昭和元禄落語心中 8巻
  • 完結

昭和元禄落語心中 8巻

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 658円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

八雲(やくも)が口にした「引退」の二文字。いつか来るその日を覚悟して、樋口(ひぐち)の案内で与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)が向かった先は、四国の温泉旅館・亀屋。因縁の地で甦った先代助六の「芝浜」があぶりだす、八雲の落語の深淵とは――? ある者は寄席を守り、ある者は再び高座を目指す。昭和落語の最後の灯が行く末を照らすその日まで――。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ITAN
電子版発売日
2015年08月07日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
  • ドラマ化

    「昭和元禄落語心中」

    2018年10月12日~ NHK総合
    出演:岡田将生、竜星涼、成海璃子

「昭和元禄落語心中 8巻」のユーザーレビュー

購入済み

ウシャねこ

ウシャねこ 2018年10月26日

間違いなく面白いです。落語とかあんまり聞いた事も無いけど、この本を読んでると落語はとても面白いのだろうなぁと思いました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月20日

まさかの真実が予想もしなかったところから語られる。

つらいなこれは。
みよ吉ってなんだったんだろう。
菊比古に未練だったのかな。やっぱり。

しかし本当にこの漫画上手だなぁ。
表情がここまで描けてるからこそこのキャラたちの落語が聞いてみたくなるんだよね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月22日

芸人の身の処し方。芸人に限らず、引退は等しく訪れる瞬間だけど、そこには各人の美学が付きまとう。昭和きっての名人と謳われた師匠の、その引き際に当たっての苦悩が描かれる。周囲の期待、それに添えないことが怖い自身の葛藤。言ってしまえばありがちな展開ですが、そこはさすがの本作、サブキャラの魅力も手伝って、哀...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月17日

電子書籍での最新刊を読み終わり。与太郎の明るさがストーリーを引っ張りますが、八雲の人生の暗い場所が渦を巻くように展開します。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月16日

助六の死の真相と、八雲師匠の、周りに対する気持ちと、自分の思う落語ができない葛藤。それを救うかのような与太郎の一言。すごい詰まっていた深い一冊だな。私も師匠にはまだ続けてほしいよ

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!