「内藤正典」おすすめ作品一覧

「内藤正典」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/06/03更新

ユーザーレビュー

  • イスラム――癒しの知恵
    ムスリムの文化について述べられていることで驚いた点は以下である。
    今後のムスリムとの付き合い方に生かせそうだ。
    ・お店でムスリムがお茶を出してきたら、買い物をしてお返しをすると、ムスリムは悲しく思う
    ・ひとりでいることは悪いこと
    ・何でも分け与える文化

    外相と急遽面会できたというエピソードには胸が...続きを読む
  • イスラムの怒り
    こわい題名だ・・・と思いながら早朝のファミレスで頁を捲りはじめた。
    作者の著書は本当に面白く、最近内藤先生の本ばかり読んでいる。
    ジダンの引退報道については、当時のおぼろげな記憶しかないが、ムスリムであることが原因になっているとは全く思いもしなかった。
    今までの人生ではムスリムと出会ったことはないが...続きを読む
  • イスラームとの講和 文明の共存をめざして
    書店で行われた両先生のトークイベント時に購入。サインもいただいた。
    先に読んで、イベントに参加する方がいいとは思いつつ、その書店で買った方がいいのではと…

    欧米側の視点だけではなく、イスラーム側の視点も持ちたいと思い、お二人に注目しつつ、1年余り。
    ほんの少しでも、理解が進んだだろうか⁉︎
  • イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北
    中田さんの論理を通訳してくれてるようだなと思ったらやはり親交があるようで、同志社でカルザイ政権とタリバンの有力者を集めての話とかが読めてよかった。
    一章目がアメリカの中東における有力な同盟国ながら思い通りには動かないトルコから日本も学べるってところで、集団的自衛権と中東情勢についておれには新しい視点...続きを読む
  • イスラム戦争 中東崩壊と欧米の敗北
    この1年、内藤先生のツイッターを通じて、中東、イスラム世界のことを知ろうとしてきた。
    学生時代からずっと、中東問題について、もっと知りたいと思っていたのだが、イランとイラク、スンニ派たシーア派が、どっちがどっちかすぐわからなくなるくらいの全くいい加減なものだった。1年前(多分、日本人人質殺害事件をき...続きを読む