「三川みり」おすすめ作品一覧

「三川みり」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三川みり(ミカワミリ)
  • 性別:女性
  • 職業:作家

2008年『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』で角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞。他に『封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師』などの作品を手がける。

作品一覧

2018/03/20更新

ユーザーレビュー

  • 一華後宮料理帖 第三品
    読みやすく、華やかで、美味しそうで。好きな話です。三品目の料理は早い段階で予想できましたが、シュリの想いが色を添えるというか。四夫人もしっかり活躍してすっきり!
    政治絡みのごちゃごちゃした話は苦手なのでラストの引きはいただけない。重い話は苦手ー。星5は今回までかも。
  • 一華後宮料理帖 第二品
    軽く読めてすっきりなラスト。はじめましての作家さんだったけど、たくさん書いてるようなので別シリーズも読みたい。
  • シュガーアップル・フェアリーテイル 王国の銀砂糖師たち
    キャットがいっぱいで、キャット好きとしてうれしいです。
    名前の由来とか、ベンジャミンの羽管理不足とか。
  • 箱入り王女の災難 恋と絆と女王のエチュード
    フレデリカとグレーテルが凛と格好良くて大満足…!
    しかし最終巻と知らずに読んでたのでラストのページで吃驚した。続きがないとなるとユリウスとフレデリカの絡みもっと掘り下げてほしかった。
  • シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精
    好きな場面。

    「ーー俺の羽を抱いているんだ。しっかりしろ、かかし。
    アンは使役者というよりは、お荷物だ。シャルの羽を抱き込んで離さないから、けして粗略に扱えない。側を離れられない。
    シャルにしてみれば、鍵をなくして開けることができない、生きた宝箱を連れ歩いているようなものだ。」

    「一生、笑われる...続きを読む

特集