ヴィンランド・サガ(3)
  • 無料

ヴィンランド・サガ(3)

作者名 :
値引き価格 0円 (税込) 12月5日まで
通常価格 660円 (税込)
紙の本 [参考] 712円 (税込)
獲得ポイント

0pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

西暦1003年以降、デンマーク・ヴァイキングによるイングランド攻撃は激化の一途をたどる。そんななかトルフィンは父の仇であるアシェラッドと行動を共にしながら進軍に参加していた。だが堅固な守備を誇るロンドンでトルフィンたちの前に立ちはだかったのは、一騎当千の戦士・トルケルだった! 知将アシェラッドと猛将トルケル。ヴァイキング最強戦士の人生が激動のうちに交錯する!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
アフタヌーン
電子版発売日
2011年12月16日
紙の本の発売
2006年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
118MB
  • アニメ化

    「ヴィンランド・サガ」

    2019年7月7日~ NHK総合
    声の出演:石上静香、上村祐翔、松田健一郎

新刊オート購入

書店員のおすすめ

北欧を舞台にしたヴァイキングの物語。主人公・トルフィンの少年時代は、殺された父親の仇を取ることだけが生きがいでした。少年ながらに、侵略・略奪・戦争を繰り返し、その過程で人を傷つけることを平気に感じてしまう。そんな彼が、戦って、成長して、失望して、希望を見つける過程が、ゆっくりと描かれていくマンガです。
「世の中から……戦争と奴隷を失くすことは、できないもんかな…」
いつしかトルフィンは、そんな夢を口にします。
ヴァイキングとしての過去の過ちを悔いながら、殺してしまった多くの人の魂を背負って夢に進むトルフィン。彼を通じて「本当の強さとは何だろう」という問いに対する答えが、あるいは願いが、丁寧に丁寧に描かれている傑作です。

    購入済み

    chiruko 2019年11月20日

    ーー人間の世界はゆるやかに、たが確実に老いてきている。
    アシェラッドの言葉はこの時代の気分をよく表している。
    戦いと奪うことを生業とするヴァイキング。
    無力なまま奪われ、殺される人々。
    この絶望に満たされたような世界を飄々と生きる大人たちの中で、少年がどう成長していくのか楽しみになる巻でした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月28日

     物語はイングランドへと舞台を移す。デンマークヴァイキング軍による、イングランドの襲撃。それが、凄まじい規模で行われていたという歴史的事実が克明に描かれている。
     物語は次への弾みをつけているところだろうか。最後に収録された「はたらくユルヴァちゃん」などは、そうした箸休め的な要素を強く感じるが、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    アシェラッド!

    子供トルフィンが可愛い。トルケルも強敵って雰囲気出してる。
    トルフィン、まだまだ脇役になっていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月02日

    デンマークとイングランドの戦争が始まり、トルフィンがアシェラッドの下で小間使いをさせられてる。
    トルケルが登場する。
    トルケルとその部下が強すぎてアシェラッド隊が突然弱くなったように感じる…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    マガジンからアフタヌーンへ移行しての最新刊です。
    時代に凝ってるあたりとか思想を織り交ぜてるあたり少年誌ではきつかったんでしょうか。
    父親を殺したバイキングとともに旅を続けるトルフィン。成長が楽しみです。
    捕虜のアル中神父が、どちらの神が偉いかと言う問いかけをされたとき、「酒を作ったほう・・・」と答...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ヴァイキングの少年を描いた物語です。海賊という一面を持ち、戦に明け暮れたイメージがあるバイキングの歴史が描かれています。月刊アフタヌーンに移り、最初の単行本、第3巻です。少年時代の話も終わり、少し成長した主人公、目的はまだ果たされてはいないようです。ヴァイキングの時代は、急速に終わりを迎えています。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    絵の緻密ですごい。寄木細工ですか、コレは?
    ただ、個人的には『遅筆の人』が書いているという先入観(?)が残ってしまうな(笑)
    勝って損は無いと思う。今後のストーリー展開に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月23日

    順当に面白いです。
    キャラクターをかっこ良く魅せてくれるのはありがたい。意図的だろうけど、アシェラッドが一番カッコイイな。トールズのが格上感あったけど。
    主人公の短剣二刀流は良いね。FF11でも短剣/片手刀の二刀流は好きだったなぁ。
    そして今巻もユルヴァちゃんが大活躍。癒してくれますねぇ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年04月09日

    容赦ない悲惨な場面、殺伐とした戦闘が続く中、巻末のユルヴァちゃんでほのぼの安らぐ。トルフィンが肉体的な強さよりも精神的な強さを身につける日は遠そうだ。トルケルの今後の活躍にも期待だ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月28日

