藤田達生の一覧

「藤田達生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/11/22更新

ユーザーレビュー

  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    織田・豊臣時代からの藩の成立過程から、武断政治から文知政治への移行、大阪幕府、コンパクトシティなどいろいろと面白い考察だった。
    藤堂高虎が築城だけでなく、朝廷工作などでも重要人物として書かれてるのも興味深かった。
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    今の歴史研究が垣間見える。藤堂高虎からの藩体制の考察、コンパクトシティとしての藩と城下町、その他もろもろ。とてもとても面白かった。この人のまた読みたい。
  • 藩とは何か 「江戸の泰平」はいかに誕生したか
    藩成立過程を、城下町の整備や、徳川方の大名配置の西進化、朝幕関係の推移などから見る。
    藤堂高虎を、城下町建設スペシャリストにして各方面に顔のきく、近世黎明期の重要人物として評価している。面白い。
  • 本能寺の変
    小説含め、本能寺の変の謎解きをした本は数多あるが、本書は最も明解に説明しているのではないか。

    将軍義昭の関与、信長政権内での秀吉他との確執等、よく筋が通っている。
  • 天下統一 信長と秀吉が成し遂げた「革命」
    帯には「戦国時代の常識をひっくり返す!」とあるが、そのうたい文句通り、普通一般に考えられている織豊政権のとらえ方が大きく覆される。しかし、著者の仮説は非常に説得的であるように思われた。たとえば、信玄上洛戦の目的や、足利義昭が京都を追われてからの二重政権構造、本能寺の変からの秀吉の政治的ポジション、そ...続きを読む