【感想・ネタバレ】魍魎桜 よろず建物因縁帳のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年02月18日

評価の高い本書から「よろず建物因縁帳」シリーズ初読みしてみました。

ちなみに著者の作品も初読みです。

いやぁ~、ドハマりしちゃいそうです(^^;

曳き屋・仙龍と広告代理店のキャリアウーマンであり、サニワ(審神者)の春菜のW主演作。

昔から地滑りが続いていた猿沢村の地滑り現場から発見されたのは...続きを読む、この地の言い伝えで地滑りを鎮める為に人柱となった坊主の亡骸。

その直後から近隣で目撃されるようになった老婆の霊。

そして老婆を見た村人は次々に急死していく。

曳き屋・仙龍と共に老婆の霊の調査に乗り出した春菜。

言い伝えを聞き、老婆の謎を解き明かそうとする春菜が見たものは、自身を蝕む老婆の呪い。

春菜が金縛りにあうシーンでは臨場感がありすぎて恐怖を体験しました。

そして、代々隠温羅流導師は42歳の厄年で命を落とすとの言い伝え通りに仙龍に付き纏う黒き鎖。

ひそかに想いを寄せる仙龍のため、春菜は自らのサニワと向き合うことを決意する。

古くから土地の人に魂呼び桜と呼ばれてきた枝垂桜の古木。

ついに仙龍と春菜はその桜が人柱として命を捧げだ坊主を想う娘の亡骸から生まれたことを突き止め、坊主の亡骸を祀る為に建立される御堂の側へ桜を牽くことで彼女の魂を鎮めようと試みる。

密かに仙龍を想う春菜の一途な想いは、死んで霊となっても人柱となった僧を想う老婆の姿と重なる。

おぞましい怨念と純愛が見事に共存した作品。

同シリーズ作品を追いかけることになりそうです。




説明
内容紹介
土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。漆喰の繭に包まれた坊主の遺骸が発掘されると同時に、近辺では老婆の死霊が住民を憑き殺す事件が多発。曳き屋・仙龍と調査に乗り出した広告代理店勤務の春菜が見たものは、自身を蝕む老婆の呪いと、仙龍の残り少ない命を示す黒き鎖だった――!ひそかに想いを寄せる仙龍のため、春菜は自らのサニワと向き合うことを決意する。


魂呼び桜には恋と呪いが宿る。
祓い師・仙龍の死期が迫るなか、彼を想う春菜が下した決断とは――。

☆☆☆

土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。
漆喰の繭に包まれた坊主の遺骸が発掘されると同時に、近辺では老婆の死霊が住民を憑き殺す事件が多発。
曳き屋・仙龍と調査に乗り出した広告代理店勤務の春菜が見たものは、自身を蝕む老婆の呪いと、仙龍の残り少ない命を示す黒き鎖だった――!
ひそかに想いを寄せる仙龍のため、春菜は自らのサニワと向き合うことを決意する。
内容(「BOOK」データベースより)
土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。漆喰の繭に包まれた坊主の遺骸が発掘されると同時に、近辺では老婆の死霊が住民を憑き殺す事件が多発。曳き屋・仙龍と調査に乗り出した広告代理店勤務の春菜が見たものは、自身を蝕む老婆の呪いと、仙龍の残り少ない命を示す黒き鎖だった―!ひそかに想いを寄せる仙龍のため、春菜は自らのサニワと向き合うことを決意する。
著者について
内藤 了
長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー.。同作からはじまる「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズは、猟奇的な殺人事件に挑む親しみやすい女刑事の造形がホラー小説ファン以外にも支持を集めヒット作となり、2016年にテレビドラマ化。近著に『BURN 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』(上下巻・角川ホラー文庫)、『夢探偵フロイト -てるてる坊主殺人事件-』(小学館文庫)。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
内藤/了
長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年01月29日

今までのシリーズで一番好きな話。桜を曳くシーンは文章で読むだけでも鳥肌が立ちましたが、映像化されたらさぞや綺麗で悲しいんだろうなあ…。このシリーズは実写化は難しいと思うんですが、隠温羅流の職人たちの勇姿をぜひこの目で見てみたいといつも思います。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

