絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が"科学・絵画・料理・占術・工学"、5人の「天才」女性を招待した瞬間、"孤島×密室×首なし死体"の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)とその冴えない友人、「戯言遣い」いーちゃん(♂)は、「天才」の凶行を"証明終了(QED)"できるのか? 第23回メフィスト賞受賞作。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年05月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
    通常版 1巻 843円(税込)
    絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が"科学・絵画・料理・占術・工学"、5人の「天才」女性を招待した瞬間、"孤島×密室×首なし死体"の連鎖がスタートする! 工学の天才美少女、「青色サヴァン」こと玖渚友(♀)とその冴えな...
  • クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
    通常版 2巻 896円(税込)
    鴉の濡れ羽島で起こった密室殺人事件から2週間。京都、私立鹿鳴館大学。「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"が級友・葵井巫女子とその仲間たちと送る日常は、古都を震撼させる連続殺人鬼"人間失格・零崎人識"と...
  • クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子
    通常版 3巻 637円(税込)
    「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」 「救い出すって……まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」 人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立...
  • サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し
    通常版 4巻 637円(税込)
    「きみは玖渚友のことが本当は嫌いなんじゃないのかな?」 天才工学師・玖渚友のかつての「仲間(チーム)」、兎吊木垓輔が囚われる謎めいた研究所――堕落三昧(マッドデモン)斜道卿壱郎研究施設。友に引き連れられ、...
  • サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄
    通常版 5巻 712円(税込)
    ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… ………………………… …………...
  • ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹
    通常版 6巻 1,080円(税込)
    「……具体的に、あなたは何の研究をしているのですか? 木賀峰助教授」 「死なない研究――ですよ」 永遠に生き続ける少女、円朽葉をめぐる奇怪極まりない研究のモニターに誘われた"戯言遣い"こと「ぼく」は、骨董ア...
  • ネコソギラジカル(上) 十三階段
    通常版 7巻 939円(税込)
    「よう――俺の敵」 "世界"を、そして"物語"を終わらせるため、「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"に「狐面の男」はささやく。キーワードは、加速。そして、世界の終わり。何より、物語の終わり。待ち受ける刺客、...
  • ネコソギラジカル(中) 赤き征裁vs.橙なる種
    通常版 8巻 939円(税込)
    「――諸手をあげて、喜べよ」人類の最終存在、橙なる種・想影真心を伴って、「ぼく」こと"戯言遣い・いーちゃん"の前に「狐面の男」は現れる。バックノズル、ジェイルオルタナティブ……。"運命"の最悪の傍観者たる彼...
  • ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い
    通常版 9巻 939円(税込)
    「生きている以上、世界の終わりを物語の終わりを、諦めることはできない」"人類最悪の遊び人"たる「狐面の男」は「ぼく」こと"戯言遣い"に断言する。玖渚友との決別。想影真心の暴走。そして、復活する哀川潤……...

書店員のおすすめ

「西尾維新」の原点がここに。
メフィスト賞受賞作である「クビキリサイクル」から始まる「戯言シリーズ」。ミステリーという分類ながら、「物語」シリーズに通ずる超常っぷりもある、変格に近い作品群。
主人公・いーちゃんは冴えない大学生。友人に天才技師・玖渚友や人類最強・哀川潤を持つものの、本人は至って普通(だと思っている)。
シリーズを全部レビューすると長くなってしまうので割愛しますが、まずは「クビキリサイクル」を。
いーちゃんの一人称で語られる、孤島で起こった事件とその結末を是非お確かめください。

ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年04月08日

戯言シリーズ終幕。
主人公の長い戦いもこれでやっと終わりました。まあ、物語的には1年もないくらいだったけど。色々ありました。
主人公自身、辛いことばかりで悲しいことばかりで泣きたくなるようなことばかりだっただろうけど、なんとか物語を締めくくることが出来たと思います。
いーくんお疲れ様でした。

終わ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

Posted by ブクログ 2017年10月26日

物語の中に散りばめられる何気ない言動や行動。
これが最後に怒濤の勢いで効いてくる爽快感のある物語でした。いや、実際にはドロッドロな人間模様を見せつけられるわけですが。
登場人物が皆個性的で好きなんですけど、特に主人公の性質がまた物語を面白くしていると思います。ある意味めちゃくちゃカッコいい主人公だと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

Posted by ブクログ 2016年09月23日

「もう二度と出会わないだろうな」って言って別れるけれどまた何気ないようにであってしまうふたりが好きだ……

このレビューは参考になりましたか?

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

Posted by ブクログ 2016年02月13日

とてつもなく面白かった‼️西尾さんの推理小説って珍しい気がします。なんで戯言遣いの名前を書かないんだろー

このレビューは参考になりましたか?

ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い

Posted by ブクログ 2015年09月01日

戯言シリーズ6作目の下巻。
これがシリーズ最終巻。人間慣れるものだなと思わざるを得ない。特に文体とか。
結構楽しめました。このまま先のシリーズも読んでいくつもりです。

このレビューは参考になりましたか?

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月23日

戯言シリーズ第二弾。すごくややこしい言い方になるが一度自分の中でこういう展開だろうというものができて裏切られ、驚きの真相が見え一度納得してから最後に驚きのさらには一度納得した時以上の新事実が明らかになるというのがこのシリーズの特徴かなと思う。ひどい言い方をすれば言葉遊びなんだが矛盾なく嘘無く物語を進...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年02月19日

西尾維新の戯言シリーズ第一弾。物語シリーズは目を通していたが本シリーズは他の人からも「良い」との噂を聞いていたので読んでみた。結果は「とても良い」だ。まさかのミステリー形式、殺人ものとは思わなかったが事件と主人公による謎解き、さらにはどんでん返しの展開。読んでいて何度も裏切られて読んでいて楽しかった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

Posted by ブクログ 2014年08月14日

西尾維新先生の作品では1番好きなお話。傑作。
このトリックだけは分からなかったし、分かりたくなかった。
本シリーズ、今作より後は異能バトルの側面が強いので、ここまでがギリギリミステリかなという認識。
読後感はあまり良くないので、人によってはお勧めできない作品。

このレビューは参考になりましたか?

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月02日

 戯言シリーズ再読二冊目。やはりかなり忘れていた。犯人やトリックまで忘れていて、いーちゃんじゃないけど自分の記憶力大丈夫か?と思ったw。推理小説としても楽しめるけど今回はいーちゃんの心象、零崎との関係に注目した。やっぱり抽象的で理解できないところも多いけどそこが西尾維新独特で好きなところ。

このレビューは参考になりましたか?

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年04月08日

 約三年ぶりに再読。西尾維新のデビュー作。なんだか急に読みたくなって下手するとこのまま戯言シリーズを読み直すことにもなりかねない。読んでみるとトリックとか犯人とかかなり忘れていた。
 殺人事件に入る前までに西尾維新独特の箴言というか名言が多くて凄さを再認識。1作目からこれだから本当に驚嘆する。どうし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?