天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

作者名 :
通常価格 1,629円 (1,481円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

偉人たちも、いや偉人たちこそ、最高の仕事をするために、毎日どう時間をやりくりし、どう過ごせば創造性や生産性を高められるかを悩んでいました。彼らはどう解決していたのでしょうか。そのヒミツは日常のごく平凡な小さな積み重ねにあったのです!

本書では、古今東西の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督など161人の天才たちの、これまで見過ごされてきた「仕事の周辺」に注目。起床時間、就寝時間といった毎日のスケジュール、部屋での様子や生活信条、仕事の際のクセやこだわり、嗜好品をまとめることで見えてきた、知られざる素顔や意外な事実は、驚きとともに、創造的な活動を続けるための秘訣に値する手がかりが満載でした。

◆ハイスミスは動物好きで、特に猫とカタツムリに強い愛着を感じ、100匹のカタツムリを夜のお伴にしていた!
◆ヘミングウェイは自分をごまかさないため、毎日書いた語数を記録していた!
◆マルクスは人生で一度も定職につかず、金銭管理能力がなかった!

かつてイチロー選手が朝食に決まってカレーを食べていたり、スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックしか着なかったことなども、ある行為を習慣化させることで日常生活でのストレスを徹底して避けるための策であったと言われています。彼らは限られた資源である時間や意志、自制心などを有効活用するための仕組みを常に意識し、実行していたのでしょう。

どんなに偉大な作家でも、孤独との戦いがあり、苦しい閉塞状態やスランプを抱えながら机に向かわなくてはいけないのは今も昔も変わらないこと。先人たちの成し遂げてきた仕事と歴史に思いを馳せることで、そっと背中を押されたような勇気が溢れてくるはず。好奇心と向上心をくすぐる、発見に満ちた一冊です!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
フィルムアート社
ページ数
376ページ
電子版発売日
2017年04月21日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    天才たちの生活が覗ける素晴らしい本。コーヒー、紅茶、音楽・読書、家族と過ごす時間、あと散歩の時間を大切にしている天才が多い印象。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    "作家、作曲家、画家、哲学者など天才と言われた人たちの日常を探った本。
    散歩をしている人たちが多いことに、驚くと同時になるほどとも感じる。
    薬物やお酒に頼る天才もいるし、規則正しい習慣で仕事時間を作り出している人もいる。それぞれに合った、その人なりの方法で創作時間を作り出している。
    昼寝を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月03日

    天才と言えども、色んなライフスタイルがあるんだな。
    荒れに荒れていたり、きちんと決めた量を毎日こなしたり。
    小説家の話が多くてなお良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月16日

    天才がどんな突拍子も無い生活をしているかと思っていたら,多くの人が早起きをして,案外普通というか,規則正しい真面目な生活をおくって着実に仕事をしていたことに驚いた.そしてそのこだわりの習慣を,それぞれの人が何年も続けて素晴らしい仕事をしたのだと知って面白かった.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月23日

    デビットリンチ
    超越瞑想法
    ビッグボーイ チョコレートシェイクとたっぷり砂糖コーヒーでハイにさせる

    フランクロイドライト落水荘
    村上春樹
    朝4-7時で仕事

    ゴッホ
    仕事中心の生活

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月05日

    今YouTubeでも流行りなルーティンについての本

    なぜか他人のルーティン動画というのは
    気になるもので見てしまうのでそのような内容の動画は再生回数は多い


    この本はさまざまなクリエイティブを仕事にしてる著名人達のルーティンが描かれててとても興味深い

    特に自分にとって、どのように為になるという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    「天才」、「日課」というキーワードに飛び付き、表紙のデザインがなんか良かったので買いました笑
    中身はボリュームたっぷりでしたが、様々なジャンルの一流の人のライフサイクルが少し見えて勉強になった。

    【なるほど!そうだよな!と思ったフレーズ】
    決まったスケジュールを守ることが毎日の独創的なリズムを作る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月29日

    かたつむりが好きすぎるハイスミスぶっとんでて最高だ。天才たち皆それぞれにやばくて魅力的で、おもしろかった。
    どんな有り様でも「ぶれない」っていうのはそれだけで力だと思う。頑丈な習慣は自分を保つのを助ける。繰り返しや継続の中から生まれてくる仕事のすごさを感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    <目次>
    なし

    <内容>
    作家、ライター、画家など161人の日課が1.5~4ページに次々と綴られている。「それだけか⁈」と思われるが、これが意外と面白い。真面目な人(規則正しく生きて人)が少ない、薬中毒が多いのは予想できるが、意外と朝型が多かったり、食事をあまりとらなかったり、食生活が極端だったり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月22日

    過去400年から現在までの偉人たち161人が、
    どのような日課をこなし、過ごして、創作を続けてきたか。
    過去はデカルトから最近はスティーヴン・キング等々、
    順不同で紹介。日本では村上春樹が選ばれています。
    たぶん、英語で書かれた文献からの紹介なので、英米の著名人主体。
    著述・作曲・絵画関係が大多数で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています