八十日間世界一周

八十日間世界一周

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1872年10月2日午後8時45分、ロンドンの謹厳な資産家にして知識人フィリアス・フォッグ氏は、多くの新聞が一斉にとりあげ狂気の沙汰と評した、80日間世界一周の旅に出た。彼はトランプ仲間と、1秒でも遅れると全財産を失うことになる賭をしたのだ。彼と忠実な従者パスパルトゥーを待ちうける波瀾万丈…。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波文庫
ページ数
466ページ
電子版発売日
2014年04月25日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
28MB

    Posted by ブクログ 2019年10月13日

    おもしろかったー!
    ちゃんと読んだのは初めてだったけど、これが100年以上前の作品とは驚き。

    ドキドキ、ワクワク、ハラハラが全部つまっていたなぁ。

    そして最後の一行に、うん、うん。と頷くのであった。

    「そもそも人は、得られるものがもっと少なかったとしても、世界一周の旅に出かけるのではなかろうか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月14日

    80日で世界一周は可能なのか?という賭けに挑むのは堅物のイギリス人紳士とお気楽なフランス人青年。最初から最後までわくわくしどおしのストーリー。日本にも訪れます。ラストが素晴らしい。特別な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月21日

    キャラクターの濃い登場人物が困難に立ち向かう様が良いです。
    なんか旅したくなる一冊。元気をもらえます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月18日

    小2の頃、児童向けを読んで世界中を旅したいと思ったものでした。
    その後、学生になって読み返し、実際に旅発ちました。
    そう思うと私の羅針盤のような作品ですな。

    今なお色褪せぬところが素晴らしい。
    ジュール・ベルヌの他の作品「海底二万里」「気球に乗って5週間」などもオススメです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月23日

    パスパルトゥー=ドラえもんという構造だと思います。
    じゃあフォッグ氏はのび太かな。けっこう抜けてるし。
    有能な家来を持つと主人は助かるという話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    時代は1872年。
    生活のすべての物事を一寸の狂いもなく正確に行う、変人紳士フィリアス・フォッグ。
    フォッグ氏のひげそりに使うお湯の温度を、たった2゚F間違えたために解雇されてしまった召使いの代わりに
    本日やってきたばかりのパスパルトゥ。
    その二人が、当時不可能とされた80日間での世界一周の旅に出る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    1872年すなわち明治最初期ごろの世界一周するなら80日かかる様子を描く冒険小説
    当時の西欧知識人てきしてん(だと思われる想像)から
    インドや香港や日本やアメリカという未開地をどう見ていたかを
    それから100年以上経て読んでなるほどとは思うが
    それ以上ではない

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月04日

    青春18を使っての旅のお供に。
    夢中になって本を読んだのは久しぶり。とても感情移入のしにくい登場人物に「とはなんたるか」な文章、そのわりに簡潔な文脈、描写少なめ説明多めな内容なのに続きが気になる不思議。展開の仕方が上手いんだ。
    そして昔の物語には読み手に想像させる力があると思った。それが夢中になる、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月28日

    中学のときに英語のテキストとして全編をひたすら訳すという授業があり、先に日本語で読んじゃえ、と思ったところがこの本との出合い。ヴェルヌはSF作家だと思ってたから、これもどこかでSF的要素が出てくるのだ、と思い込んでたら違ってた。最後が好きで、何回も読んだもんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月27日

    今更ですが古典です
    ジュールヴェルヌ
    訳し方が古くて表現の仕方が逆に新鮮
    80日間で世界一周(しかも観光なんかほとんどなし)
    凄すぎます
    フィリアス・フォッグ氏が冷静沈着にお金をバンバン使いすぎーーー
    でもハートは熱い!
    流石古典です。面白かった~~~

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています