「門田隆将」おすすめ作品一覧

「門田隆将」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:門田隆将(カドタリュウショウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年
  • 出身地:日本 / 高知県
  • 職業:ジャーナリスト

中央大学法学部政治学科卒。2003年『裁判官が日本を滅ぼす』でデビュー。『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』などが映像化される。ミズノスポーツライター賞優秀賞や文化庁芸術祭ドラマ部門大賞などを受賞している。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/02/02更新

ユーザーレビュー

  • 蒼海に消ゆ 祖国アメリカへ特攻した海軍少尉「松藤大治」の生涯
    戦争の時代、多くの若者が亡くなった。日本にとってどれほどの損失であったかと思い、悔しくてたまらない。彼らはそれがその時代の逆らえない現実ととらえ、特攻に行く前日にも文句ひとつ言うことなくその目的に向かうことだけを考えていた。強い精神力を備えていた。こんな時代を二度と迎えてはいけないし、また今自由に意...続きを読む
  • リーダーの本義
    元週刊新潮の編集長の門田隆将氏、各分野での深い取材力に感服するとともにその思想にも共感を覚える。 リーダーの本義はその存在意義を慮れば自ずと見えてくると筆者は言う。正誤は別として本義に忠実に生きる人が本物のリーダーであると。 取り上げられた何人かの中、最も琴線に触れたのは、戦後に台湾を救った事で有名...続きを読む
  • 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
    文庫になったのを再読する。あの時の国のトップの信じるに足りない振る舞いを描きつつ、その彼の側の言い分も調べておられる正確な調査がお見事に思う。
  • 死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日
    20180103


    東日本大震災に関する本は何冊か読んできたが、福島第一発電所でその時何が起こり、誰が何をしていたのかが、克明に記録されていた。

    著者の精力的な取材の賜物だ。

    これを読むと東電の現場で命を懸けて働いた人たち、自衛隊の人達の使命感に圧倒される。
    安易に東電を批判する事なんて出来な...続きを読む
  • 尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故
    横山秀夫さんの「クライマーズハイ」を読んだことで、日航機墜落事故に興味を持ち、本書を拝読するに至った。
    1985年に起きた同事故は、私が生まれる前の事故であったが、事故の大きさから何度も耳にしたことのあるものである。
    当時のニュースや報道は見たことはないが、本書を読むことにより、事故の凄惨さや悲惨さ...続きを読む

特集