浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って

浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

テロ組織「黒い三角定規」が、いよいよ浜村渚に直接対決を挑んできた。渚と武藤龍之介をミュージカル劇場に招き寄せ、一次方程式を解けという。だが、その問題は普通のやり方では解けないうえに、「黒い三角定規」の驚くべき策略を示唆するヒントも仕込まれていた! シリーズ第五弾。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2013年05月10日
紙の本の発売
2013年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2017年08月16日

    数学大好きな中学2年生 浜村渚がテロ組織『黒い三角定規』に立ち向かう物語4さつめ(実は5巻目なのだが)です。

    今回も、それぞれの章は常用対数を用いて表され、各章の小節番号は√で表されるという凝った部分は相変らずですが、第log10000章(つまり第4章)『オペラ座の未知数』の小節番号には驚かされま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月21日

    大好きな計算ノートシリーズ。
    4さつめだけど、第5巻なのです。

    個人的には、箱の展開図の話。
    あれが一番面白かったです。
    同じ展開図でも、折り方で容積が変わる、というのは新しい発見でした。

    数学の本としても、ミステリとしても面白い本。次巻も期待です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    このシリーズは理系脳も回転させながら読めるので面白いですね。ラストはまさかの新展開へ!
    あとがきでコミック版も出ていることを知りましたので、チェックしたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月20日

    シリーズも五冊目となり、そろそろこのノリにも慣れてきました頃です。
    数学の問題を出してくれるのは嬉しいです。……解けませんでしたが。
    挿絵がありましたが、あれはちょっといらなかったかなあ。
    (2013/05/10)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    数学と折り紙とかミュージカルとかを組み合わせてるのが面白かったです。折ったところが鋭利な刃物になるっていう折り紙すごい!あったらこわい…浜村渚ちゃんと武藤さんが一緒に協力して解いていくのが楽しい。数学嫌いなのでこんな風に好きになれたらいいなーと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月26日

    数学ミステリシリーズ5巻目。今回は暗号ミステリ率が高いです。クイズ対決からのロジカルなフーダニットの「モンキィ・ホール・クイズショウ」、数学とミュージカルの融合に挑んだ異色作「オペラ座の未知数」が個人的ベストです。最後の急展開気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月24日

    ~数学テロがミュージカル?~
    数学テロ集団vs数学大好き中学生の、浜村渚の計算ノートシリーズ5冊目。
    今回も黒い三角定規の起こす事件で東京は大騒ぎ。
    猿の大群がTV局を占拠してみたり、殺人折り鶴が飛び交ってみたり、中東の毒薬を使って病院で連続殺人が起きたり、最後にはお台場が封鎖されて、なんと数学ミュ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月15日

    今回はセチの登場が大きかったかなぁ。渚とは違うけどこの子もいいキャラだ。
    ふぇるま島の後だと、ミステリーとしては少々見劣りしてしまう感じもします。ですが、これが本来のノリなんですよね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月07日

    浜村渚の計算ノートシリーズはどれもおもしろいです!数学好きにはたまらないですね。渚ちゃんを見ていたら数学の楽しさがとても伝わってきます。数学って美しいですよね。公式にしても、考え方にしても、とても綺麗で無駄がないんです。世の中すべてが数学一色って訳じゃないですけど、わたしたちの生活のあらゆる所に数学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月21日

