【感想・ネタバレ】首洗い滝 よろず建物因縁帳のレビュー

ユーザーレビュー

購入済み

首洗の滝 よろず建物因縁帳

菊ちゃん 2020年09月09日

今号もジワジワと恐怖が迫りくる感じで恐かった。地図に無い滝。それはよそ者を近づけないため。因縁の渦巻く滝なんて実際供養してくださる方が居て、私たちは観光できてる場所が世の中には沢山あるのだと改めて感じました。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

描写がリアル過ぎ

りゅうのお 2020年04月29日

内藤了先生の作品は猟奇犯罪捜査官藤堂比奈子シリーズから入りましたが、このシリーズも面白かったです!てっきり超常現象に見せかけた現実の殺人事件かと思いきや、全然違ってました。でも幽霊を見たことある私としては、怖いなーと思いつつ読み進めてました。内藤了先生は男性ですよね?しかし何故にここまで女心がわかる...続きを読むのかしら??春菜ちゃんと仙龍にキュンキュンします。。続編も楽しみにしてます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月28日

表紙が若干怖いので、しっかりカバーを掛けて。程々よりは少し上ぐらいの面白さだった1作目。2作目は期待を遥かに上回る面白さ。

広告代理店勤務の春菜が今回関わることになったのは、登山道整備開発事業。ところがそこには、近づいた者は死ぬと噂される滝があった。

想像するだに恐ろしい光景のホラーなわけですが...続きを読む、登場人物のキャラが揃って◎。因縁物件を専門に扱うイケメンの曳き屋・仙龍と春菜との会話が可笑しく、仙龍の助手や生臭坊主、皆サイコー。祟りの原因もしっかり切ない。民俗学や土着信仰好きの方はぜひ。

仙龍さん、42歳を過ぎても死なないで。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月14日

蒸し暑い夏、お盆間近、ヒンヤリとした恐怖を味わうにはうってつけ。
単なる怪談にとどまらず、人の業や情念の醜さ、哀しさを同時に描きこむのはこの作者ならではの手腕。それが最大の魅力だと思っている。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

今回も

のん 2020年10月25日

面白かったです。どんな因縁なんだろうとすらすらとページを読み進めてしまい、その因縁がわかったときにはすっきりすらしてしまいますね。ライトな文章ですし、誰でも読みやすいお話だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月11日

よろず建物因縁帳シリーズ 第2弾。
村のタブーとして隠し続けた首洗い滝。
幽世(かくりよ)の火の本来の意味と、千体以上の石神仏群。
見えているものだけでなく、見えぬものこそを見よ。
仙龍が父親から諭されてきたことだという。
様々な現象から調査を進め、そこから見えてきた因とは。
今回も物凄く面白かった...続きを読むです。
現象には意味があるとは思っていたけれど
この繋げ方はお見事です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月12日

愛という名の執着が怨念に変わるとき、春奈、仙龍、コーイチ、雷助和尚、小林教授たちの出番だ。
今こそ、悪しき因縁を断ち切れ。

個性豊かなこのチームを、2作目にして大好きになってしまった。

今回は、近づくと死ぬといわれる滝のお話。

雨木村には、地図にも載らない滝があるという。

その滝でクライマー...続きを読むが事故死し、村人が滝つぼで見つかる。
死者は顔が抉り取られていた。

そして現れる観音像の幽霊。滝に浮かぶ女の顔。聞こえてくる子守唄。

そこには、どんな因縁があるのか。

この雨木村の滝に続く登山道整備計画に、高沢春奈が属するアーキテクツが参加することから、チームは再び滝の因縁に関わることになる。

今回も、おどろおどろしさと同時に、人の想いの重さ、切なさが胸に迫る。

古いもの、歴史のあるものには、はるか昔からの人や時代の想いが折り重なり、

積み重なりして、そこにあるということだ。

そうなると、もはや「物」ではなく、「何か」になる。

良くも悪くも、その因縁なるものを、人は伝えていく役目を担っているのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月12日

シリーズ二作目。もうこのタイトルだけでぞくぞくさせられてしまいます。そして、刊行されたときにすぐ読まなかったことを後悔しました。これ、夏に読むのにぴったりな一冊でしたよ。これを冬に読むだなんて馬鹿げてたっ!
もう読んでいるだけで滝の冷気がぞわぞわと伝わってくる印象で、とても寒いです。不気味さも、伝承...続きを読むの不穏さもひとしお。ラストはなかなか爽やかでしたが。そこに至る道のりがあまりに怖い、というか寒すぎました。臨場感はたっぷり楽しめましたけれど。くれぐれも、夏にお勧めの一冊です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月28日

