「キッド」発売記念!相場英雄フェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
「キッド」発売記念!相場英雄フェア

2012年BSE問題を題材にした『震える牛』や、『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎』などの人気作を世に送り出している相場英雄。新刊ミステリーの「キッド」発売を記念して、過去の作品を集めたフェアを開催いたします!【3/8(金)~3/21(木)】

相場英雄の最新作「キッド」配信開始!

※こちらの作品は値引き対象外です。

      • キッド

        キッド

        NEW

        殺人の濡れ衣を着せられた元自衛隊員VS.政府が秘密裏に構築する巨大監視網 超監視社会の闇を描き切る、警察ミステリーの新たな金字塔。 『震える牛』『血の轍』を凌ぐ、著者渾身の最高傑作! 上海の商社マン・王作民と秘書のボディーガードとして福岡空港に降り立った城戸護。かつては陸上自衛隊の空挺部隊に...

期間限定!3作品を30%OFF

      • 血の轍

        血の轍

        値引き

        元刑事が絞殺された。警視庁捜査一課の兎沢は、国家を揺るがす大事件の真相に元刑事が辿りついていたという糸口を掴むも邪魔が入る。立ちはだかったのは公安部の志水。兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ所轄時代の先輩だった。事件の解決を急ぐ刑事部と隠蔽を目論む公安部の争いが激化。組織の非情な論理が二人の絆を引...

      • 御用船帰還せず

        御用船帰還せず

        値引き

        江戸中期、勘定奉行の荻原重秀が財政立て直しに辣腕を振るった陰に、四人の猛者がいた。金の採掘量減少を受け、重秀が金の含有率を下げる御法度の貨幣改鋳を行うと、四人は十万両分の金を積む御用船を強奪。それは金の枯渇感を煽るための重秀公認の裏工作だったが……。日の目を見ることのない者が暗澹たる時代に光を...

      • 双子の悪魔

        双子の悪魔

        値引き

        大和新聞の菊田美奈子が詰める東京証券取引所に、レストランチェーン・西大后に対するTOB(株式公開買い付け)情報が入った。報道により、西大后の株価は乱高下する。だが、すべては違法な仕手戦により巨万の富を得ようとした金融ブローカーの罠。魔の手はネットを通じて個人の資産にも向かう……。マネー犯罪の深...

過去の相場英雄作品も配信中!

※こちらの作品は値引き対象外です。