    三さつめの終わりに提示された謎をひきとる形で始まりますが、安心して読むことができました。テロリストを油断させたり改心させたり、でも中学生らしさも溢れていて…つまりいつもの浜村渚です。数学とミステリーのバランスで言うと、一さつめがいちばんよかったのですが、そのバランスを保ちつつ、さらなる謎もちりばめて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 11件
  • 浜村渚の計算ノート
    550円(税込)
    「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 新時代数学ミステリー!! (講談社文庫)
  • 浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト
    数学テロ組織「黒い三角定規」との闘いは終わらない。数学好き中学生・浜村渚と警視庁特別捜査班の今回の敵は、弱冠二十歳で米国名門大学留学資格を得た美女、コードネーム「キューティー・オイラー」。4×5が12になるような特殊進法に支配された世界で、渚と武藤刑事の命をかけた期末テストが始まる! (講談社文庫)
  • 浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学
    函館の数学エリート養成所「斐三郎(あやさぶろう)進学会」の卒業生たちが「黒い三角定規」の一員となりテロを画策しているとの情報が入った。数学好き中学生・浜村渚は武藤刑事と共に函館に向かう。五稜郭の数学的美しさに感動する渚だが、そこに最強の敵キューティー・オイラーが現れ……。絶好調数学ミステリー第三弾。(講談社文庫)
  • 浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ ふえるま島の最終定理
    数学好きの人間だけが集まる奇妙なリゾートホテル“ホテル・ド・フェルマー”。一ヵ月前に起きた密室殺人事件に挑むことになった浜村渚と武藤刑事らはホテルに隠されたもう一つの謎に出会う。それは前オーナーの莫大な遺産のかかった不可思議な「なぞなぞ」だった。シリーズ初の長編が、文庫書下ろしで登場! (講談社文庫)
  • 浜村渚の計算ノート 4さつめ 方程式は歌声に乗って
    テロ組織「黒い三角定規」が、いよいよ浜村渚に直接対決を挑んできた。渚と武藤龍之介をミュージカル劇場に招き寄せ、一次方程式を解けという。だが、その問題は普通のやり方では解けないうえに、「黒い三角定規」の驚くべき策略を示唆するヒントも仕込まれていた! シリーズ第五弾。(講談社文庫)
  • 浜村渚の計算ノート 5さつめ 鳴くよウグイス、平面上
    浜村渚が修学旅行で大冒険! 京都で謎の連続殺人事件が発生。現場には、なぜか京野菜が撒かれていたのだ。テロ組織『黒い三角定規』の不気味な影がちらつく中、渚&親友のセチが真相を見抜く! 魔方陣を使った謎解き合戦、鳩の巣原理を操るテロリストとの対決なども加えた、傑作4篇を収録。累計50万部突破の大人気シリーズ第6弾。文庫書下ろし
  • 浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に
    ※本作品は 2015年8月14日~2016年1月15日まで販売しておりました『浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に』と同一の商品です。 既に同作品をご購入されているお客様におかれましてはご注意下さい。 浜村渚が罠にはめられた! テロ組織「黒い三角定規」の幹部を追う武藤龍之介と瀬島直樹は、渚を連れて栃木県に向かう。だが、そこには首領アドミラル・ガウスが待ち構えており、三人は囚われの身となる...
  • 浜村渚の計算ノート 7さつめ 悪魔とポタージュスープ
    その名も「不可能」なる立方体に人質が閉じ込められた!開かずの扉をひらくヒントは"(-1×-1)。絶望を抱えたマイナス思考のテロリストに挑む天才少女・浜村渚は、ヒントに隠された「マイナスの魔法」に気がついた。はたして人質を救う数学的名案を導き出せるのか!?
  • 浜村渚の計算ノート 8さつめ 虚数じかけの夏みかん
    横浜で謎解きイベント「私立赤煉瓦学園」にエントリーした渚と武藤。街中に隠されたヒントを探し、盗まれた「学びの夏みかん」を奪還するゲームだ。イベントの主催者は、悪名高いドクター・ピタゴラスの教え子。そして「黒い三角定規」首領が追う、あの男も横浜に……。数学的大事件が起きる予感が!全3編。
  • 浜村渚の計算ノート 8と1/2さつめ つるかめ家の一族
    警視庁の武藤は、群馬の大地主の血を引く亀倉行俊の葬式に潜入した。彼の家から、黒い三角定規との繋がりを暗示するものが見つかったからだ。かて行俊の祖先は鶴亀と名乗っていたが、莫大な財産をめぐる相続問題により、「鶴ノ森家」と「亀倉家」に分裂していた。二つの家に隠された秘密ととは――。血なまぐさい事件が、浜村渚によって数学的解決をみる!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています