天冥の標 I メニー・メニー・シープ (上)

天冥の標 I メニー・メニー・シープ (上)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていた。しかし臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に、植民地全域に配電制限などの弾圧を加えつつあった。そんな状況下、セナーセー市の医師カドムは、《海の一統》のアクリラから緊急の要請を受ける。街に謎の疫病が蔓延しているというのだが……小川一水が満を持して放つ全10巻の新シリーズ開幕篇。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
.book

「天冥の標 I メニー・メニー・...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年03月16日

遠未来の宇宙移民が描かれますが、何周かまわって19世紀のような雰囲気もある。SF的要素と、技術が失われている感じの世界観が面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月21日

ベンクトがバイオリン弾きに来るシーンが好き。表現したいことが伝わるのって嬉しいよなあ、ラバーズの境遇も相まってうるっときた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月23日

※継続して読んでます。冊数が多いので棚には1の上のみ登録。

必読のSF。巻ごとにパンデミックだったりスペースオペラだったり雰囲気が異なって楽しめるうえ、冥王斑とその裏にある全宇宙の命運を分けるほどのある者どもとの戦いが軸になりつつ人の営みや存在の多様性をこれでもかと語る。
著者の言う通り“全部盛り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月23日

お、面白い!
誰が主人公というのはなくても、それぞれの出来事がどうなっていくのか気になって仕方がない。
カドムとイサリがとても気になるのだけれどこれ下巻でどうにかならないのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月24日

『時砂の王』を読んで惚れ込んでしまった小川一水によるスペース・オペラまたはハードSF。ジャンルの定義はさておき、今後まだまだシリーズが続くという意味でも本当にワクワクさせられた。

この1巻、ストーリー上はほんの序章にすぎないのだろうけど、壮大な物語を予感させるスケール巻がたまらなかった。広義のSF...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「天冥の標」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!