堕天使堂 よろず建物因縁帳

菊ちゃん 2020年09月11日

今号は春菜が祟られて命が危ない話でしたが、最初から恐怖がマックスでした。人柱となった若い僧侶と僧侶を想う少女の想いの強さが最後に龍仙らによって思いを遂げられたシーンは泣いてしまいました。切なかった。因のあると伝えられる土地を守ってきた地元の人たちの想いまでも縁で結んで円にする龍仙さんたちに会ってみた...続きを読むい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月30日

発掘された人柱と、それに関わる老婆の死霊。今回もまた因縁の深そうな怪異がたっぷりです。魂呼び桜にまつわる伝説はロマンチックなものともいえるけれど、それを恋慕の情ととるか執念ととるかでかなり印象が違ってきます。終盤まではとにかく不気味で怖い。迫りくる仙龍の寿命に対するリミットにもぞくぞくさせられます。...続きを読むああして目に見えてしまうのも、怖いし嫌だよなあ。
自らのサニワとしての力と向き合い、仙龍の因縁を断ち切ろうとする春菜の強さと健気さが、読者に安心感を与えてくれる印象です。ひどくつらい立場のはずなのだけれど、彼女の頑張りはとても心強くて。ぜひともあんな因縁は断ち切ってもらいたいものです。
そしてラストのシーンの美しさが圧巻。情景を思い浮かべるだけで鳥肌が立ちそうな心地でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年04月16日

2019/4/16
やはり素晴らしかった。
スタートはゆっくり目で今回は冷静に読めるかな?とか思ってたのに実は春菜が危ないってなった辺りからグングン引っ張られ、クライマックスでは私は通勤電車にいなかった。
桜と僧侶と大姫を呆然と見ていた。桜吹雪の中、奇跡に感動していた。
びっくりした。文字を読んでい...続きを読むる感覚が全くなかった。
高砂からのほんの3ページほどだけど、本の中に入れたみたいだった。驚いた。
それにしても仙龍、ツンが過ぎるよ。
もうちょっと心配して動揺してよ。かっこいいけどさぁ。
コーイチに春菜が危ないって聞かされた時のやり取りも見たかったよ。
じらすよね~内藤さん。
春菜を連れて行ったことを後悔してるかな?とか想像を逞しくしてしまったわ。
仙龍もコーイチもちょっとしたしぐさがかっこいいんだわ。
かばう位置に立つとか振り返って春菜の安全を確認してから行動開始とか。
細かいところがニクイ!好き!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

悲恋モノ?

デカ 2019年03月10日

何故か最後は涙が出てしょうがなくなりました。
このシリーズは全て持っていますが、間違いなく1、2位を争う作品だと思います。(私だけ?)
これから仙龍と春菜がどうなっていくのか非常に楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月11日

何度も言っていることですが、今いちばん楽しみにしているシリーズです。

シリーズ開始当初から読者の間で好かれていない様子の春菜ちゃん、私は大好き。可愛げのないところが可愛いんだもん。美人でファッショナブルで、ズケズケした物言い、いろいろと上から目線で、好きな人にもつい強気に出てしまう。憎めません。
...続きを読む
そんな彼女が今回はいきなりガールズトークを喜んでいる。そんなの春菜じゃねぇ!と思ったら最初だけでした(笑)。ほっ。

地滑りが起きたせいで発掘されたのはミイラ化した人柱。それを移送したら現れるようになった老婆の幽霊。

このシリーズお得意の悲恋は今回もたまらなく切ない。これまでで最も怖くなかった気はするけれど、でも夜中に目が覚めて、ババアに乗りかかられていたらめちゃくちゃ怖いか。

何でも曳きますねぇ、仙龍さん。42歳で亡くならない可能性も出てきたから嬉しい。あきらめの悪いサニワ春菜、仙龍を死なせんといて。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年01月24日

今回はとても惹かれた、民俗学で悲話
魂呼び桜の切ない物語、人柱の生け贄
仙龍の因縁を解き放つことができるかもしれない
今秋の続編、洋館、楽しみ

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

因縁

のん 2020年11月14日

今回もどんな因縁が?とぐんぐん読み進めてしまいました。いつもよりは少しあっさり気味?とも思いましたが読後感はすっきりですね。2人の恋の行方も気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月01日

