「伊藤比呂美」おすすめ作品一覧

「伊藤比呂美」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/11更新

ユーザーレビュー

  • 切腹考
    「切腹考」「鴎外先生と私」「どの坂もお城に向かう」「先生たちが声を放る」「弥五右衛門」「マーマイトの小瓶」「普請中」「ばあさんとぢいさん」「ヰタ・リテラーリス」「山は遠うございます」「隣のスモトさん」「阿部茶事談(抄)」「ダフォディル」「地震」(森林太郎トシテ死)
    全編から生々しく、懐かしく、「血」...続きを読む
  • 切腹考
    伊藤比呂美の(書いたものの)追っかけとしては、太宰に惑溺していた彼女が鴎外に向かったのは遅すぎたくらいな気もするが、夢中になる時期というのは人の個人的な状況とも密接に関係しているのだなと思う。

    伊藤さんの場合は夫の死があったのだ。

    性も出産も閉経も赤裸々に語る伊藤さんだから、もちろん夫とも積極的...続きを読む
  • 日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集
    昔話は大好きで、若かりし頃岩波文庫なんかで、多少エロいやつなんかを読んで、感心したりしたものだった。
    やはり、町田康の宇治拾遺は期待を裏切らない報復絶倒の内容で楽しかった。しかし、同じような内容でも福永武彦の今昔物語は芳香が漂うようで不思議。
  • 読み解き「般若心経」
    詩人に対して失礼な物言いではあるが、改めて、伊藤比呂美の言葉のセンスに脱帽。エッセイとお経の現代語訳が一体となってひとつの作品になっている。どれもよいけれど、特に最初と次の「懺悔文」「香偈」の現代語訳が印象的だ。
  • 日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集
    あんまりおもしろいので、もう少し、もう少しと読み進んでしまい寝れなくなる。
    伊藤比呂美訳が面白く、ドライなところが素敵。
    福永武彦訳はとても読みやすく、するすると入ってきます。
    町田康訳は異様に親しみやすいのですが、時代背景や流れを考えるとなるほど、こうなるなという……
    ストーリーの妙をストレートに...続きを読む