ヴィンランド・サガ(24)
  • 最新刊

ヴィンランド・サガ(24)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。父親の仇を討つために過ごした幼少期、奴隷として農場で過ごした青年期を経てトルフィンはヴィンランドへの渡航を本格的に模索するようになる。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれたヨーム継承戦争にまきこまれたトルフィンだが、辛くも戦争を生き抜いた。東ローマ帝国への交易で莫大な資金を調達したトルフィン達一行はアイスランドに帰郷。故郷のアイスランドで結婚式を挙げたトルフィンとグズリーズはヴィンランド移住計画の賛同者を募る。そしてついに約束の地・ヴィンランドへの旅が始まろうとしている!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2020年10月23日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
89MB
  • アニメ化

    「ヴィンランド・サガ」

    2019年7月7日~ NHK総合
    声の出演:石上静香、上村祐翔、松田健一郎

新刊オート購入

書店員のおすすめ

北欧を舞台にしたヴァイキングの物語。主人公・トルフィンの少年時代は、殺された父親の仇を取ることだけが生きがいでした。少年ながらに、侵略・略奪・戦争を繰り返し、その過程で人を傷つけることを平気に感じてしまう。そんな彼が、戦って、成長して、失望して、希望を見つける過程が、ゆっくりと描かれていくマンガです。
「世の中から……戦争と奴隷を失くすことは、できないもんかな…」
いつしかトルフィンは、そんな夢を口にします。
ヴァイキングとしての過去の過ちを悔いながら、殺してしまった多くの人の魂を背負って夢に進むトルフィン。彼を通じて「本当の強さとは何だろう」という問いに対する答えが、あるいは願いが、丁寧に丁寧に描かれている傑作です。

ヴィンランド・サガ(24) のユーザーレビュー

    購入済み

    お父様・・

    2020年10月28日

     トルフィンの人生に、意図したり、ある時はせずとも直接的、間接的にかかわってくるトルケル将軍!たしか、ガルムにも、トルケルの子疑惑ってのはあったよね。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    名作

    うそんそばらーめん 2020年10月25日

    人間賛歌である。死にたがりもでているが。
    元ネタはあるが、ここまで壮大に展開した作者の腕が素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月24日

    海賊だったマンガ。

    海に入った瞬間の表情が怖すぎる感じではあるけど。

    ハーフダンさんとの問答は良かったですね。
    というか、完全に商人になってる感じがすごかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月26日

    帯にも書いてあったが「ついに」ここまで来たか。
    そして、トルフィンの打ち出す方針。
    嗚呼、これが原因となるのか。何という因果。

    このレビューは参考になりましたか?

