読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品は、Android端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

平均300冊、多い月は500冊以上を読破する佐藤流「本の読み方」を初公開!
知力をつけるために不可欠なのが読書であるが、そのための正しい読書法を身につければ、人生を2倍、3倍豊かにすることができる。月平均300冊、多い月は500冊以上を読破する佐藤流「本の読み方」を初公開! 大量の本を読みこなすための「多読の技法」。基本書を読みこなすための「熟読の技法」。1冊5分の「超速読」で読むべき本と必要ない本を仕分け、知識を身につけるための30分で読む「普通の速読」を使いこなす「速読の技法」。記憶を定着させるための「読書ノートの作り方」。知識の欠損部分を埋めるための「教科書・参考書」の使いこなし方。小説・漫画の読み方にいたるまで、佐藤流の本の読み方を網羅しています。
「本はどう読むか」「何を読めばいいか」「いつ、どこで読むか」が実行できれば、本物の知識を身につけるための読書の技法を自分のものにすることができます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
東洋経済新報社
ページ数
280ページ
電子版発売日
2012年11月22日
コンテンツ形式
.book
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    基本書を3回、結論3回、3冊読んでベースを作る

    テレビのニュースを見ても、わからないことがある。特に、海外情勢や貿易、為替の話題になるとちんぷん、かんぷん…
    その理由は、高校までの政治経済や歴史の知識が足りなかったからなんだと痛感。あいたたた…今から、基本教科の底上げを図りたいところです。自分の子...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月10日

    読んで良かった。読書以外にも、ビジネスパーソンとして必要な知識や教養等について、具体的な勉強方法も紹介されており、非常に学べることが多い。
    後は、実行するかしないかである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月05日

    方法論に関する本はあまり好きではないが、これは大変参考になった。

    超速読・速読・熟読・ノートにメモの4つを上手く自分なりにアレンジして実践している。おかげで一読するだけの習慣がなくなり、再読する重要性に気が付けた。

    「良い本だった!」という印象が残っている本を改めて手に取ると全く覚えていないとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月24日

     自分は転職のために高校時代の教科書を読み直す勉強法を取ったが、この時初めて教科書を面白い読み物だと思った(国語は当初から面白かったが)。そしてこれさえ読めば事足りると確信した。専門書以外の参考書は、一般教養問題集1冊しか買わなかった。
     それくらいに高校の教科書は優れている。これを論理的に説明して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月21日

    きっかけ
    某メンタリストさんのオススメからの入り口
    ただ本を読むのではなく、読んだ先に何があるのかが知りたくて、手に取った

    感想
    政治の話とか、自分の基礎知識のなさが露呈した

    そんな中、読み切ったことが、一つの自信にもなった気がする

    歴史や政治について、知らなさすぎるところは、本書にて勧められ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    この本を読んでから、1冊のノートに読書メモを取ろうと思いたち、ノートを購入した。

    本の内容が分からないのは、前提知識が足りないからか、デタラメな本だからだという指摘はもっともだと思った。

    知識が足りなければ高校の復習をする、という堅実な方法が書かれていて、やはり楽して知識をつける方法というのはな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月31日

    作者は今まで沢山本を読んできて多くの分野に通暁しているから本が速く読めるようになったらしい。自分も小手先の速読術をかじって本を沢山読めた気になるのではなく、知識が不十分なのだから本が速く読めないのは当たり前だと割り切って、毎日少しでも本を読み、継続することが1番大切であることを常に意識してしていきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    速読法について、全く知識のない分野の本をいくら早く読もうとしても無駄。全くロシア語を理解していない人がいくらロシア語の本を早くページをめくっても理解できないのと同じ。
    熟読する本と、時間をかけるべきでない本を見極める。
    本は熟読するなら借りるのでなく買って書き込み、メモし、四角で括り、汚くするものだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    熟読、速読、超速読と三種類の技法
    またそれにかかわる詳しい説明がきさいされていた

    筆者の言う通り時間は有限であるため
    超速読などにより、読む必要のある本と必要のない本の選定は非常に説得力のあるものであった

    また、本は買って読むについては非常に同感

    ノートは記録ではなく記憶のためにつける

    意見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    超速読、速読、熟読に分けてそれぞれ方法や意図を教えてくれる本日。
    超速読とは5分で行い最初のページと目次のみ読みひたすらページをめくる。気になった点のみシャーペンや折るなどしてわかりやすいようにし、最後の結論ページのみ読む。最初のページと目次を読んだ後は真ん中から読むことで本の水準を知ることが出来る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています