パオロ・マッツァリーノの一覧

「パオロ・マッツァリーノ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/10更新

ユーザーレビュー

  • サラリーマン生態100年史 ニッポンの社長、社員、職場
    自分ではまず読まないであろう過去の資料を丁寧に読み解いていくことによって、昔もそれほど今と変わりはないということがよく分かる。週休二日の定着が期せずしての展開で、まるでコロナ禍でテレワークが進んだのと同じよう。明治大正の文豪で「神経衰弱」って説明を目にしたことがある気がするけれど(夏目漱石とか)、今...続きを読む
  • 偽善のトリセツ 反倫理学講座
    物事の評価には行動と結果を見ようということ。善人による善意の押し付け、傍観者による偽善のレッテル張りよりは、具体的な行動が他人を救う。
  • みんなの道徳解体新書
    著者のツッコミを笑いながら読む本。
    でも、そのツッコミもかなり的を得ていて、
    そうだよな、と納得もします。
    いや本当、道徳の教科書、ひどいですから。
  • みんなの道徳解体新書
     本のタイトル通り、学校で習っている道徳をパオロさんなりに解体(実体を明らかにした)した本です。
     著者はこの本の最後に、結論として、どのような道徳を教えれば良いのか書いています。
     道徳ってなんだろう?って考える人にはうってつけの入門書であると思います。
     私がおもしろいと思ったのは、第8章 命の...続きを読む
  • 歴史の「普通」ってなんですか?
     10年あれば伝統になる、とはどこかで聞いた言葉。その言葉を一種立証しているのが本書。

     まぁ、いかに「昔はよかった」がいい加減なのかがよく分かる。結局イメージ先行で、それに酔っているだけなのだろう。

     特に、目黒もらい子殺人(20人以上)事件とそれに群がる群衆という構図は、人の業の深さをまざま...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!