第四の壁 アナザーフェイス3

第四の壁 アナザーフェイス3

作者名 :
通常価格 730円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

最大70%OFF☆続・カドカワ祭 ゴールデン!

作品内容

刑事総務課の大友鉄は、かつて所属していた劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。背中を向けて、小道具のナイフを胸に突き刺す迫真の演技と思われたそれは、仕組まれた衆人環視の中での惨事だった。すぐに第二の犠牲者が出る。一連の事件が上演作品のシナリオそのままとすると、次は看板女優が狙われる番……。犯人の狙いは何か? 昔の演劇仲間が容疑者という特殊な事件に、大友が立ち向かう! ドラマ化原作。大人気シリーズ第3弾。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
436ページ
電子版発売日
2012年05月11日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
EPUB

「第四の壁 アナザーフェイス3」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年12月31日

かつて所属していた劇団で起こった殺人事件。かつての仲間相手だと、いつもように上手く立ち回れない姿が人間らしくていい。悪が強いけど吸引力がある笹倉に振り回されて、負のループに周りが陥った感じだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月12日

推理小説仕立て。なんというか大友って人物が底知れなく魅力的にされていく感じ。学生時代劇団にいたって設定が最大化されてる。女優に口説かれるとかどんだけだよ。かと言って推理が炸裂するわけでもなくて事件に引きずられるだけな印象。息子が影薄くなりすぎ。どこにいくのかこのシリーズは。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月25日

シリーズ3作目。
子育てシーンがあまり出てこなかったのがちょっと残念。でも、その分大友の過去に触れた内容だった。
人間関係ドロドロで非現実的だとは思ったけど、なかなかでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月22日

大友鉄シリーズ第三作。
かつて所属した劇団を舞台に繰り広げられる事件解決に向けて取り組む。
今までとはちがい、自ら志願し捜査に取り組むのだが、昔の仲間ということもあり客観的な視点で見れてないのでは?と悩む。
ドラマ版見てみたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月09日

偶然にも短期間で連続して劇団が舞台の殺人事件の話を読んだところ、こっちの方が面白かったな。
役者としての才能を捜査に活かさないパターンは本シリーズでは確か初めてだけど、今回の事件背景に限りOKでした。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!