よろず建物因縁帳シリーズ 第5弾。
最初に向かった先は普通のお宅だったが、そこでサニワ?を
発揮して、女の敵をケチョンケチョンにしてやった。
メインの話は、地滑り現場で八百年程前から語られている
伝承通りに人柱が埋まっていたのだが、同時に老婆の霊も
目撃されるようになり、調査を依頼された仙龍達。
...続きを読む齢800年を越える枝垂桜に秘められた真実が明らかになる。
今回は2回ほど泣きました。憑き御寮に出てきた庭師も
登場して、いい仕事してました。
隠温羅流導師を継ぐ者は、他界する前夜に
決まった現象が起こるという。
仙龍の寿命を思わず逆算してしまい
呪われた宿命から早く救ってくれと春菜に願う今日この頃。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月24日

好きなシリーズの最新作。
因縁がらみの建物を移す曳き家の仙龍と春奈が活躍する。
「主人公が嫌い」って意見もあるが、私には理解できない。フツウにまっすぐで好感のもてる主人公だと思うのだが考えすぎでは……?
読書なんて感じ方は人それぞれだし、キャラの好みも千差万別でいいとは思うが、私は春奈に好感を持って...続きを読むいる。
今作では重役の浮気に本気で怒る所や自然におばあちゃんの手を握る所(+「わんこ」発言)、過去に遡れば一作目の赤子に関係する哀しい真相に感情を乱すところなど、勝ち気で強気、仕事以外では不器用でやや融通が利かないが、そんな青臭いところも含めて応援したくなる。
仙龍との微妙な距離感や恋愛面でのもどかしすぎる進展ぶり、小林教授やコーイチ、和尚など魅力的な周囲の人物との掛け合いも楽しい。
いちいち登場人物にイライラしながら読むのも不毛だし(どこで切るかは自由)、キャラクターに愛着持ってシリーズを追っかける方がストレスフリーでずっと楽しい。

今回は地滑りで発見された人柱の遺骨と樹齢八百年の枝垂れ桜にまつわる悲恋。
終盤であきらかになる真相はあっさりめだが、それまでの過程が面白い。ホラー描写もさほどグロくはないが、そこに絡む人間関係がテンポよく描写される。
一人称「僕」のおっとり穏やかな小林教授やわんこ属性のムードメーカー・コーイチなど、脇を固めるキャラの朗らかさが恐怖を中和してくれるので、キャラクター小説としても安定の読み応え。仙龍は相変わらず寡黙男前カッコイイ。

特にラストの桜が咲く場面は映像的に美しく胸に迫る。
祟られた人たちは災難だったけど、数百年地すべりから集落を守り続けてきた実績を加味すれば……でも偶然掘り出しただけで祟られるのは気の毒だなあ……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月12日

ホラーにしては優しく安心して読めるシリーズ。キャラ設定が秀逸。ストーリーとは関係ないが毎回かな?美味しそうなお菓子が出てくるので検索してしまう。翁飴。買うぜ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月03日

内藤了『魍魎桜 よろず建物因縁帳』講談社タイガ。

曳き屋・仙龍シリーズ第5弾。やっとパターンに馴れたのか、シリーズの中では一番面白く読めた。

長野県の山中から発見された奇妙なミイラ。ミイラが発見された直後から近辺に老婆の霊が現れ、関係者に次々不幸をもたらす。曳き屋・仙龍と共にこの奇怪な事件の調査...続きを読むに乗り出した広告代理店勤務の春菜が見たものは……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月28日

シリーズ第五弾。

今作は至るところに 散りばめられた“想い”なるものにグッとさせられた。
人が人を想う気持ちはどうしてこうも心を掻き立てるのだろう。

ただでさえ満開の桜のその美には心奪われるのに…この曳きの儀式の瞬間は桜の吐息を感じると共に想いが宿る花びら一枚にまで最高に魅せられ心ざわつかされず...続きを読むにはいられなかった。

仙龍に対しての春菜の想いも今までで一番好感を持てた。

そして何よりも魂呼び桜、人柱…その土地に根付く伝承を見届ける土地の人の想い、そしてそれを大切に保存する想い、良かったなぁ。

このレビューは参考になりましたか?