「小川一水」おすすめ作品一覧

「小川一水」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小川一水(オガワイッスイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

1996年『まずは一報ポプラパレスより』で 第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞の大賞を受賞し、同作でデビュー。 『第六大陸』で第35回星雲賞・日本長編部門賞を受賞、『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。その他作品に『老ヴォールの惑星』、『導きの星』、『天冥の標』などがある。

作品一覧

2017/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)
    下巻は面白かった。作者の後書きを読んで、今後の予想のつかない展開が待ち受けていることが想像される。私の人生も「ちょっと」の連続。今後も暇なとき続きを読んでみたい。
  • 天冥の標 VI 宿怨 PART1
    物語は後半に向けて加速している感じがする。
    新しい登場人物や出会いもありつつ、今まで出てきた要素がどんどん絡み合ってくるのがたまらない。

    本巻は救世群の少女イサリとアインが出会うところから始まる。イサリはアインと出会うことで救世群に疑問を持ち始めるが、救世群の暴走は止まらない。一方、ロイズ傘下のM...続きを読む
  • 天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)
    一つの時代の闘いが終わって
    とんでもない展開が…
    なぜこんなことが起きたのか?
    謎と伏線だらけ

    ここから
    どうやって終わりに持っていくのか楽しみ。
  • 天冥の標 IX PART2 ヒトであるヒトとないヒトと
    非常に面白かった。

    そろそろ大詰めを迎える場面となった。長い道のりだったような感じだが、今回は結構最後あたりが、一気に解決してしまえという感じもあったような...。まあ、やはりいつまでも同じ人類同士で争っていたくはないし、冥王斑の治療方法も確立したと言っても良いと思うので、太陽系の人々も含めて共に...続きを読む
  • 天冥の標 VII 新世界ハーブC
    『私たちの新しい社会を豊かで素晴らしいものにしましょう。その願いを込めて・・・』
    ブラックチェンバー編。コツコツと積み上げてきたストーリーにのみ許される高み。本当に凄い。脳シナプスの結合が止まらない。 巻を進めるほどにルッツとアッシュの存在が気になってきていたけれど、今は光り輝いてる。

特集