「小松左京」おすすめ作品一覧

「小松左京」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/15更新

ユーザーレビュー

  • AWAY-アウェイ-(2)
     萩尾SFには全て「生殖」がからんでいる、という説を立てている。『11人いる!』しかり『銀の三角』しかり。
     『AWAY』も、その傾向が色濃く感じられる。ただ、原案『お召し』は未読につき、軽々に断定できない。
  • 日本沈没(上)
    そのタイトルの通り、日本の国土が地殻変動により沈没してしまうという斬新なストーリーのSF小説。
    1973年にノベルズとして初版が発行されたミリオンセラーの文庫。

    1970年代と2000年代に映画化されていますが、登場人物の細かい感情表現や著者の想いは、やはり書籍の方が丁寧に描かれており、映画を見た...続きを読む
  • 日本沈没(下)
    上巻では日本沈没前の徴候発見までのストーリー、下巻ではいよいよ日本の国土が沈没していく様を描いています。
    文庫用に書かれた「あとがき」は下巻に掲載されており、この物語が書かれた背景や当時の「日本沈没説」の所以が説明されています。
  • 石

    有名な「牛の首」「くだんのはは」が入ってるし、収録作充実してて、購入しても損はないと思います(借りたけど)。
    個人的には母親として「石」が怖かった(というかエグイ)。「ツゥ・ペア」も目に見えぬ運命みたいなものが怖く感じた。
    存外の海外の僻村に訪れた主人公。善良そうな村人たちが、恐れ敬うある鳥。ラスト...続きを読む
  • 日本沈没(下)
    読み終わるのが非常に大変だったが、読み終われてよかったと思う本。
    まず考察がかなりされており、リアリティが他のものより一線を画している。起こりそうなことばかり書いてあるし、四十年まえの本とは思えないような未来予測がなされている。
    それに加えて、日本人の日本列島への特異な愛情が描かれていて、普段考えな...続きを読む

特集