愚者の連鎖 アナザーフェイス7

愚者の連鎖 アナザーフェイス7

作者名 :
通常価格 784円 (713円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

完全黙秘の容疑者。その背景には何が?

後山の指令で、長く完全黙秘を続ける男を取り調べることになった大友。沈黙の背後には驚くべき過去が……大人気シリーズ第7弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
アナザーフェイスシリーズ
ページ数
448ページ
電子版発売日
2016年03月11日
紙の本の発売
2016年03月
サイズ(目安)
1MB

愚者の連鎖 アナザーフェイス7 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年05月15日

    スピード感もあって面白かった。シリーズを重ねるごとに面白くなってる。優斗の成長は頼もしいんだけど…大友はこれからどうなるんだろう?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月05日

    もうさ。
    ハマっちゃってるよ。今回は特に一気読みしちゃった。
    若居が優斗の友人を心配するシーン、
    中学時代の仲間から抜けられない社会、など頷くシーンが多かった。
    新しい登場人物もいるけど、去っていった人もいる。
    それが人生だよね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月10日

    このシリーズで1番面白かったかも。この前の話も面白かったけど さらに上をいく感じ。
    シリーズものって 途中から マンネリだったり 面白さが減ってきたりするものだけど このシリーズは だんだんあがっていくねー。
    特に前作から急激に面白くなってる。
    テツが捜査一課に復帰するのも近いから 今後も楽しみ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月16日

    今回の作品のタイトルだが、『愚者の連鎖』とは「問題の容疑者」の境遇を深く暗示している…また、前作で小学6年生だった大友刑事の息子である優斗は中学生になった。
    人の人生には「些細な事」が切っ掛けで“嵌る”というような何かが横たわっているのかもしれない。そしてそういうモノが交錯し、何やら連鎖も生まれる…...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月11日

    あっという間に読み終えちゃいました。
    警視庁刑事総務課の大友。
    今回も参事官の後山の指示で完全黙秘を続ける連続窃盗犯の取り調べに就くことになる。
    犯人の若居の身辺を調べるうちに恋人の存在を知り、そこから若居を揺さぶっていく。
    次第に話し始める若居は、ついに死体遺棄の事件を供述し始める。
    次から次へと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月14日

    少し前に問題になった半グレを題材にして、その実態および本質にかなり鋭く迫っているのではないかと思う。
    社会に対して疎外感を覚える者たちが群れるというのは誰しもが理解できると思うが、その集団の中にまた階級が生まれ、暴走していくかについて本書はリアルに説明しているのではないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月09日

    堂場さん、時々外れあるけど、このシリーズは当りです。鉄はもちろん、柴や敦美も魅力的。後山さんはどう云う裏があるんだろう。でも、子供も大きくなってきたし、そろそろ終わりを考えてるのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月08日

    まだまだ続くかな?
    大友鉄、魅力的な人物です。
    息子優斗の成長も楽しみです。
    悪い事に手を染めるのは簡単なのかもしれない。
    でも、それが自分の人生を大きく長くかかわってくるとは、若い頃は考えられないのでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    【アナザーフェイスシリーズ第7作目】
    中学の時の関係から脱することができずに、半グレになっていく。
    その中で、中学生になった優斗の成長ぶりと、友達を心配する姿がよかった。
    また、半グレの若居が優斗の友人を心配するシーンはグッときたし、切なかった。

    後山さんが退職した今後のアナザーフェイスが気になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月12日

     ここ数巻 凡作が続いていたけど、本書はよかった( ´ ▽ ` )ノ
     タイトル通り、まさに「愚者の連鎖」を巧みに描いている( ´ ▽ ` )ノ
     これを断ち切るために警察というものがある、というテーマもしっかり印象付けられていた( ´ ▽ ` )ノ

