戸田山和久のレビュー一覧

  • 恐怖の哲学 ホラーで人間を読む
    ヒトは何故、怖さを愉しもうとするのか、
    また、
    フィクションだとわかっていながら
    真剣に怖がることができるのか
    ……という疑問に哲学的にアプローチする本。
    ボリューミーだが
    砕けた話し言葉で綴られているので読みやすい。

    ヒトは進化によって
    現前に迫る恐怖の対象だけでなく、
    実在しないものまで恐れる...続きを読む
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    大学時代に読んでいたら文句なく☆5つ。
    社会人になった今も十分に役立つし、特に論証の分類をしたいという僕のニーズにもかなり答えてくれた。

    戸田山さんには名著が多い。
    今、「期待はずれがない著者10傑」に(僕の中で)入っている人。
  • 哲学入門
    すごい。労作。著者の意気込みがガシガシ伝わってくる内容。
    「哲学入門」と聞いて普通にイメージする哲学史の振り返りではなく、著者自身の問題意識を一歩一歩、深く深く掘り下げたもの。
    だいたい10頁に1か所くらいは「なるほど!そういう考えがあるか!」とゆかいな知的興奮に包まれる。

    惜しむらくは、文章が多...続きを読む
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    独特の語り口調がおもしろくて読みやすかった。それだけでなく、論文の書き方の点もきちんとおさえられてる。これからは、この本を片手にレポートに取り組もうっと。
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    大学生向けのレポートの書き方。「作文ヘタ夫くん」のレポートを先生が指導して直していく対話形式で、とても読みやすい。
    学期末に恥を忍んで買ったのだが、とても役に立った。基本的なことばかりだけど、案外できていないことが多かった。論文やレポートを書くのに重要なのは、「問題の立て方」なんだな、と改めてわかっ...続きを読む
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    論文の書き方が対話形式で説明されていて、分かりやすいです。
    論文を書く前に読んでおくといいと思います。
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    論文の書き方について、形式的に分かりやすく書いてあるが、すぐに実践するのはなかなか難しいように思う。レポートの書き方について触れているのもよかった。
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    戸田山先生の著ということで「えいやっ」と衝動買いした。
    買って正解だった。
    何よりも 読んでいておもしろい!
    方法論も参考になった。
  • 恐怖の哲学 ホラーで人間を読む
    恐怖という「感じ」を手がかりに感情や意識について。

    おもしろいのだけど、快・不快のいわゆる快原則と恐怖の因果が中心で「他に恐怖と結び付けられるものはないの」と途中で思ってしまった。

    自分はたのしめたけど、ホラー(映画)が好きでないとおもしろくないと思う。最後まで読んで思ったのだけど、認知のところ...続きを読む
  • 教養の書
    文字によって思考が改善される。批判的思考が可能になる。

    よい遺伝子を残すより、文化を残すことが大事。

    教養とは知識プラスα、系統的に知識が格納されていること。
    知的な「闊達さ」=自分の意見に固執しない
    教養とは雑学ではない。雑学を元にまだ知らないことへフライングする能力。

    読書は、周りの人と同...続きを読む
  • 哲学入門
    前半難しくて読み飛ばしたけど、最後にかけてゆるゆるまとまってて心に残った!
    人生に意味なんてなくて、宇宙の歴史と広大さに比べたら人間の人生なんてちっぽけだから
    あんまり気負わず好きなことして生きたらいいんだよ〜という前向きなメッセージで終わりました◎
  • 哲学入門
    難しかったので、ふわっとしか理解できなかったけれど、哲学するとはこういうことかとその一端を教わった気がする。引っかかった箇所はマーカーを引いたので、少し時間をあけて再読したい。文体としては、わかりやすさを意識してか口語で書かれているのが、私としては逆にわかりづらく感じてしまった。冗長率が高すぎるとい...続きを読む
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    論文とは以下の要素が必要
    ①問いがある文章
     「なぜ、○○なのか」「われわれは、○○すべきか」「○と△の違いはなにか」
    ②論文には主張がある
     自分の主張を自分で引き受けることが必要。結論をごまかさない。
    ③論文には論証がある
     自分の考えを読みてに納得させる必要がある。その為の論証。論証は自分の考...続きを読む
  • 哲学入門
    ・そもそも人生の無意味さは解決を要する問題か ― 人生の無意味さこそがわれわれに関することがらのうちで最も人間的なものの一つ ― ときには一歩ひいて眺め「俺また実にくだらないことをやってるな」
    ・哲学とは概念を想像すること
    ・重要な問いは「哲学が私の役に立つか」ではない。「私は哲学が役に立つような種...続きを読む
  • 新版 論文の教室 レポートから卒論まで
    論理的に文章を書く方法をわかりやすく紹介した書。作文の苦手な大学生を主人公に、論文を仕上げるまでを時系列で辿りながら解説する。

    1 キミは論文って何かを知っているか
    2 論文の種を蒔こう
    3 論文を育てる
  • 哲学入門
    須原屋書店の「浦和高校課題図書」コーナーにあったので購入。このコーナー、いいんだよね。何冊か買ってるけど、本格的でしかも読みやすい。その中では、こいつはなかなかハードだったかな笑。

    さてさて、本の中身だけど、第六章の「自由」に焦点を当てたい。みんな自分は、多かれ少なかれ、自由意志にもとづいて行動し...続きを読む
  • 哲学入門
    戸田山流哲学入門。唯物論から哲学の役割を求めるとこういうことになるのかなぁ。。。正直,問いに共感できないのでよく分かりませんでした。
  • 哲学入門
    哲学の基本を押さえたいと思い購入しました。

    「哲学入門」というタイトルを目にすると、有名な哲学者の主要な考え方を説明してくれると期待してしまいますが、全然違います。

    逆に少しマイナーな人の論が多く紹介されている。

    まあ、それはそれでおもしろいのですが、正直説明がちょっとわかりづらいかな。

    ...続きを読む