ヴィンランド・サガ のシリーズ作品 1~24巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~24件目 / 24件
  • ヴィンランド・サガ(1)
    無料
    ※本コンテンツには、無料版の特別対談記事が収録されていませんのでご注意ください。 千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァ...
  • ヴィンランド・サガ(2)
    無料
    幼いトルフィンの暮らすアイスランドの小村に巨大な軍船が来た。ヨーム戦士団と名乗る彼らはトルフィンの父・トールズを“戦鬼(トロル)”と呼び、イングランドで始まる戦に参戦せよと通告してきた。平和に暮らす一家に落ちる不穏の影。父はなぜ死んだのか。なぜ、父の仇とともにいるのか。トルフィンの過去が今、明らかに!
  • ヴィンランド・サガ(3)
    無料
    西暦1003年以降、デンマーク・ヴァイキングによるイングランド攻撃は激化の一途をたどる。そんななかトルフィンは父の仇であるアシェラッドと行動を共にしながら進軍に参加していた。だが堅固な守備を誇るロンドンでトルフィンたちの前に立ちはだかったのは、一騎当千の戦士・トルケルだった! 知将アシェラッドと猛将トルケル。ヴァイキング最強戦士の人生が激動のうちに交錯する!!
  • ヴィンランド・サガ(4)
    山に火を放ち、トルケルに捕らわれたデンマークのクヌート王子を奪取することに成功したアシェラッド兵団。このまま王子を護衛しながら軍の本陣へ向かうにはイングランドを北上しなければならないが、すぐ背後からはトルケルの兵団が迫っている! 敵地のド真ん中でこの圧倒的な劣勢を切り抜けるアシェラッドの策とは……!?
  • ヴィンランド・サガ(5)
    裏切り、謀略、そして多くの血。一千年前から変わらぬ戦の真実--。不測の雪に見舞われたアシェラッド兵団は小さな村を襲撃し潜伏する。だがその情報を得たトルケルに発見され、万全でない状態で再び進軍することを強いられてしまう。深い雪のなか募っていく疲労と不安は、次第に戦士たちのアシェラッドへの忠義心を揺るがし始めて……!?
  • ヴィンランド・サガ(6)
    終わりなく繰り広げられる戦士たちの殺し合い。一面に広がる雪と屍のなかでクヌートは夢を見た。最愛の人を失った彼に神父は問う。「愛とはなんですか?」--。一方、トルケル軍に捕捉され、アシェラッドを人質にとられたトルフィンは、当代随一の剛力武将トルケルに一対一で対決を挑む! 生死を賭けた決闘の行方は……!?
  • ヴィンランド・サガ(7)
    デンマーク第二王子クヌートは、かつて敵であった猛将トルケルを従えて本営へ帰還した。以前の王子とは別人のような変貌ぶりに人々が驚くなか、父であるスヴェン王と再会した彼は、戦を終わらせるために王の暗殺を画策する!クヌート、アシェラッド、そしてトルフィン。それぞれの心に秘めた父への思いは交錯しながら、血まみれの玉座をめぐる闘争が始まる!!
  • ヴィンランド・サガ(8)
    アシェラッド、死す!生きる目的を失ったトルフィンが進む道とは――!?デンマーク王スヴェンの開いた宴は、王子クヌートを亡き者にするための罠だった。アシェラッドはクヌートを守るため、一瞬のうちに決断し、衆人環視の中でスヴェンの首をはねる!クヌートは、アシェラッドの意思を汲み、自ら剣をとる!そして、物語は新章へ!
  • ヴィンランド・サガ(9)
    アシェラッド亡き今、トルフィンは戦場を離れ、いつしか奴隷として生きるようになった。森を切り開き麦を作る、静かだが無気力な毎日。人生で初めて友人と呼べる者が現れ、力を合わせて朝から晩まで農場で働く。そんな時、彼は農場主の息子にまるで遊びのようにして殺されかけ、気付く。本当は死にたくないのかもしれない、と。彼は希望を取り戻し、新たな人生を生きることができるのか。新章〈奴隷編〉開幕!
  • ヴィンランド・サガ(10)
    奴隷に身を落とし、何の希望もなく生きるトルフィン。人生で初めてできた友と、彼は森を切り拓き麦を作る静かな毎日を送っていた。そんな時、何者かによって畑が根こそぎ荒らされていることが判明。明らかな悪意を前に彼は、首謀者と思しき奉公人を怒りにまかせ殴り倒してしまう。またしても暴力に頼ってしまった彼は父の言葉「本当の戦士」の意味を悟り、新たな人生をつかみ取ることを決意する!
  • ヴィンランド・サガ(11)
    我が王道は血に塗(まみ)れている。奴隷(トルフィン)と王(クヌート)、ふたりの人生が再び交錯する。戦士達の叙事詩。――トルフィンの父の仇であり、トルフィンの属す兵団の首領アシェラッドが死んだ。仇を討つことだけを考えていたトルフィンは生きる目的を無くし奴隷に転落、大農場での新たな暮らしが始まる。だが、苛烈に覇業を推し進める新王クヌートの剣先は、やがてトルフィンの暮らす農場に向け...
  • ヴィンランド・サガ(12)
    奴隷となったトルフィンが暮らす農場に、逃亡奴隷ガルザルが侵入した。凶暴で腕の立つガルザルは農場の用心棒たちを退け、女奴隷アルネイズを強奪しようと暴れ回る。かつてガルザルとアルネイズは夫婦で、戦に巻き込まれて奴隷に転落、ガルザルは妻を取り戻そうとしていたのだった。実情を知ったトルフィンと奴隷仲間エイナルは、二人が幸福を取り戻す方法はないか思いをめぐらせ、二人の逃亡を手助けしよ...
  • ヴィンランド・サガ(13)