     ラストが肩透かしなのが このシリーズのお約束...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

アナザーフェイス のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • アナザーフェイス
    722円(税込)
    大友鉄は警視庁勤務のシングルファーザー。幼い息子を育てるため、捜査一課から刑事総務課へ異動して2年がたったある日、銀行員の子供の誘拐事件が発生。大友も、特捜本部に駆り出されることになった。犯人が要求する身代金1億円の受け渡し場所は、5万人がごった返す東京ドーム横の公園。犯人の特定は困難を極める。大友は久々の前線復帰に高揚しつつ、一方では事件の裏に“ある違和感”を抱いていた…。警察小説のヒットメーカーによる、異色の刑事登場の新シリーズ!
  • 敗者の嘘 アナザーフェイス2
    神田神保町で、強盗放火殺人事件が発生。しかし容疑者は連日の任意取調後に突然自殺し、翌日には真犯人を名乗る謎の女性弁護士が出頭してきた。混乱する特捜本部──その時、刑事総務課勤務の大友鉄はOLとの合コン中だった。元上司の福原から出動要請を受け、特捜本部へ急行するが、一切本音を見せない女と対峙して「何かがおかしい」と違和感を覚える。事件はよからぬ方向へと動き出していた……。バツイチ子持ちの異色刑事シリーズ、待望の第2弾!
  • 第四の壁 アナザーフェイス3
    刑事総務課の大友鉄は、かつて所属していた劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。背中を向けて、小道具のナイフを胸に突き刺す迫真の演技と思われたそれは、仕組まれた衆人環視の中での惨事だった。すぐに第二の犠牲者が出る。一連の事件が上演作品のシナリオそのままとすると、次は看板女優が狙われる番……。犯人の狙いは何か? 昔の演劇仲間が容疑者という特殊な事件に、大友が立ち向かう! ドラマ化原作。大人気シリーズ第3弾。
  • 消失者 アナザーフェイス4
    町田駅前──刑事総務課のシングルファーザー・大友鉄は、捜査三課からの応援要請を受け、老スリの現行犯逮捕を手伝うことになる。簡単に終わるはずの仕事は、同時に起きた自殺騒ぎで攪乱され……。その夜、老スリは惨殺死体で発見された。軽犯罪に隠された陰謀? 消えたアタッシュケースの先に待ち受けていた、驚愕のアナザーフェイスとは? いよいよ面白さを増す、完全書き下ろしの大人気警察小説シリーズ第4弾!
  • 凍る炎 アナザーフェイス5
    堂場瞬一渾身の警察小説シリーズ、絶好調の第5弾! “燃える氷”メタンハイドレートの研究施設で起きた密室殺人事件。殺された研究員が開発していたある技術とは? 中国人窃盗団による宝石店爆破事件に関わった刑事総務課の大友鉄は、夢のエネルギー資源をめぐる最悪の謀略に巻き込まれていく――。「警視庁追跡捜査係」シリーズと相互クロスするシリーズ最大の難事件、ここに開幕!
  • 高速の罠 アナザーフェイス6
    大友鉄の一人息子・優斗が行方不明に―― 父を訪ねて高速バスに乗った優斗は移動中に忽然と姿を消してしまう。誘拐か事故か!? 張り巡らされた罠はあまりに大胆不敵だった。 100万部突破の大人気シリーズ、大友鉄が新たなステージに!
  • 愚者の連鎖 アナザーフェイス7
    完全黙秘の容疑者。その背景には何が? 後山の指令で、長く完全黙秘を続ける男を取り調べることになった大友。沈黙の背後には驚くべき過去が……大人気シリーズ第7弾。
  • 潜る女 アナザーフェイス8
    今度の事件は結婚詐欺! シリーズも佳境の第八弾 知能犯を扱う捜査二課の同期・茂山から、 結婚詐欺グループの一員と思しき女・荒川美智留の内偵を依頼された大友鉄。 美智留は元シンクロ選手でスポーツジムのインストラクター。 真面目で魅力的な女性に見えるが、大友は得意の演技力で美智留に接近し、 事件の裏に潜む複雑な事情に分け入っていく。 大人気の警察小説シリーズ第8弾!
  • 闇の叫び アナザーフェイス9
    イクメン刑事・大友鉄「最後の」事件! 子育てのため長く事務方の部署で刑事としてのモラトリアムの時代を過ごしてきた大友が、新たな岐路を迎えるシリーズ最終作。 最愛の妻を亡くして、残された息子の優斗を独り身で育てることになり、捜査一課から閑職の刑事総務課に移ったイクメン刑事の大友鉄。 その時々で事件の捜査の手伝いをしてきた彼はある日、息子のかつての同級生の母親からの電話を受ける。 娘が通う中学校の保護者が何者かに襲われたのだが、噂だけで真実が分からないと言う。 さらにその後、別の父兄が襲われ、大友はその捜査に加わることに。 容疑者は二転三転。やがて捜査を進めていくうちに、一人の男性教師が浮上する。 だが、その動機とははたして――。 成長した息子が高校受験を控え、自らも今後の人生と新たに向き合うことになる大友。 好評シリーズ「アナザーフェイス」がついに完結! 解説・小橋めぐみ

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています