「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 新時代数学ミステリー!! (講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2012年09月14日
紙の本の発売
2011年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

浜村渚の計算ノート

Posted by ブクログ 2018年07月14日

騙された。表紙の絵から想像するほど低年齢向けではなくて、大人でも十分楽しめる数学の話。0人で分ける例え話がストンと落ちる。0の意味、円の定義、円周率とは何を表すのかなど、基礎的なことながら勉強になる。0で割る件、位の話、切り捨ての話などうまい!と膝を打った。渚と犯人の対峙の場面では、一般人には分から...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート

Posted by ブクログ 2017年08月16日

文部科学省が進める「心を尊重し他人をいつくしむ人間性を養う教育」の中で、週一回、しかも休日になることが多い月曜日に配置されてまった理系科目。それに反対し、数学の地位向上を目指して「黒い三角定規」というテロ組織を立ち上げた天才数学者・高木源一郎。彼はかつて優れた数学教育ソフトを作っており、その中に組み...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート

Posted by ブクログ 2017年03月26日

理系科目がダメな自分にとって、理系科目というか数学が科目から削除された世界なんて天国のように思うが、芸術科目ばかりで日本史も鎌倉時代以降しかないなんて辛い。

当然採点なんてないですよね(期待)。
多分十年後ぐらいに学力低下が~とか騒ぎ出しそう。

黒い三角定規のメンバーは数学を愛しているからこそ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート

Posted by ブクログ 2019年02月26日

①ぬり絵をやめさせる②悪魔との約束③ちごうた計算④πレーツ・オブ・サガミワン、久々の四色問題でワクワクだか苦手な短編なので読むのに時間がかかってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 8さつめ 虚数じかけの夏みかん

Posted by ブクログ 2017年10月28日

 中学生の浜村渚が数学テロリスト集団、黒い三角定規に挑む計算ノートシリーズ9巻目。

 対策室の武藤は渚に、横浜で開催される謎解きイベントへの参加を誘われる。
 ただしそのイベントは、黒い三角定規の前総統ドクターピタゴラスの研究室出身者が主催者だった。
 謎を解いて先へと進んでいった先で見つけたのは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ

Posted by ブクログ 2017年09月30日

「1+1=2になるのはどうしてなのか」「マイナス×マイナス=プラスになるのはどうしてなのか」といった、誰しもが疑問に思ったことを分かりやすく解説していて、しかもそれをうまいこと話の中に盛り込んでいて、とても楽しく読めました。こんな風に教えてもらえたらもっと数学が楽しくなったのかなあとか思いました。

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 5さつめ 鳴くよウグイス、平面上

Posted by ブクログ 2017年08月16日

数学教育の復活を目指すテロ組織「黒い三角定規」と闘う中学2年生浜村渚の活躍を描くシリーズ5さつめ(第6弾)です。

今回は第log10000章(つまり第5章)で浜村渚が修学旅行で京都に来ました。

オビに「京都の町は碁盤の目。二次関数の舞台になっちゃうんです♪」とありますので、やや展開が読めてしまう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って

Posted by ブクログ 2017年08月16日

数学大好きな中学2年生 浜村渚がテロ組織『黒い三角定規』に立ち向かう物語4さつめ(実は5巻目なのだが)です。

今回も、それぞれの章は常用対数を用いて表され、各章の小節番号は√で表されるという凝った部分は相変らずですが、第log10000章(つまり第4章)『オペラ座の未知数』の小節番号には驚かされま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ ふえるま島の最終定理

Posted by ブクログ 2017年08月16日

「浜村渚の計算ノート」シリーズ3と1/2さつめです。
今回は「フェルマーの最終定理」をテーマに、シリーズ初の長編になっています。「4さつめ」になっていない理由は、今回の事件が数学テロ集団「黒い三角定規」によって直接引き起こされたものではないため、本筋からやや離れているからだそうです。

瀬戸内海の小...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学

Posted by ブクログ 2017年08月16日

昨夜、一人の少女が――

「はじめまして。千葉市立麻砂第二中学校二年の浜村渚といいます」
「あれ、キミは……。どうしてこんなところに?」
「最近あるネットのサイトで、『tenkiya友の会』という数学サークルができたという情報が入りまして、ひょっとしたら数学テロ組織『黒い三角定規』と関連があるのでは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?