「小川一水」おすすめ作品一覧

「小川一水」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小川一水(オガワイッスイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

1996年『まずは一報ポプラパレスより』で 第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞の大賞を受賞し、同作でデビュー。 『第六大陸』で第35回星雲賞・日本長編部門賞を受賞、『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。その他作品に『老ヴォールの惑星』、『導きの星』、『天冥の標』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/12/28更新

ユーザーレビュー

  • 天冥の標 II 救世群
    SF。ファンタジー。シリーズ2作目。
    今作はパンデミックもの。
    前作からどう繋げるのか心配していたが、時系列をずらしたっぽい。裏表紙だと"すべての発端を描く"とあるので、今作から読み始めても問題なさそう。
    パンデミックを描いた作品にはあまり馴染みがないせいか、非常に刺激的だった。
    登場人物に感情移入...続きを読む
  • 天冥の標 II 救世群
    惑星間航行あたりまえな時代。惑星ハーブが舞台な1巻。打って変わって現代の東京から始まる2巻。キャラクターもストーリーも全然違っていて。そんな中で出てくる共通のキーワード。どう繋がるのっ!
  • 時砂の王
    宇宙からの侵略者「ET」と人類の、時を跨いだ永い闘い。高度知性体、タイムワープ、歴史改変とSFの面白さを堪能。やっぱり硬派なSFは面白い。
    AIが取りざたされる昨今なので、高度知性体などはあながち夢物語ではないかも?と感じながら読んだ。
  • 天冥の標 I メニー・メニー・シープ (下)
    謎が謎を呼んで、てんこ盛りな1巻。10巻構成と最初から謳われているし、ちゃんとプロットの練られた壮大なシリーズの予感がしてワクワクしますよ!容赦ないストーリーがとても好み。
  • 美森まんじゃしろのサオリさん
    チョット未来の中山間地が舞台なラノベ?ジュブナイル?
    見かけはごつくてたくましいけど、心根優しい何でも屋の若者、いいわね~

特集