三川みりの一覧

「三川みり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三川みり(ミカワミリ)
  • 性別:女性
  • 職業:作家

2008年『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』で角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞。他に『封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/03/19更新

ユーザーレビュー

  • 転生佳人伝 寵姫は二度皇帝と出会う
    転生ものにはつきものの前世の縁を何処まで引きずるか問題。
    特に今回は主人公側はしっかり覚えているけれど、相手は一切覚えていないというパターン。
    しかも、相手は地位こそ同じ立場にいながら性格も政治に対するスタンスも正反対と言っていいほどの別人。
    それでもあなたは、愛した人の転生した相手だからと同じよう...続きを読む
  • 【合本版】箱入り王女の災難 全3巻

    読みやすくて面白い

    シュガーアップルから、みり先生とあき先生のファンです。ヒロインが明るくひたむきなところが、すごく好きです。恋愛も重くなりすぎず、笑えるところもあり、読んでいてほんわかします。
  • 仙文閣の稀書目録
    本を守りたい主人公のまっすぐなところが好ましい。そして周りの人からの支えがあって己が立っていると自覚した時の主人公の心情描写に感動した。
    麗考も良い奴。2人の関係が好き。
    本好きなのでこういう本を守る話に心が擽られた。
    ただ白雨が裏切ってるだろうなーというところは予想出来てしまったのがちょっと残念。...続きを読む
  • 仙文閣の稀書目録
    「本が永遠に残るわけではない」
    作中で文杏が答えを見出す問いだが、読みながら自分もどういう意味なのだろうとずっと考えていた。
    電子媒体に比べて紙の方が保存期間は長いと言われるが、物理的に消滅してしまうことはあるだろう。
    例えば、これも作中にあった焚書のように。
    あるいは不注意によるもの、事故によるも...続きを読む
  • ここは神楽坂西洋館
    こんな下宿に私も住みたい。

    登場人物の思いやりに、心が温まりました。忙しく寂しい日常の中で、息抜きに読むにはピッタリ。読んでいる間、安心出来る。登場人物も愛おしいです。