からユダヤ人を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています