哲学入門

哲学入門

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

神は死んだ(ニーチェもね)。いまや世界のありようを解明するのは科学である。万物は詰まるところ素粒子のダンスにすぎないのだ。こうした世界観のもとでは、哲学が得意げに語ってきたものたちが、そもそも本当に存在するのかさえ疑わしい。「ことばの意味とは何か」「私たちは自由意志をもつのか」「道徳は可能か」、そして「人生に意味はあるのか」…すべての哲学問題は、根底から問い直される必要がある!科学が明らかにした世界像のただなかで人間とは何かを探究する、最もラディカルにして普遍的な入門書。他に類を見ない傑作です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

哲学入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    ちくまセールでタイトル買いしたけど、よくみてみたら著者は同じ研究室棟にいる教授だった。

    情報系の人が哲学やるんだ、と最初はびっくりしたけど読んでみたらすごいしっくり。元々哲学とかめっちゃ概念的で全くよくわからないというイメージだったけど、この本は噛み砕いて噛み砕いて超理論的に説明してくれるので(時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    『恐怖の哲学』がたいへん面白く、唯物論的・発生的・自然主義的観点からの説明をもっとよく知りたく読んだ。

    「ありそでなさそでやっぱりあるもの」こそ、哲学の中心主題。
    過去の文化遺産ではなく進行中の営みとしての哲学を扱う。科学の成果を正面から受け止め、科学的世界像のただなかで人間とは何かを考える。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月10日

    「入門」とあるので、古今東西の哲学を紹介する本かと思ったら、いきなり今を生きる自分たちが抱える問題に関わる議論が展開されていた。序章からテンションがあがる上がる。
    そして文体は、なぜか懐かしの「昭和軽薄体」を彷彿とさせる。軽いノリでガッツリ哲学的議論を展開できてしまうのがすごい。
    最後までちゃんとつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月13日

    最後まで読み終えて、感無量だ。

    まず哲学観が変わった。西欧とか東洋とかそういう伝統を踏まえた議論ではなくて、神が死に、ニーチェも死んだ現代のための哲学だ。「にもかかわらず」「だからこそ」考える営みだ。

    次に、力強い解放感を感じた。究極の目的なんてないんだと著者は説得力を持って結論する。破壊力満点...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月22日

    本作は科学的な唯物論を前提としつつ「意味」や「道徳」などこれまで哲学専門とされてきた「存在しなさそうでしてるもの」の問題について哲学的観点から考察する骨太な哲学入門書だ。
    当たり前だけど哲学は死ぬほど難しい。実証的ではない故に答えがひとつに定まらないからだ。完璧に理解とか正直ムリゲー。
    ただ、「哲学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月31日

    哲学書というと堅くて、他の哲学者の理論を延々と説明する事が多いイメージがありますが、この本は通して口語で時に冗談めいた例えがあり、すっと理解できることが多かったです。無味乾燥で抽象的な言葉から、意味や自由、責任、道徳などが語られていてカッケーと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月20日

    「意味」「機能」「目的」「道徳」…凡そ物理的世界から切り離され、「いわゆる哲学」の領分とみなされがちなこれらの抽象概念を、人間という特定の観察者の視点を排し、物理的・科学的に記述しようとする試み。各章の構成は「問題提起→次の章で検討→新たな問題出現」、とシンプルな直線構造で読み進めやすいが、何せ各章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月30日

    最近流行りの「認知科学の哲学」入門といえる。新書のわりには分厚いが、内容が盛りだくさんすぎて記述が荒いところもある。同じ著者による『知識の哲学』と併せて読むと互いの足りないところが補完されていい気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月28日

    すごい。労作。著者の意気込みがガシガシ伝わってくる内容。
    「哲学入門」と聞いて普通にイメージする哲学史の振り返りではなく、著者自身の問題意識を一歩一歩、深く深く掘り下げたもの。
    だいたい10頁に1か所くらいは「なるほど!そういう考えがあるか!」とゆかいな知的興奮に包まれる。

    惜しむらくは、文章が多...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月05日

    前半難しくて読み飛ばしたけど、最後にかけてゆるゆるまとまってて心に残った!
    人生に意味なんてなくて、宇宙の歴史と広大さに比べたら人間の人生なんてちっぽけだから
    あんまり気負わず好きなことして生きたらいいんだよ〜という前向きなメッセージで終わりました◎

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています