夢のなか―慶次郎縁側日記―

夢のなか―慶次郎縁側日記―

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

女に食わせてもらう甲斐性なしと笑われるあの人も、私にはいつだって優しい。たとえ夢のなかでさえも……。職に就かない優男を針仕事で支える娘にも、良縁話を笑顔で断る縹緻よしにも、胸に秘めた思いがある。失くした恋の哀しみが、思わぬ悪事に人を走らすこともある。理詰めじゃ解けぬ江戸の男女の心のもつれを、隠居を楽しむ慶次郎が慈愛で解きほぐす、哀歓溢れる八篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
慶次郎縁側日記シリーズ
電子版発売日
2014年06月13日
紙の本の発売
2009年09月
サイズ(目安)
1MB

夢のなか―慶次郎縁側日記― のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年02月09日

    ストーリーが面白くてぱーっと読んじゃうんですけど、2、3ヶ月してもう一回読むとまた違った読後感があるんですよね~。
    噛めば噛むほど味の出るスルメみたいな?シリーズですね~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月03日

    主人公は登場しないが、「可愛い女」が良かった。シリーズを読み進むにつれ、短編なのに登場人物が整理できなくなったり、冒頭のシーンが分かりにくかったりする。主語が省かれた手法を使うのだが、読みづらい。2016.11.3

    このレビューは参考になりましたか?

夢のなか―慶次郎縁側日記― の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング