【感想・ネタバレ】怨毒草紙 よろず建物因縁帳のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

怨毒草紙 よろず建物因縁帳

菊ちゃん 2020年09月20日

春菜さんの想いの強さが仙龍さんの宿命に勝てますように、祈るばかりです。善光寺さんはお参りしたことがありますがこの話を読んで周りの寺社にも目を向けてまたお参りしたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

今回も怖かった!!

みか 2020年08月03日

毎回楽しみにしているシリーズです。そろそろ物語も終盤に近付いてるのかな?と思いつつ、大好きなシリーズなので終わってほしくない、という複雑な気持ちです。因縁の話はもちろん、二人の関係も先に進みそうな予感?

次回も期待します。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

りゅうのお 2020年07月05日

前作の仙龍の言葉が冒頭に出て来て、胸がキュンとしました。二人に進展はあるのか?と気になり読み進めました。春菜ちゃんかついに告白!
でも仙龍の反応が。。もーどうなるの!?この二人。。次回作を楽しみに待ちます

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月19日

相変わらず、よく調べてますね。

物語も終わりに近づいてきているようで。
人は怖い、でも哀しい。
因縁に惑わされる、巻き込まれるのも嫌だなぁとも思いましたけど

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月10日

1つの怪異に到達するまでの因縁が凄いです。歴史をひも解いて、繋げていくのが面白いです。それにしても、今回は死に様が凄かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月30日

怨み、毒の文字が突き刺さる一冊。

シリーズ第七巻。

今回はお堂を曳いた後に怪異が始まったという寺が舞台。

血、怨み、毒、情念、鬼、鎖といった、おどろおどろしさ漂う文字が目に突き刺さる、人の負の念に圧倒された巻でもあった。

そんな中での小林教授の語り口、太陽を思わせるコーイチの存在が一服の清涼...続きを読む剤。

人の怨み、残酷さを嫌いつつも惹かれるという人の心理が興味深い。

曳きの儀式の空気がはりつめる瞬間も今回はいつも以上に感じられた。

自分の心に向き合う春菜の姿、決意も読みどころの一つ。

いよいよ動き出す次巻にさらなる期待が高まる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月29日

2020/9/29
好きなシリーズだけど今回は薄口。
二人が気持ちを確かめ合ったのだけどなぜか薄口。
仙龍何歳なんだろう。
春菜の「舐めないで」はよかったね。
心配する男の人がセクシーで好きなのが後ろめたいのだけど、やっぱり心配する仙龍を見るといいなぁと思ってしまいました。
加減としてはもうちょっと...続きを読むデレて欲しいんだけど。
次回も楽しみにしてます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

寝る前に読んではいけない

クマちゃん 2020年09月03日

家事を終えて寝る前に読みかけたが、すぐにやめた。怖すぎる。恋バナ部分は進展を期待して読めるが、曳家絡みになると、今回は表現が最上級なのである。深夜には読めない。後半は翌日夕方迄に読み終えてホッとしている。読みおえて、、、あー早く続きが読みたい!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

惜しむらくは

あけお。 2020年06月21日

作家さんの他のシリーズはまだ拝読したことはないのですが、このシリーズは読み応えがあるのに毎回スカッと終わって、次への余韻を残す、といった感じかあります。
今回も因習や歴史など絡みあって突き抜けた先のラストなんですけど、せっかくだからもう少し掘り下げてほしい!回り道して悩んでほしいと思うわけです。上下...続きを読む巻でがっつりやっても良いんだけどな、という気持ちでマイナス1。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

まだ!

amu55 2020年08月27日

いっぺんに何冊も購入したのでこれからです。これから順番に読むの楽しみにしてます。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年07月04日

何よりも楽しみにしているシリーズなのですけれど、刊行を待つ間に期待値が上がりすぎてしまいました。地面から首だけ出して生きたまま鋸でギコギコされる描写があまりに恐ろしくて苦笑い。その割には前作までと比べると凄絶さ控えめなクライマックス。個人的には物足りない。

でも、これほど真剣な生臭坊主をもしかする...続きを読むと初めて見た気がしますし、やはりいろいろと面白い。「ほぼほぼ」という言葉がどうにも苦手な私は、「繰り返すほど本気度が下がるというもの」という和尚の言葉にも大きくうなずきました。

血みどろ絵の展覧会は絶対当たるっしょ。ぜひ企画をモノにしてください。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月27日

よろず建物因縁シリーズ
想像したくない猟奇殺人、九相図や地獄絵を越える
怨毒草紙
春菜と仙龍がもどかしい
オウラ流の因縁の謎がいよいよ次作からわかっていくようで期待

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年06月23日

内藤了『怨毒草紙 よろず建物因縁帳』講談社タイガ。

よろず建物因縁帳シリーズ第7弾。曳き屋・仙龍と春菜のコンビが過去からの因縁と怪異に迫る。そして、42歳の死期が迫る迫る仙龍にぞっこんの春菜の恋の行方は……

持仏堂を曳いた後、幽霊や狼が目撃されるといった怪異が起きる東按寺。怪異の原因を調査する春...続きを読む菜は、無残な死に様の死体が転がる地獄を幻視する……

物語に余り進展は無く……

本体価格690円
★★★

このレビューは参考になりましたか?