中島敦の作品一覧

「中島敦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/11/21更新

鏡花氏の文章
無料あり
夾竹桃の家の女
無料あり
牛人
無料あり
悟浄出世
無料あり
悟浄歎異
無料あり
山月記
無料あり
名人伝
無料あり
文字禍
無料あり
李陵
無料あり
李陵

ユーザーレビュー

  • 山月記(乙女の本棚)
    ぐわわわ〜〜〜ん

    いやぁ分かる
    たぶん分かる(たぶんかよ!)

    はい『山月記』でございますよ!

    うん、これね中学生の頃読んだ記憶がうっすらとあるんですよね
    で、「わがんね」ってぽいした記憶がうっすらとあるんですよ

    中学生の頃、いっとき「文学青年」に憧れたという黒歴史がありまして、いわゆる「純文...続きを読む
  • 山月記(乙女の本棚)
    いい(´∀`)♪

    唐代の中国を舞台に、詩人になる夢を果たせずに虎になってしまった李徴という男が、かつての友人である袁傪に自分の運命を語るという物語です。

    李徴は若くして科挙に合格しましたが、自尊心の高さから役人の職を辞めて詩人として名声を得ようとしました。しかし、詩作に没頭するあまり家族も顧みず...続きを読む
  • 山月記(乙女の本棚)
    △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

    *理由も分らずに押付けられたものを大人しく受取って、理由も分らずに生きて行くのが、我々生きもののさだめだ。

    △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
    △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽

    *一体、獣で...続きを読む
  • 文字禍・牛人 アニメカバー版
    短編でこれほどの完成度とは、本当に畏れ入る。
    芥川龍之介とはまた違った秀作ばかり。
    そんな文筆の才を持った中島敦でも、「言葉で記憶していると、よくこんな間違をする(「虎狩」より)」と考えることがあったのだろうか。
    なんとなく、「文字禍」から小説に対する彼の思いが伝わってくる気がする。

    ◼「狐憑」作...続きを読む
  • 山月記・李陵 他九篇
    『文字禍』が少し恐ろしい作品です。考えてはいけないことを考えてしまった人の話です。「余計なことは考えずに文字を使いなさい」と、いうことなのかもしれませんね。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!