江戸風狂伝

江戸風狂伝

作者名 :
通常価格 607円 (552円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

実在した風狂な人々を情感豊かに描いた女流文学賞受賞短篇集
にらまれても、疎まれても、世間を騒がしても、貫きたい意地がある

無謀にも将軍綱吉に衣装自慢を仕掛けた豪商の石川屋六兵衛とその妻およし。
危ないと知りつつ幕府批判の風刺画を引き受けた人気浮世絵師の歌川国芳。
曰くつきの家を買った平賀源内が起こした殺傷事件の顛末。
時代の風潮に反発し、心の赴くままに意地を貫き、破滅をも恐れない風狂な人々を描いた七作の短篇集。

※本書は2000年8月に中公文庫から刊行された作品に加筆・修正したものです。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年11月22日
紙の本の発売
2013年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2015年04月23日

    3.7。この著者の描く江戸の町の空気がいかにもな感じがして好きだ。国芳目当てで読んだのだが、好きな人物を好きな著者が書いた物を読むというのは実に贅沢。そして外れない。「伊達くらべ」「爆発」「臆病者」「いのちがけ」が好き。(なお、国芳を書いた「臆病者」に、以前読んだ「けさくしゃ」(畠中恵 作)の主人公...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています