「小川一水」おすすめ作品一覧

「小川一水」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:小川一水(オガワイッスイ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:作家

1996年『まずは一報ポプラパレスより』で 第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞の大賞を受賞し、同作でデビュー。 『第六大陸』で第35回星雲賞・日本長編部門賞を受賞、『コロロギ岳から木星トロヤへ』で第45回星雲賞・日本長編部門賞を受賞。その他作品に『老ヴォールの惑星』、『導きの星』、『天冥の標』などがある。

作品一覧

2017/12/28更新

ユーザーレビュー

  • BLAME! THE ANTHOLOGY
    劇場版が面白くてノベライズを探していたけれど、このアンソロジーもとても面白かった。
    設定資料集とか関連資料を探して読みたくなる気持ちが分かる気がする。
    原作を読みたい気持ちも高まった。
    181103
  • 天冥の標 VIII ジァイアント・アークPART2
    料理で言うと
    これまでの巻が、厳選した食材集め
    この巻の前あたりから調理開始(下ごしらえ)
    次から調理〜そして最終へ!
    ややジャンプの海賊漫画的な
    異能力者達がちらほらしてるの気になるけど
    頭の中で変換されて困る…

    もうただただ面白い(語彙力無し)
  • 天冥の標 VII 新世界ハーブC
    この巻で一巻に繋がる。
    ここまで読んだら
    完結まで行くしかない。
    読むほど繋がっていく、いよいよ
    振り出しに戻ってきた。
  • 天冥の標 VI 宿怨 PART3
    この巻までで、読むのをやめた人が
    いたのもわかる。苦しい展開が続く…

    毎回、一言では現せないのは
    複雑な種族と多様な場面の切り取り方にある
    今回も悲しい結末に向かいつつ
    希望がチラリと見えては途絶え…

    なんだけど
    「謎の生命体達による人類を巻き込んだ
    ただの代理戦争」にならない。

    これでようや...続きを読む
  • 天冥の標 VII 新世界ハーブC
    何というか昔読んだ十五少年漂流記みたいな話である。許されないことをしてしまった少年たちの苦しみがひしひしと伝わってきた。そういう苦しみにどう決着をつけたのかは読んでから。

    1巻の謎がかなり解明されてきたが、まだ分からない部分もあるので先が気になるところ

特集