北原亞以子の一覧

「北原亞以子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/05/21更新

ユーザーレビュー

  • おひで―慶次郎縁側日記―
    久しぶりに時代物を読みたくなって、本棚から選ぶ。何年ぶりかで、慶次郎に触れ、相変わらずいい男だと思う。
    北原亞以子は、お話の終わりを引き摺らず、音が聞こえそうなくらいにストンと幕を引く。だから余計に、登場人物たちの心情を思いやってしまうことになる。登場人物は大抵、脛に傷持つ身だ。…いや、人は誰しも、...続きを読む
  • 澪つくし 深川澪通り木戸番小屋
    シリーズ5作目。
    心がささくれ立ってしまった人々に添えられるお捨さんのふっくらとした温かい手。
    ころころと笑うお捨さんと一緒にお饅頭を食べれば、辛いと思っていた人生もそう悪くないなと思えてくる。
    私もお捨さんに会いに木戸番小屋に行きたいな。
  • 深川澪通り木戸番小屋

    人情

    とても楽しく読ませて頂きました。他愛のない市井の話が、語られるがどの話も最後は幸せに収まるところが読んでいてこちらも小さな幸せをいただいた様に思います。
  • 深川澪通り木戸番小屋
    やっぱり江戸の人情は、ほっとするなぁ。
    ほどよい距離のおせっかい。
    見習いたいけど難しい。

    みんな色々あるけど、生きていくしかない。
    どれもいい話だったけど「名人かたぎ」が一番好き。一番、江戸らしいからかな。
  • 降りしきる
    北原亞以子さんの作品の中で初めて読んだのが降りしきるでした。元々新撰組が好きで、新撰組のお話という事で手にしたはずが、いつの間にか北原亞以子さんの書く文章に惹かれ他の作品も読むようになりました。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!