敗者の嘘 アナザーフェイス2

敗者の嘘 アナザーフェイス2

作者名 :
通常価格 743円 (676円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

神田神保町で、強盗放火殺人事件が発生。しかし容疑者は連日の任意取調後に突然自殺し、翌日には真犯人を名乗る謎の女性弁護士が出頭してきた。混乱する特捜本部──その時、刑事総務課勤務の大友鉄はOLとの合コン中だった。元上司の福原から出動要請を受け、特捜本部へ急行するが、一切本音を見せない女と対峙して「何かがおかしい」と違和感を覚える。事件はよからぬ方向へと動き出していた……。バツイチ子持ちの異色刑事シリーズ、待望の第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
アナザーフェイスシリーズ
ページ数
439ページ
電子版発売日
2011年08月05日
紙の本の発売
2011年03月
サイズ(目安)
1MB

敗者の嘘 アナザーフェイス2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月17日

    刑事総務課大友鉄。
    第二弾。
    容疑者が自殺して、同級生の弁護士が真犯人だと自主。
    ラストは大どんでん返し!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    大友を理解してくれてる良き同期。待機期とはいえ勤務中にこんなに自由に動いて協力してくれるとは…お話しの中だから良しとしよう。か? 最後の え?やっぱり?って所は良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月25日

    これはテレビで見たドラマの原作。
    結末は少し違ったけど、原作に劣らない良いドラマだったなぁと改めて感じました。
    テツと優斗くんの今後がどのようになっていくのか、第3弾も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    テレビドラマが印象的で仲村トオルさんと福君親子のイメージで話が進むので楽しく読めた。
    どんでん返し連発で驚いた。新しいママ誕生かと思ったけどテツさんの春は芝さんの春ど同様にまだ遠いかも
    聖子さんも相変わらずいい感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    2019年87冊目。今回は、神田で起きた老夫婦が殺害された上に家に放火されるという痛ましい事件の容疑者が取り調べの途中に自殺し、容疑者の同級生の弁護士が代わりに犯人だと名乗り出て捜査が混乱している所へ大友刑事が捜査本部に派遣されるという話の流れ。事件の謎を解いていく為に大友刑事やその同僚が能力を駆使...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月14日

    短編集かと思いきや、長編。
    なのでどこで切っていいのか…と読み進めました。
    っつか、この主人公。どんな風貌なんだろ?
    映画するならどんな俳優さんを使うんだろ?
    すっげぇイケメンなんでしょ?
    …と妄想してます(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月26日

    再読。
    一気に読み切ってしまった。
    今回は警察という身内に切り込んだ物語。そっちに重点がありすぎて、このシリーズの持ち味であるシングルファザー感が少し薄れた感じ。
    ただ、新たに主人公の同期で信じられる仲間の登場は物語をより一層面白くさせていた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月01日

    続編。今回は柴が良かった。敦美はなんだか魅力を感じなかった。最後のどんでん返しがあっさりだったなー。なんとなく段々大友のキャラが鼻について来たような…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月22日

    一巻を買ったつもりだったが、すっ飛ばして二巻目を買ってしまった。

    買ってしまったものは仕方ない。。。と思いながら、アナザーフェイスシリーズを初めて読んだ。

    二巻目が初見でも、充分に入り込める作品。

    途中までは面白くて一気に読破したのだけれど、ラストがモヤモヤとしてしまって少し残念だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月12日

    アナザーフェイスの第二弾。女性弁護士に振り回されるという流れの中で、真実を探し出していく。
    最後の最後に、もう一つ、どんでん返しがあるとは思わなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

アナザーフェイス のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • アナザーフェイス
    722円(税込)
    大友鉄は警視庁勤務のシングルファーザー。幼い息子を育てるため、捜査一課から刑事総務課へ異動して2年がたったある日、銀行員の子供の誘拐事件が発生。大友も、特捜本部に駆り出されることになった。犯人が要求する身代金1億円の受け渡し場所は、5万人がごった返す東京ドーム横の公園。犯人の特定は困難を極める。大友は久々の前線復帰に高揚しつつ、一方では事件の裏に“ある違和感”を抱いていた…。警察小説のヒットメーカーによる、異色の刑事登場の新シリーズ!
  • 敗者の嘘 アナザーフェイス2
    神田神保町で、強盗放火殺人事件が発生。しかし容疑者は連日の任意取調後に突然自殺し、翌日には真犯人を名乗る謎の女性弁護士が出頭してきた。混乱する特捜本部──その時、刑事総務課勤務の大友鉄はOLとの合コン中だった。元上司の福原から出動要請を受け、特捜本部へ急行するが、一切本音を見せない女と対峙して「何かがおかしい」と違和感を覚える。事件はよからぬ方向へと動き出していた……。バツイチ子持ちの異色刑事シリーズ、待望の第2弾!
  • 第四の壁 アナザーフェイス3
    刑事総務課の大友鉄は、かつて所属していた劇団の記念公演に招待される。だが、主宰の笹倉が舞台上で絶命。背中を向けて、小道具のナイフを胸に突き刺す迫真の演技と思われたそれは、仕組まれた衆人環視の中での惨事だった。すぐに第二の犠牲者が出る。一連の事件が上演作品のシナリオそのままとすると、次は看板女優が狙われる番……。犯人の狙いは何か? 昔の演劇仲間が容疑者という特殊な事件に、大友が立ち向かう! ドラマ化原作。大人気シリーズ第3弾。
  • 消失者 アナザーフェイス4
    町田駅前──刑事総務課のシングルファーザー・大友鉄は、捜査三課からの応援要請を受け、老スリの現行犯逮捕を手伝うことになる。簡単に終わるはずの仕事は、同時に起きた自殺騒ぎで攪乱され……。その夜、老スリは惨殺死体で発見された。軽犯罪に隠された陰謀? 消えたアタッシュケースの先に待ち受けていた、驚愕のアナザーフェイスとは? いよいよ面白さを増す、完全書き下ろしの大人気警察小説シリーズ第4弾!
  • 凍る炎 アナザーフェイス5
    堂場瞬一渾身の警察小説シリーズ、絶好調の第5弾! “燃える氷”メタンハイドレートの研究施設で起きた密室殺人事件。殺された研究員が開発していたある技術とは? 中国人窃盗団による宝石店爆破事件に関わった刑事総務課の大友鉄は、夢のエネルギー資源をめぐる最悪の謀略に巻き込まれていく――。「警視庁追跡捜査係」シリーズと相互クロスするシリーズ最大の難事件、ここに開幕!
  • 高速の罠 アナザーフェイス6
    大友鉄の一人息子・優斗が行方不明に―― 父を訪ねて高速バスに乗った優斗は移動中に忽然と姿を消してしまう。誘拐か事故か!? 張り巡らされた罠はあまりに大胆不敵だった。 100万部突破の大人気シリーズ、大友鉄が新たなステージに!
  • 愚者の連鎖 アナザーフェイス7
    完全黙秘の容疑者。その背景には何が? 後山の指令で、長く完全黙秘を続ける男を取り調べることになった大友。沈黙の背後には驚くべき過去が……大人気シリーズ第7弾。
  • 潜る女 アナザーフェイス8
    今度の事件は結婚詐欺! シリーズも佳境の第八弾 知能犯を扱う捜査二課の同期・茂山から、 結婚詐欺グループの一員と思しき女・荒川美智留の内偵を依頼された大友鉄。 美智留は元シンクロ選手でスポーツジムのインストラクター。 真面目で魅力的な女性に見えるが、大友は得意の演技力で美智留に接近し、 事件の裏に潜む複雑な事情に分け入っていく。 大人気の警察小説シリーズ第8弾!
  • 闇の叫び アナザーフェイス9
    イクメン刑事・大友鉄「最後の」事件! 子育てのため長く事務方の部署で刑事としてのモラトリアムの時代を過ごしてきた大友が、新たな岐路を迎えるシリーズ最終作。 最愛の妻を亡くして、残された息子の優斗を独り身で育てることになり、捜査一課から閑職の刑事総務課に移ったイクメン刑事の大友鉄。 その時々で事件の捜査の手伝いをしてきた彼はある日、息子のかつての同級生の母親からの電話を受ける。 娘が通う中学校の保護者が何者かに襲われたのだが、噂だけで真実が分からないと言う。 さらにその後、別の父兄が襲われ、大友はその捜査に加わることに。 容疑者は二転三転。やがて捜査を進めていくうちに、一人の男性教師が浮上する。 だが、その動機とははたして――。 成長した息子が高校受験を控え、自らも今後の人生と新たに向き合うことになる大友。 好評シリーズ「アナザーフェイス」がついに完結! 解説・小橋めぐみ

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています