外国人労働者・移民・難民ってだれのこと?

外国人労働者・移民・難民ってだれのこと?

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界中で今、人が移動しています。戦争や貧困を逃れて、そして働く場を求めて。外国人労働者受け入れ決定によって、日本にもこれから大勢の人が外国から働きに来ます。これからどういう事が起きるのでしょうか。そして私たちは彼らと、どう接していけば良いでしょうか。2015年に中東、主にシリアから130万人の人たちがヨーロッパに押し寄せました。これをきっかけとして、EU内では極右政党が勢力を伸ばし、排外主義運動が高まるなど、混乱が続いています。世界では外国人を排除する方向が拡大するなか、日本では2018年6月に、安倍首相が外国人労働者の大幅受け入れを発表し、2019年4月から施行されます。外国人労働者・移民・難民は、一般の人たちの関心の対象になりつつあります。本書では、「外国人労働者」「移民」「難民」はどう違うのか、そして彼らとどうつきあっていけばいいのかを、わかりやすく解説していきます。中学生からおとなまで。今のこの世界を知るための、最良の一冊です。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年06月21日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

外国人労働者・移民・難民ってだれのこと? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月27日

    外国人労働者を「人」として受け入れる心得

    望むと望まざるとにかかわらず、今後日本も、言葉、宗教、価値観が違う人たちと交流する時代がやってくる。世界の今を知り、お互いへの理解を深めるために読んでおきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    ちょうどこの本を読み終えた後、工事現場で働く外国の方が目につくようになった。元々働いていたのか、この本を読んだから気づけるようになったのか。  これから日本で確実に起こることなので、読んでおくと心構え(?)というか、為になることは間違いない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月09日

    日本もこれからは西欧で問題になっている外国人の存在をもっときちんと考えなければならない.移民難民の違いも含めて難しいことも法律的なこともとてもわかりやすく書かれていて,個人のレベルでまず差別しない怖がらないお互いを知るなどできることをしようと結ばれている.たくさんの人に読んで欲しい本です.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月30日

    移民と難民の違い、日本のスタンスがなんとなくわかった。
    移民は、家族と一緒に定住した人たちのこと。難民は、生命の危険があるから他の国に逃れた人であり、保護の対象。
    様々な状況があり、なかなか法律で決めきれていない実情もよくわかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています