昭和元禄落語心中(2)
  • 無料
  • 完結

昭和元禄落語心中(2)

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 3月11日まで
紙の本 [参考] 671円 (税込)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

惚れ抜く八雲(やくも)師匠の芸だが、オイラにゃできねぇ……そう気づき始めたこの与太郎(よたろう)。小夏(こなつ)の父ちゃん・亡き助六(すけろく)のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破門と言われた与太郎と、与太郎をかばう小夏の二人に、師匠が語る約束の噺(はなし)たぁ……!?与太郎放浪篇から八雲と助六篇へ。「長ぇ夜になりそうだ――」

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ITAN
電子版発売日
2012年03月16日
紙の本の発売
2012年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
56MB
  • ドラマ化

    「昭和元禄落語心中」

    2018年10月12日~ NHK総合
    出演:岡田将生、竜星涼、成海璃子

昭和元禄落語心中(2) のユーザーレビュー

    購入済み

    好き

    2021年02月28日

    雲田はるこ先生の描く人達は、表情が生き生きしている。
    実際の落語も座布団の上で、声と表情と身振り手振りだけで全てを表現するからとても合ってると思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    師匠の昔話!

    匿名 2021年01月11日

    お堅い師匠は昔の方がお堅かった!たしかに助六さんと与太郎は似てる、、のかな?戦争もあったりで、やりたいように芸事が出来ない時代を生きていたんですね。師匠は色恋も一応経験していたんだなと思って安心しました。笑

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    昭和元禄落語心中2

    sanshi 2020年05月03日

    与太郎放浪編が終わり、ついにこの物語の柱ともなる八雲と助六編になだれ込んで行きます。
    幼気な菊比古とやんちゃ坊主の初太郎、対象的な二人が面白い、オマケ漫画もとっても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    八雲と助六

    ch1sa75 2020年02月10日

    八雲と助六のふたりが好きな私にとっては、最高の巻でした。もっと知りたいふたりのこと。どんどんこの作品に魅力されてきました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ひきこまれる

    しず 2019年11月27日

    物語にどんどん引き込まれていきます。途中から時代が遡り二人の子供時代や下積み時代へ。続きが気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

    話は現代から戦前の時代まで戻って師匠の昔話に、やっぱり与太郎が出てこない分面白さでは1巻にやや劣るが、ナレーターのように地の文を話師匠の語り口がなんとも良い。助六とのエピソードの見せ場がこの後の控えているだろうし楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月17日

    師匠の昔話がほんとうに面白かった。
    登場人物が魅力的で、色気や生活感があって、時代の空気みたいなのも感じられて、素敵な作品です。
    助六に憧れます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月13日

    2巻、待ってました! 助六師匠と八雲師匠の過去編が凄く好きです。目が離せない、過去編の今後が気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月30日

    物語は一気に八雲師匠の過去、因縁の助六との出会いへ。
    少年師匠の線の細さと言ったら!
    助六が想像していたタイプとちょっと違ってビックリ。
    1巻の感じだと、結構陰のイメージ持っていたのですが。
    彼の奔放な落語も聞いてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月07日

    「真面目すぎるんだ お前の落語は
    型はキチッとしてるが隙がねぇ
    色気ってのは隙から生まれるんだよ
    完璧な物に色気は差さねぇ
    隙ってのは余裕 ともとれるな
    そんくれぇのが愛嬌あって親しみわくし
    ああ いい落語だなって思うもんなんだよ」


    あーおもしろい…
    おもしろいし上手い漫画だ…
    すごいなー

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

昭和元禄落語心中 のシリーズ作品 全10巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 10件
  • 昭和元禄落語心中(1)
    無料
    満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!
  • 昭和元禄落語心中(2)
    無料
    惚れ抜く八雲(やくも)師匠の芸だが、オイラにゃできねぇ……そう気づき始めたこの与太郎(よたろう)。小夏(こなつ)の父ちゃん・亡き助六(すけろく)のすげぇ落語に取りつかれ、迎えた師匠の独演会、やっちゃいけねぇヘマをした。破門と言われた与太郎と、与太郎をかばう小夏の二人に、師匠が語る約束の噺(はなし)たぁ……!?与太郎放浪篇から八雲と助六篇へ。「長ぇ夜になりそうだ――」
  • 昭和元禄落語心中(3)
    無料
    昭和最後の大名人・有楽亭八雲(ゆうらくてい・やくも)が弟子の与太郎(よたろう)に語って聞かせる、亡き友・助六(すけろく)との約束の噺とは。貧乏どん底二人暮らしの菊比古(きくひこ/後の八雲)と助六。遊び暮らしてるのに冴えた芸をみせる売れっ子の助六に菊比古の焦りは募る。ところがそんな菊比古にも、芸の目が開く時やって来る。そしてついに二ツ目から真打へ。上り調子の芸とは裏腹に菊比古と...
  • 昭和元禄落語心中(4)
    完結
    ついに助六(すけろく)、破門となった。落語をやめるな、師匠に詫びろ、必死にくどく菊比古(きくひこ)に、それでも耳を貸しちゃくれねぇ。あげくに身重のみよ吉(みよきち)と、手に手を取っての道行きだ。独り落語に打ち込む菊比古に、今わの際の七代目、明かした「八雲(やくも)」と「助六」の巡る因縁話たぁ……!? 八雲と助六篇、核心!!
  • 昭和元禄落語心中(5)
    完結
    落語を捨てた助六(すけろく)が、暮らす田舎の温泉街。愛想尽かしたみよ吉(みよきち)は、子供を置いて出たっきり。「八雲(やくも)を継いで 落語なさい」。言って聞かせる菊比古(きくひこ)に、助六、ひねくれ駄々こねる。引っ張り出された場末の高座。それでも演れねぇはずがない。娘・小夏(こなつ)を笑わせて、も一度あの日の夢を見る――。八雲と助六篇、完結! そして物語は再び与太郎(よたろう)のもとへ――!
  • 昭和元禄落語心中(6)
    完結
    師匠と交わした約束を胸にしまって芸を磨きついに与太郎(よたろう)、真打に。射止めた名跡は三代目助六(すけろく)。八雲(やくも)師匠の為め、助六の血を継ぐ小夏(こなつ)の為め、焦がれて手にしたはずなのに、おのれの落語が揺るぎだす――。八雲と小夏、二人の中の助六を変える為めの与太郎の落語とは――!?
  • 昭和元禄落語心中(7)
    完結
    決別じゃなくて抱えて生きろ――。師匠がくれた覚悟の教え。過去の過ち、小夏(こなつ)の秘密……すべてを背中に背負いこんで、ついに叶えた親子会。師匠・八雲(やくも)と迎えたその日、三代目助六(すけろく)演ずる「居残り」やいかに!? 八雲でもない。助六でもない。三代目助六こと与太郎(よたろう)が切り拓く落語の未来がここにある!!
  • 昭和元禄落語心中(8)
    完結
    八雲(やくも)が口にした「引退」の二文字。いつか来るその日を覚悟して、樋口(ひぐち)の案内で与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)が向かった先は、四国の温泉旅館・亀屋。因縁の地で甦った先代助六の「芝浜」があぶりだす、八雲の落語の深淵とは――? ある者は寄席を守り、ある者は再び高座を目指す。昭和落語の最後の灯が行く末を照らすその日まで――。
  • 昭和元禄落語心中(9)
    完結
    有楽亭八雲(ゆうらくていやくも)の落語が聴きたい――。その心ひとつで叶えた贔屓筋だけの小さな会で、与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)がかけた思い出の根多が、師匠・八雲の心を動かし、もう一度高座へと導く。が、無粋な邪魔者が場を乱し……? 時は巡り、頑なだった八雲に再び慰問落語の機会が訪れる。手前(じぶん)が 愛した落語。かつての友が愛した落語。すべてを道連れに、初めて出会えた芸の神...
  • 昭和元禄落語心中(10)
    完結
    都内でただ一軒残っていた寄席が焼失。燃え盛る炎から救い出された八雲(やくも)は、なんとか一命を取り留めた。それから幾日が過ぎ、東京に訪れた春のある日。与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)は、小夏(こなつ)に宿った新しい命を知る。満開の桜の下、小夏が初めて八雲に伝えた感謝の言葉を、ラジオから流れる助六の「野ざらし」が温かく包む――。落語を愛し、落語とともに生きた八雲と助六の物語、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています