【感想・ネタバレ】クレヨン王国新十二か月の旅のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

懐かしい

泉美麗 2019年03月23日

昔、クレヨン王国の12カ月を読んで 数十年ぶりに新12カ月の旅を読みました。
前作も今作も人には 色んな癖やマイナス面もあるけど それが人なんだな…と改めて感じました。素敵な本です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月11日

小学生の頃に買ったシリーズその2(再購入しましたが)
実は、こっちの話のほうが好きだったりする。
原作者さんのご冥福をお祈りします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月13日

「悪い癖の無くなったシルバー王妃なんて、なんか物足りない、魅力が無い」
そんな風に思われるようになってしまったシルバー王妃が旅に出て、本来の自分を取り戻す話です。

っていうと、「自分探し、自分磨き」をする流行に乗った女性の話っぽくなってしまいますが、ここは児童書。ファンタジー。
不思議な旅のお供た...続きを読むち(野菜)が程よく身勝手に、楽しくシルバー王妃をサポート(?)します。
野菜たちのキャラクターが際立っていて、脳内で声のイメージとかを勝手に想像してしまいます。

これを読む前に「12ヶ月の旅」を読んでおくことをおススメします。
ってか、王妃ともなると愛される程度にわがままで人間ができてなくちゃいけないんですね。たいへんだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月08日

一緒に帰ろう。

名作児童文学。
シリーズ第一作「十二か月の旅」の続編的な作品です。
前作で克服した王妃の"欠点"たちが、今回は王妃の頼れる(?)仲間としてお供することになります。
人には見せられない悪いところが集まったはずなのに、なぜかかわいく感じてくる愛すべき野菜たち。
欠点...続きを読むも見方を変えれば長所に変わる…難があってこそ人の可愛げなのだと教えられます。
元気に、前向きになれる作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

前回の十二ヶ月の旅で悪い癖をすっかり直して、完璧な王女になったはずなのに、
毎日が退屈で元気のないシルバー王妃。
心配したサンタクロースが王妃に贈ったプレゼントとは?
わがままな野菜たちと一緒に再び十二ヶ月の旅が始まります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

クレヨン王国シリーズ。小さい頃、たくさん読みました。
欠点もその人の魅力なんだな、と気づかされた本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

夢中になって読んでいた小学校の頃が懐かしいです。
「あるがままに」の詩は今読んでもはっとさせられました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

前回の旅で、わがままの直ったシルバー王妃。でもそれはとてもつまらない生活だった。もういちど、野菜たちと12ヶ月の旅にでる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月06日

旅物でよく読むやつです^^
今でもよみたくなるなぁ…
でっかくなっても好きですクレヨン王国 アニメ懐っ(

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

前作で悪い癖をなおしたシルバー王妃でしたが、すっかり元気がない。真面目でかたくるしい。そこで王様は気づきます。「欠点がないということは個性がないということ。欠点があってもいいから元気な王妃に戻ってほしい」ってことで、シルバー王妃はまた旅に出ちゃいます。欠点も魅力のうち、です。

このレビューは参考になりましたか?