2018/1/25
私の中で大ブームの内藤了。
パグ男(ホンマにパグに失礼だけど)はもっと痛い目にあっちゃえ。
なかなか飛び込めないよ、井之上さんかっこいいよ。から始まりコーイチは相変わらず使えるし和尚も憎めない。
キャラクターが上手なのだろうな。
みんないそう。
今回、仙龍がちょっと地味。
仙龍い...続きを読むくつなんだろうな。
続き出たら早く読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月13日

近づく者に死をもたらすといわれている「首洗い滝」でクライマーが亡くなる。生存者の証言では事故の瞬間、滝に女の顔が浮かび子守歌が聞こえてきたという…
ミステリーだけどホラーでしかも悲しい事実が隠されていて、前作同様泣けてしまいそうに…ホラーは苦手なのに気になって目が離せなかった。続編も楽しみ♪

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月14日

ほろりと泣けるホラー。そういってもいいものでした。
建物の、というよりはいわくつきの場所の伝説を解きほぐしていくのが良かった。

シリーズ続編楽しみにしています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月21日

例によって絡まりあった因縁の謎をミステリ的に解き明かすシリーズの第二弾。今回は真相となる○○の悲劇が、古文書の形で間接的に伝えられるだけなので、いまいち盛り上がりに掛けるきらいがある。お仕事小説的な部分はあいかわらす痛快だが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月13日

回り道も足踏みもなしで核心に向かってぐいぐい話が進んでいくので読んでいてとても気持ちいい。
本当にありそうな普通の人たちが普通に暮らしいている村。
神事も、もしかしたらこの呪いや祟りも本当にあってもおかしくないかもと思えてきてしまう。
続巻も楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月11日

短いので簡単に読めていいです。しかし、前作内容あんまり覚えてなかったので、設定があやふやでもったいなかったです。短いから読み直してから読めばよかったと思いました。知らないうちにシリーズいっぱい出てたので、一気に買ってしまいました。電車で読むのに軽くてかさばらずちょうどよいが、値段が高い。この暑さなら...続きを読む、400円台くらいじゃないのか。なぜだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月19日

シリーズ第二弾。

タイトルからして読む前から期待が膨らむ。

地図にない滝、滝から浮かぶ女の顔、聞こえる泣き声のような子守唄…序盤から期待裏切られず、むしろ想像以上のストーリーで大満足。
第一作よりも怖さを感じられた。
特にキャンプシーンは一気に背筋が寒くなるほど。緊張感さえも感じた。哀しみの塊と...続きを読むもいえる真相にちょっとしんみり。
曳き屋の仙龍の、心の底から因縁に向き合っている、丁寧な姿がなんとも言えない。
次巻も読みたくなる読後感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月26日

☆3.3

 今回も曳き家・仙龍やコーイチ、広告代理店勤務の高沢春菜、雷介和尚がなんだかんだと集まって事件解決。縁なのか因縁なのか・・・。あ、あとパグ男も。
 前作のほうが個人的にはおもしろかったかな。続きも読みたい。
 


内容(「BOOK」データベースより)

クライマーの滑落事故が発生。現場...続きを読むは地図にない山奥の瀑布で、近づく者に死をもたらすと言われる「首洗い滝」だった。広告代理店勤務の高沢春菜は、生存者から奇妙な証言を聞く。事故の瞬間、滝から女の顔が浮かび上がり、泣き声のような子守歌が聞こえたという。滝壺より顔面を抉り取られた新たな犠牲者が発見された時、哀しき業を祓うため因縁物件専門の曳き屋・仙龍が立つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月14日

今回は建物か?前作よりホラー色が押さえ目で読みやすかったとはいえ滝での怪異は相当怖い。一番怖かったのは老人の顔の皮が転がってるとこ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月02日

内藤了『首洗い滝 よろず建物因縁帳』講談社タイガ。

シリーズ第2弾。やはり今一つの面白さの作品。内藤了が創作したと思われる因縁物件専門の曳き屋というのが、イメージ出来ないのだ。陰陽師とか風水師などは多くの小説に描かれており、そのイメージは確固たるものになっているのだが、曳き屋というのは全くイメージ...続きを読む出来ない。

山奥の地図に無い瀑布でクライマーの滑落事故が発生。亡くなったクライマーには顔面が無かった…

このレビューは参考になりましたか?