藤田達生のレビュー一覧

  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    織田・豊臣時代からの藩の成立過程から、武断政治から文知政治への移行、大阪幕府、コンパクトシティなどいろいろと面白い考察だった。
    藤堂高虎が築城だけでなく、朝廷工作などでも重要人物として書かれてるのも興味深かった。
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    今の歴史研究が垣間見える。藤堂高虎からの藩体制の考察、コンパクトシティとしての藩と城下町、その他もろもろ。とてもとても面白かった。この人のまた読みたい。
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    藩成立過程を、城下町の整備や、徳川方の大名配置の西進化、朝幕関係の推移などから見る。
    藤堂高虎を、城下町建設スペシャリストにして各方面に顔のきく、近世黎明期の重要人物として評価している。面白い。
  • 本能寺の変
    小説含め、本能寺の変の謎解きをした本は数多あるが、本書は最も明解に説明しているのではないか。

    将軍義昭の関与、信長政権内での秀吉他との確執等、よく筋が通っている。
  • 天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
    帯には「戦国時代の常識をひっくり返す!」とあるが、そのうたい文句通り、普通一般に考えられている織豊政権のとらえ方が大きく覆される。しかし、著者の仮説は非常に説得的であるように思われた。たとえば、信玄上洛戦の目的や、足利義昭が京都を追われてからの二重政権構造、本能寺の変からの秀吉の政治的ポジション、そ...続きを読む
  • 天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
    鞆(室町)幕府と安土(織田)幕府
    の二重政権という視点、
    信長政権末期、秀吉の立場の脆さ危うさ
    など自分にとっては新鮮。
  • 天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
    織豊政権ってのが戦国大名たちの分権化の流れと反対で革命的だったこととか、鉢植え大名化して自分の力で土地を切り取り守るって考えから預治思想に移行させたりだとか、指摘されてなるほどと思える歴史の捉え方です。足利家の幕府が鞆の浦に亡命してからも幕府として機能してたことや、信雄の代になっても織田政権が機能し...続きを読む
  • 秀吉と海賊大名 海から見た戦国終焉
    読み終わる。特に面白かった点は二点。

    本能寺の変に関係する秀吉ー光秀関係と四国・中国の取次の関係。
    「豊臣惣無事令」パラダイムの否定と、朝鮮戦役~関ヶ原をかけた「戦争を通じた中世~近世の転換という世界史的パラダイムへの地域史の接続

    この二点がこの本の最も要点にして価値を高からしめていると考える。...続きを読む
  • 江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎
    一般書なのに萌え系(※あくまで個人的感想)。後半部分は津に行って実際に街を歩きながら読んだほうがいいと思います
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    「藩」とは何か。

    江戸時代年間を通して、政治の基本となった藩について述べられている。

    藩は預地思想によって成立していた。そして、それが浸透していたことには非常に興味深い。
    池田光政、藤堂高虎などがその事例として挙げられていた。

    しかし、藤堂高虎の事例がかなり多いため、他の藩の事例も記載して欲し...続きを読む
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    藩とは何か

    著者:藤田達生(三重大学教授)
    発行:2019年7月25日
    中公新書

    「藩」というものが長年、理解できていなかった(たぶん今もできていない)。藩は都道府県みたいな、自治体的な単位だと思っていた。だから、○○藩というのは江戸幕府が定めた固有名詞だと思っていた。ところが、小説は別として、...続きを読む
  • 秀吉神話をくつがえす
    かなり秀吉批判で埋め尽くされた本書です(苦笑)
    初めの数ページで読むのをやめようと思ったのですがそこは歴史に対するさまざまな説を見ようと思いとどまりました(笑)
    たしかに表現は著書も書かれているように
    「秀吉ファンなら激怒する」
    モノでしたが内容は面白かったです。

    秀吉を堕とそうとするもののその業...続きを読む
  • 本能寺の変
    たまたま書店で見つけ、話題性のあるテーマでもあるので買って読んでみた。

    著者は日本近世史の研究者で、特に近世国家の成立を専門としているようだ。

    著者は本能寺の変について、足利義昭が黒幕であるという立場を取っている。だがそう単純なものではなく、義昭復権に長宗我部元親が絡み、さらには朝廷(すなわち正...続きを読む
  • 本能寺の変
    途中からまたちょっと迷子になってしまった。
    この手の歴史解説本は苦手かもしれない。

    明智が謀反を起こさなかったら、今の世の中はどうなっていたのだろうか、、、
    とか考えるのは少し楽しい。

    足利義昭が裏で糸をひいていたはなんとなく信憑性が高そう。

    本能寺の変は実は信長と義昭の戦いだったのかもしれな...続きを読む
  • 本能寺の変
    学術文庫だがもとが現代新書なのでさくっと読める。要点を押さえていて面白い。著者は四国(長宗我部)と、義昭に注目している。巻末に最近の研究史をまとめてくれていてありがたい。
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    <目次>
    はじめに
    第1章  近世城下町の画期性
    第2章  藩の思想
    第3章  藩の創始者たち
    第4章  藩の設計者たち
    第5章  東アジアの幕府・藩
    むすび

    <内容>
    近世の成り立ちを述べた著者の三部作の完結編(『秀吉と海賊大名』『天下統一』いずれも中公新書)。藤堂高虎を主軸に据えたもの。大坂幕...続きを読む
  • 半島をゆく 第一巻 信長と戦国興亡編
    以前買った雑誌サライに「半島に行く」の連載を見付けた。二度行ったことのある丹後半島だったので、興味を持った。
    さて、その連載が一冊の本となって上梓されたのを新聞広告で知り、購入、
    気楽な歴史紀行と思ってたら、どうしてどうして、面白くて、久しぶりにページを捲る手が止まらない読書となった。
    歴史作家と歴...続きを読む
  • 江戸時代の設計者 異能の武将・藤堂高虎
    前半の幕府創成期の話が興味深い
    近年の研究で秀頼の支配は慶長年間も大きく
    1)豊臣蔵入地(直轄領)小豆島ほか継続支配
    2)官位は慶長13年には左大臣
    3)家康も慶長8年まで秀頼に拝謁
    家康の支配固め(秀忠への継承)
    慶弔16年:家康が諸大名に誓詞を提出させた
    1)岡本大八事件:本田正純にダメージ
    ...続きを読む
  • 秀吉神話をくつがえす
    なまじ天下を取ると出生まで捏造しなければならない。
    一代で成り上がった大物である事に違いはないがどこまで人に腹を見せてたか。。
  • 天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
    我々は通常、室町幕府→戦国時代→信長の登場→秀吉・家康という分権から集権化を歴史の必然の流れとして見がちだが、実はまったくそんなことがなく、信長の天下統一構想という極めて”非常識な闘争”がなければ、その後の集権化などはまったくあり得なかった、ということを実にマニアックに紐解く、歴史学者が書いた新書。...続きを読む