    フローキーさん恐!!トルフィンが子供の時代から考えると(今でも子供だけど)隨分と様変わりしていますね。それにしても、ユルヴァちゃんが可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 23件
  • ヴィンランド・サガ(1)
    無料
    ※本コンテンツには、無料版の特別対談記事が収録されていませんのでご注意ください。 千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァ...
  • ヴィンランド・サガ(2)
    無料
    幼いトルフィンの暮らすアイスランドの小村に巨大な軍船が来た。ヨーム戦士団と名乗る彼らはトルフィンの父・トールズを“戦鬼(トロル)”と呼び、イングランドで始まる戦に参戦せよと通告してきた。平和に暮らす一家に落ちる不穏の影。父はなぜ死んだのか。なぜ、父の仇とともにいるのか。トルフィンの過去が今、明らかに!
  • ヴィンランド・サガ(3)
    無料
    西暦1003年以降、デンマーク・ヴァイキングによるイングランド攻撃は激化の一途をたどる。そんななかトルフィンは父の仇であるアシェラッドと行動を共にしながら進軍に参加していた。だが堅固な守備を誇るロンドンでトルフィンたちの前に立ちはだかったのは、一騎当千の戦士・トルケルだった! 知将アシェラッドと猛将トルケル。ヴァイキング最強戦士の人生が激動のうちに交錯する!!
  • ヴィンランド・サガ(4)
    山に火を放ち、トルケルに捕らわれたデンマークのクヌート王子を奪取することに成功したアシェラッド兵団。このまま王子を護衛しながら軍の本陣へ向かうにはイングランドを北上しなければならないが、すぐ背後からはトルケルの兵団が迫っている! 敵地のド真ん中でこの圧倒的な劣勢を切り抜けるアシェラッドの策とは……!?
  • ヴィンランド・サガ(5)
    裏切り、謀略、そして多くの血。一千年前から変わらぬ戦の真実--。不測の雪に見舞われたアシェラッド兵団は小さな村を襲撃し潜伏する。だがその情報を得たトルケルに発見され、万全でない状態で再び進軍することを強いられてしまう。深い雪のなか募っていく疲労と不安は、次第に戦士たちのアシェラッドへの忠義心を揺るがし始めて……!?
  • ヴィンランド・サガ(6)
    終わりなく繰り広げられる戦士たちの殺し合い。一面に広がる雪と屍のなかでクヌートは夢を見た。最愛の人を失った彼に神父は問う。「愛とはなんですか?」--。一方、トルケル軍に捕捉され、アシェラッドを人質にとられたトルフィンは、当代随一の剛力武将トルケルに一対一で対決を挑む! 生死を賭けた決闘の行方は……!?
  • ヴィンランド・サガ(7)
    デンマーク第二王子クヌートは、かつて敵であった猛将トルケルを従えて本営へ帰還した。以前の王子とは別人のような変貌ぶりに人々が驚くなか、父であるスヴェン王と再会した彼は、戦を終わらせるために王の暗殺を画策する!クヌート、アシェラッド、そしてトルフィン。それぞれの心に秘めた父への思いは交錯しながら、血まみれの玉座をめぐる闘争が始まる!!
  • ヴィンランド・サガ(8)
    アシェラッド、死す!生きる目的を失ったトルフィンが進む道とは――!?デンマーク王スヴェンの開いた宴は、王子クヌートを亡き者にするための罠だった。アシェラッドはクヌートを守るため、一瞬のうちに決断し、衆人環視の中でスヴェンの首をはねる!クヌートは、アシェラッドの意思を汲み、自ら剣をとる!そして、物語は新章へ!
  • ヴィンランド・サガ(9)
    アシェラッド亡き今、トルフィンは戦場を離れ、いつしか奴隷として生きるようになった。森を切り開き麦を作る、静かだが無気力な毎日。人生で初めて友人と呼べる者が現れ、力を合わせて朝から晩まで農場で働く。そんな時、彼は農場主の息子にまるで遊びのようにして殺されかけ、気付く。本当は死にたくないのかもしれない、と。彼は希望を取り戻し、新たな人生を生きることができるのか。新章〈奴隷編〉開幕!
  • ヴィンランド・サガ(10)
    奴隷に身を落とし、何の希望もなく生きるトルフィン。人生で初めてできた友と、彼は森を切り拓き麦を作る静かな毎日を送っていた。そんな時、何者かによって畑が根こそぎ荒らされていることが判明。明らかな悪意を前に彼は、首謀者と思しき奉公人を怒りにまかせ殴り倒してしまう。またしても暴力に頼ってしまった彼は父の言葉「本当の戦士」の意味を悟り、新たな人生をつかみ取ることを決意する!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています