ツインスター・サイクロン・ランナウェイ

ツインスター・サイクロン・ランナウェイ

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人類が宇宙へ広がってから6000年。辺境の巨大ガス惑星では、都市型宇宙船に住む周回者(サークス)たちが、大気を泳ぐ昏魚(ベッシュ)を捕えて暮らしていた。男女の夫婦者が漁をすると定められた社会で振られてばかりだった漁師のテラは、謎の家出少女ダイオードと出逢い、異例の女性ペアで強力な礎柱船(ピラーボート)に乗り組む。体格も性格も正反対のふたりは、誰も予想しなかった漁獲をあげることに――。日本SF大賞『天冥の標』作者が贈る、新たな宇宙の物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
336ページ
電子版発売日
2020年03月18日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ツインスター・サイクロン・ランナウェイ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    小川一水初めて読んだけど、私は馴染む文章で読みやすかった。
    そして面白かった。
    SFで百合てどんなんかと思ったけど、2人が徐々に信頼関係を構築して仲を深めて行く過程ににこにこしちゃったし、並行してこの作品の世界がどんなモノなのかっていうのが少しずつわかっていくのがとても楽しかったです。
    というか作者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    宇宙漁船百合。SFとしての設定とかは正直わからないけど、主人公2人の掛け合いの面白さで読ませる。「天冥」はもちろんすごいけど、こういう小品も面白い。とかいってたら続編があったりして。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月23日

    お気に入りは「〜ライク」。笑

    女の子っていいよね……私はきっとデコンパかな。
    ロックさんのお話も読んでみたいところ。


    ランナウェイしたーい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    >──303年前に、汎銀河往来圏から惑星ファット・ビーチ・ボールへと移住した人々は、まだ生きていた。
    >残存総人口は30万4900名である。


    今からだいたい6500年後くらいの、銀河辺境のガスジャイアント(木星型惑星)軌道上で、漁をして暮らす社会が舞台のバディ物百合ハードSF。

    生活するための...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    ガス惑星ファット・ビーチ・ボールで、「昏魚」を獲る漁師SF。可塑性漁船「礎柱船」、氏族の因習、FBBの謎。ハイテンションパワープレイでぐいぐい読ませるし、アイデアやギミックが面白く、爽快なお話なんですが、その裏には生存のための模索と試行が積み重なっていて、それを思うとちょっとしんみり。百合SFアンソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    夫婦が組んで宇宙で漁をする世界
    テラは両親から継いだ船で漁をするためにお見合い三昧だがその独創的な網捌きが理由で連戦連敗
    そんな中彼女組みたいと言う少女ダイオードが現れる

    今をときめく百合SF
    アステリズムに花束をに収録されていた短編は読んでいたのですがこちらの方が世界観の説明が緻密で面白かったで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月31日

    宇宙漁業百合ってなんなんだ!?と思って読んだら、本当に宇宙で百合が漁業していた。
    でもね、確かにそうなんだけど、それだけではなく。厨二美少女とおっとりお姉さん。2人とも尊い可愛い。
    いろんな難しさや偏見や面倒くささも丁寧に描かれていて、続編が本当に待ち遠しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    小川一水のライトSF。ガス惑星を泳ぐ魚を捕る女漁師ペアのおはなし。
    ゆるゆりじゃないよ、ガチゆりだぁ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月22日

    待望の新刊、だったけど、個人的な評価はイマイチ。

    ユリアンの元ネタからどう膨らませたのかと思っていたら、まんまブローアップで拍子抜け。
    おまけに、ボリュームアップした割りに、なんか雑な感じがする。

    とりあえず、次回作に期待、かな…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    ジェンダーネタを絡めたSF。最近この系統読んでなかったな。
    相変わらずのセンスオブワンダーが前面に出てくる作者で
    ジェンダーネタにシフトするとは思わなかった。
    最初の一節は思わず裏表紙の紹介文読み返して主人公誰?
    とか思ってしまったが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています