「三川みり」おすすめ作品一覧

「三川みり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三川みり(ミカワミリ)
  • 性別:女性
  • 職業:作家

2008年『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』で角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞。他に『封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/01更新

ユーザーレビュー

  • シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち
    キャットがいっぱいで、キャット好きとしてうれしいです。
    名前の由来とか、ベンジャミンの羽管理不足とか。
  • 箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード
    フレデリカとグレーテルが凛と格好良くて大満足…!
    しかし最終巻と知らずに読んでたのでラストのページで吃驚した。続きがないとなるとユリウスとフレデリカの絡みもっと掘り下げてほしかった。
  • シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精
    好きな場面。

    「ーー俺の羽を抱いているんだ。しっかりしろ、かかし。
    アンは使役者というよりは、お荷物だ。シャルの羽を抱き込んで離さないから、けして粗略に扱えない。側を離れられない。
    シャルにしてみれば、鍵をなくして開けることができない、生きた宝箱を連れ歩いているようなものだ。」

    「一生、笑われる...続きを読む
  • 箱入り王女の災難 時間と秘密と天使のワルツ
    1巻に増してドタバタな場面も増えつつ、フレデリカの成長に胸が温かくなり、イザークとの関係も微笑ましくなってきた。
    一方でユリウスの不気味さも増し、後々1番動向が気になる存在。
    グレーテルの謎が早々に明らかになるので、変に引っ張っていないのも良かった。
    細やかで丁寧な描写が好きなので、応援したい作家さ...続きを読む
  • シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と金の繭
    最初の銀砂糖の木を捜しあてたアン。それを狙っていたラファルによって、彼女は刺されてしまう。ラファルの意志に反したエリルはアンを助けることに。だが、その反面で彼女は銀砂糖師として重要なものを失ってしまい…

特集