    イングランド・デンマーク統一王クヌートは、覇業継続の財源とすべくケティル農場の接収に乗り出した。そして自ら精鋭部隊を率いて進発し、農場に逃げ帰ったケティルたちの後を追う。一方、農場ではケティルの寵愛厚い女奴隷アルネイズが元夫と共に逃亡を企てたとして捕縛、監禁されていた。アルネイズの裏切りを知ったケティルは……!? 王と大農場主との開戦が迫るなか、トルフィンは大切な奴隷仲間を救...
  • ヴィンランド・サガ(14)
    奴隷の身分から解放されたトルフィンだが、農場を去る前にやり残したことがあった。それは、かつての同朋クヌート王が始めたこの戦争をやめさせること。クヌートは今やイングランドとデンマークの統一王となっている。奴隷の身なりのままでは近衛兵に阻まれて会うことすら出来ない。どうするトルフィン! これにて奴隷編完結! そして、新たな旅が始まる!
  • ヴィンランド・サガ(15)
    奴隷の身分から解放されたトルフィンはヴィンランドへの遠征を前に、故郷のアイスランドに寄港する。そこで遠征の為に資金提供を求め、父・トールズと因縁の深い鉄鎖のハーフダンに資金提供の交渉をすることに! ハーフダンの息子・シグルドとの婚礼が決まったレイフの親戚・グズリーズが、トルフィンたちの船に乗せろと言い出して、シグルドとトルフィンの激烈バトルが始まる!
  • ヴィンランド・サガ(16)
    戦争も奴隷制度もない国を作るためヴィンランドを目指すことを誓ったトルフィンは、遠征のために必要となる莫大な資金を得るために東方ギリシアの都・ミクラガルドへ向けて旅立った。船乗りになることを願い、夫のもとを飛び出した花嫁・グズリーズがトルフィンの仲間に加わり、さらに、身寄りのない赤ん坊と犬も加わった。その船を花嫁奪還を誓うハーフダンの息子・シグルドが追う!!
  • ヴィンランド・サガ(17)
    ヴィンランドに平和の国を作るために、まずは東方ギリシアで資金を得る必要があるトルフィンは、ノルウェー西岸からヨーロッパ大陸へ入る。そこで、巨大な熊に襲われたトルフィンたちを救ったのはヒルドというすご腕の女狩人だった。彼女は8年前にトルフィンに家族を殺された仇を撃つためにトルフィンを山に連れ出した。そこで語られるヒルドの壮絶な過去。雪辱を誓ったヒルドの放つ弩(いしゆみ)がトルフィ...
  • ヴィンランド・サガ(18)
    ヒルドとの戦いで負った矢傷が癒えたトルフィンは、ヴィンランドに平和の国を作るため資金調達の旅を再開する。時を同じくして、世の中が平和になり戦争がなくなってしまったと嘆く猛将・トルケルのもとにヨーム戦士団の幹部・フローキがなにやらキナ臭い話を持ち込む。奇しくも、ヨーム戦士団の本拠地があるヨムスボルグはトルフィン一行が辿ろうとする航路の途中に位置していた。新たな戦いの火種がトルフ...
  • ヴィンランド・サガ(19)
    空白となった団長の座を巡り、二つの勢力が跡目争いを続ける北海最強の武力集団・ヨーム戦士団。トルフィンもその有力候補者であることが判明、戦火に巻き込まれる。ヨーム戦士団の幹部・フローキは自らの孫を後継者にしようと企て、反フローキ派・ヴァグンに客人として迎えられたトルフィンへ刺客を放つ。フローキ配下の血に飢えた戦士・ガルム。彼のスピードはトルフィンをも上回り、変幻自在の槍術がトルフ...
  • ヴィンランド・サガ(20)
    北海最強の武力集団ヨーム戦士団の跡目争いにはイングランド・デンマーク統一王のクヌートの思惑も絡んでいた。だが闘争心に火が付いたトルケルはクヌートの目論見から逸脱し、もはや誰にも止めることができない。最凶の槍使い・ガルムは人質をとりトルフィンをヨムスボルグに誘い出す。最強の戦士達がヨムスボルグに集結。大きな戦いが幕を開けた!
  • ヴィンランド・サガ(21)
    戦場に到着したトルフィンはグズリーズ救出のためにヨムスボルグに潜入した。そこはトルケルの軍勢とヴァグンが率いたヨーム戦士団が包囲する世界最強の男達が集う場所。そして、父の仇・フローキが支配する要塞。
  • ヴィンランド・サガ(22)
    テレビアニメ化決定! ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれる。強い戦士と戦うことだけを求める凶戦士・ガルムの挑戦を断りきれずトルフィンは「不戦の誓い」を破ることに。これにてヨーム継承戦争ついに決着!
  • ヴィンランド・サガ(23)
    ついに待望のテレビアニメ化! ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれたヨーム継承戦争が決着! 物語はついに新章に突入した。アイスランドに帰郷したシグルドを待っていたのは厳父・ハーフダンとの対決だった! そして、巻末スペシャル企画として、伝説の巨弾読み切...
  • ヴィンランド・サガ(24)
    ヴァイキング達が跋扈する11世紀北欧を舞台にトルフィンが本当の戦士を目指す物語。父親の仇を討つために過ごした幼少期、奴隷として農場で過ごした青年期を経てトルフィンはヴィンランドへの渡航を本格的に模索するようになる。北海最強の武力集団・ヨーム戦士団の居城・ヨムスボルグを中心にバルト海が戦火に包まれたヨーム継承戦争にまきこまれたトルフィンだが、辛くも戦争を生き抜いた。東ローマ帝...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています