「門田隆将」おすすめ作品一覧

  • 作者名:門田隆将(カドタリュウショウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:ジャーナリスト

中央大学法学部政治学科卒。2003年『裁判官が日本を滅ぼす』でデビュー。『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』などが映像化される。ミズノスポーツライター賞優秀賞や文化庁芸術祭ドラマ部門大賞などを受賞している。

作品一覧

2017/02/25更新

ユーザーレビュー

  • 記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

    福島民友新聞記者たちの怒濤の記録。
    津波で人の命を救って亡くなった記者、おじいさんと孫を救えず今も罪悪感に悩まされる記者。生き残った人たちにも震災は今も苦しめ続ける。震災を生き延びても、その後亡くなった記者もいる。紙齢を絶やさないという執念と何が起きたか伝えねばならない使命感のすさまじさ。16、17...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞

    門田隆将『記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞』角川文庫。

    門田隆将の描くノンフィクションは人物描写の上手さ故、登場人物の息遣いを感じると共に様々な風景やシーンを容易に思い描くことが出来る。あの未曾有の大災害、東日本大震災と真っ向から向き合った地方新聞の記者たちの闘う姿を描いた本作も...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯

    高畠さんは、選手時代に輝かしい成績を長きにわたって残したわけではないっぽいのに、ずっとどこかしらのコーチをやっている人。
    …この本を読むまではその程度の認識でした。
    なのでプロ入団前~現役時代の話は全く知らず、読んでいてただただ驚くばかりでした。
    コーチとして長く歩まれたことを思えば「災い転じて福と...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集