クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
  • 値引き

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

作者名 :
値引き価格 639円 (581円+税) 4月30日まで
通常価格 913円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から2週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼"人間失格・零崎人識"との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく――。そして待ち受ける急転直下の衝撃。1つの世界が壊れる"そのとき"を描ききった新青春エンタの傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2008年06月
サイズ(目安)
14MB

書店員のおすすめ

「西尾維新」の原点がここに。
メフィスト賞受賞作である「クビキリサイクル」から始まる「戯言シリーズ」。ミステリーという分類ながら、「物語」シリーズに通ずる超常っぷりもある、変格に近い作品群。
主人公・いーちゃんは冴えない大学生。友人に天才技師・玖渚友や人類最強・哀川潤を持つものの、本人は至って普通(だと思っている)。
シリーズを全部レビューすると長くなってしまうので割愛しますが、まずは「クビキリサイクル」を。
いーちゃんの一人称で語られる、孤島で起こった事件とその結末を是非お確かめください。

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年09月23日

    「もう二度と出会わないだろうな」って言って別れるけれどまた何気ないようにであってしまうふたりが好きだ……

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月14日

    西尾維新先生の作品では1番好きなお話。傑作。
    このトリックだけは分からなかったし、分かりたくなかった。
    本シリーズ、今作より後は異能バトルの側面が強いので、ここまでがギリギリミステリかなという認識。
    読後感はあまり良くないので、人によってはお勧めできない作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月18日

    面白かった。
    中途半端、残酷、でも憎めない。
    登場人物もそれぞれ個性がある。個性ってのは嫌いなんだっけ。
    ミステリーの仕掛けも面白い。確かにそう書いてあるもんなー

    次も早く読もう(´ ` )

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月23日

    初めて読んだのは高二の時だった。四年の時を経て再読した。
    葵井巫女子が記憶よりも騒がしかった。江本智恵は記憶より暗かった。細かい点も忘れていたし、記憶はあまりあてにはならない。
    読めば読む程戯言遣いと『めだかボックス』の球磨川禊が似ているように思える。しかし球磨川は零崎人識とも似ている。戯言遣いは笑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月24日

    戯言シリーズ二作目。今回は「ぼく」の大学での日常が描かれる。個人的に気に入ってた玖渚友が出番ほぼない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    序盤で謎を提示し、中盤でキャラクターの魅力を存分に発揮し、終盤で怒涛の解決編。

    文章も面白く、どこの部分も楽しめる。
    ラノベっぽいところは少し抵抗がなくはないが、しっかりとミステリー要素が入っているのが嬉しい。あのアリバイトリックは盲点だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月12日

    何度目かわからない再読。今作は前作よりもいーちゃんの不気味さに拍車がかかってて「戯言シリーズ」の中で一番好きな話。というかいーちゃんが普通の人と関わるとどんな事態になるのかの見本というかそんな話。この話でいーちゃんを好きになった人、もしくは嫌いになった人が多いんじゃないかな。ミステリとしては語り部で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    確かに読み返すとがっつり伏線入れてるなー。かなりの衝撃。
    そして濃いキャラ達をばっさばっさ。

    二転三転する最終章もやはり好きですね。
    赤い人の登場を待ち構えてました笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    もしもTOHOシネマズの1ヶ月フリーパスで『傷物語』を観る機会がなければ、私は西尾維新を読むことはなかっただろうと思います。この二次元な表紙、本を開いても時折現れるイラスト。仮にそこに目を瞑って手を出していたとしても、最初の10頁で無理だと判断していたかも。しかし『傷物語』がものすごく面白くて、試し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月18日

    圧巻だだだだ。
    X/Yとかまさに戯言。戯言戯言戯言。
    つかこれを2,3日で書き上げたのはマジですか。作者ヤバい(´_ゝ`)他人のためと言うが、他人のせいにして自らの行為を正当化する、、、傲慢、戯言。ほんと苛々するくらい戯言傑作だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

戯言シリーズ のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
    値引き
    絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が"科学・絵画・料理・占術・工学"、5人の「天才」女性を招待した瞬間、"孤島×密室×首なし死体"の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を"証明終了(QED)"できるのか? 第23回メフィスト賞受賞作。
  • クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
    値引き
    鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から2週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼"人間失格・零崎人識"との出会いによって揺らめき脆く崩れ去っていく――。そして待ち受ける急転直下の衝撃。1つの世界が壊れる"そのとき"を描ききった新青春エンタの傑作!
  • クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子
    値引き
    「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」 「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」 人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を《首吊高校(クビツリハイスクール)》に潜入した「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれる――。
  • サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し
    値引き
    「きみは玖渚友のことが本当は嫌いなんじゃないのかな?」 天才工学師・玖渚友のかつての「仲間(チーム)」、兎吊木垓輔が囚われる謎めいた研究所――堕落三昧(マッドデモン)斜道卿壱郎研究施設。友に引き連れられ、兎吊木を救出に向かう「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"の眼前に広げられる戦慄の"情景"。しかしその「終わり」は、さらなる「始まり」の前触れに過ぎなかった――!
  • サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄
    値引き
    ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………。
  • ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹
    値引き
    「……具体的に、あなたは何の研究をしているのですか? 木賀峰助教授」 「死なない研究――ですよ」 永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた"戯言遣い"こと「ぼく」は、骨董アパートの住人・紫木一姫と春日井春日とともに京都北部に位置する診療所跡を訪れる――が、そこに待ち受けていたのは凄絶な「運命」そのものだった! "殺し名"第1位の「匂宮」が満を持して登場!
  • ネコソギラジカル(上) 十三階段
    値引き
    「よう――俺の敵」 "世界"を、そして"物語"を終わらせるため、「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"に「狐面の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客、《十三階段》の向こう側にある"終わり"の果てにあるものは――!? シリーズ最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作の前奏曲がついに奏でられる!
  • ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種
    値引き
    「――諸手をあげて、喜べよ」人類の最終存在、橙なる種・想影真心を伴って、「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"の前に「狐面の男」は現れる。バックノズル、ジェイルオルタナティブ……。"運命"の最悪の傍観者たる彼が唱える"世界の法則"は、この世の"真理"そのものなのか!? シリーズ最終楽章となる『ネコソギラジカル』3部作、すべてが予測不可能な主題が激しく錯綜し旋律する、待望の中巻!
  • ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い
    値引き
    「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」"人類最悪の遊び人"たる「狐面の男」は「ぼく」こと"戯言遣い"に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤……。シリーズすべてを貫く伏線の楽譜(スコア)は絡まり合い、一気に奔流(クレッシェンド)をはじめる! <戯言シリーズ>、その最終楽章となる『ネコソギラジカル』三部作、ついに大団円(フィナーレ)!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています